2019年9月 韓国カジノ旅行記 1日目

2020-02-10

総統です(@soutou_casino)

2年ぶりに韓国のカジノへ訪問しましたので、その様子をれぽーといたします。

戦後最悪の日韓関係のなか1年半ぶりの訪韓

韓国カジノ旅行記準備編はコチラから

航空券を予約して数日。韓国がGSOMIAの破棄を表明したりと激動の日韓関係のを眺めていたら、あっという間に出発の日がやってきた。

自宅を予定より10分遅れの5時40分に出発。

中央道の朝の渋滞も大した事なくスムーズに羽田の国際線ターミナルに到着。

出国審査を済ませ、ブログ用に空港内銀行でウォンの両替レートをチェック

2019年 9月3日の時点でレート0970 10,000円=で約103,000ウォンとあまりよろしくない。

そのまますスターアライアンスラウンジへ向かう。

同行者と生ビールで乾杯!旅の始まりのいつものルーティンでテンションも徐々に高まってまいります。

SFC修行を解脱してから早いもので7年。

羽田空港の国際線ラウンジも気づけば、いつもの風景、いつもの食事、いつもの飲物で既に物珍しく感じる事も無くなりましたが、外を眺めながら生ビールを喉に流し込むこの瞬間は至福の時間であります。

自費近距離は基本エコノミー利用の総統にとってSFC修行解脱して、ホントに良かったと思う瞬間でもあります。

優先搭乗を済ませて機内へ。日韓関係の影響でどれくらいの空席があるのかなと、ちょっと楽しみにしてました

ネットではガラガラで4列1人で独占出来た報告もあり、若干楽しみにしていたのですが、ANA861金浦空港行の便は、ほぼ満席!

最後列の3世代家族集団の内輪揉めが始まり、子供がギャン泣きして離陸前に若干阿鼻叫喚でした。

ヴィーガンやベジタリアンでは無いのですが野菜が好きなので、今回機内食サービスはベジタリアンミールをリクエストしてみました。

メニューは豆腐ハンバーグ?日系エアラインはエコノミーでも食事が美味しいです。せっかく食事が美味しい韓国に行くのであまりお腹一杯にならないように、おかず、サラダ、フルーツだけ食べてあとは残しました。

離陸後に富士山と日の丸のナイスコラボが!

ウトウトしてたら金浦空港に到着!

入国審査場で一番右端の列に並んで韓国人の入国ゲートを観察していたら、ものすごいオーラを放っている、おばさんが6人くらい取り巻き従えて並んでいる。

女優か何かな?遠目で見ていても圧倒的オーラが漂ってました。

カジノのクーポン券をゲットせよ!

金浦空港の両替レートのチェック。


レート0939 10,000円=106,500ウォンと日本の空港より若干良いですが、ココで両替するより市内方がレートが良いので移動代程度にしましょう。

Tmoneyカードを購入してチャージを済ませて、セブンラックカジノとパラダイスカジノクーポンを受け取りに

T-moneyカードは今回始めて利用したけど、めっちゃ便利ですね。金浦国際空港の3階のemart24で購入とチャージができますよ。カードは1枚4500ウォン

パラダイスカジノのブースには仁川パラダイスカジノ、ウォーカーヒルカジノのクーポンが置いてあるが、お隣のセブンラックカジノブースにはクーポンも販促物すら置いてないや・・

スタッフもピコピコとスマホをいじってらっしゃる。クーポンは言えば貰えるのかな?

セブンラックはいつも満席だし強気ですね!マッチングクーポン3万ウォンだしw

クーポン欲しい人はQRコード読み込んで下さい。

初日の宿ウェスティン朝鮮ホテル

さてタクシーに乗って市内へのウェスティンホテルへ!

めずらしく運転が丁寧なタクシーにあたる。!ソウルでは滅多に居ないレアケース!感動!

漢江の橋渡る時の合流が大混雑。途中からだと合流させて貰えないと運転手さんは嘆いてる。並ばないやつは意地でも入れない感が半端ない。

首都高速の箱崎JCTで湾岸線の車線から京葉道路の車線の合流が100倍ひどくなったレベル。 譲らないのは民度の問題ではなくコレは文化的なものでしょう。

T-moneyでピッタリ支払ったけど、別途チップ1000ウォン渡したら、ドライバー凄い喜んでた。安全運転ありがとございます!

ウェスティン朝鮮ホテルに到着してチェックインにフロントへ向かう。

フロントのアガシは韓国人でも相当レベルが高いな!声のトーンとかもいい感じだ!

会社から支給されているアメックスのビジネスカード特典で総統はSPG系列ホテルでゴールドメンバー扱いなのであります。

チェックインの時に部屋のアップグレードがあるかと?今回も期待してみましたが、残念というか平常どおりに、アップグレードも何もございませんでした。

ネットのアメックスプラチナとかSPGカード紹介サイト、アフィリエイト系のブログでよく見かける。

アメックスカードを作ってSPG系列ホテルに泊まったら、スイートにアップグレードとかネットでやたら景気良い記事を目にしますが総統は、今までアップグレードされた事は1度もございません・・・・何故かしら??

ウェスティンホテルはなかなか趣があるホテルだとおもったら、随分と歴史があるホテルのようです。

お昼も過ぎたしそろそろお腹が空いたよ!

用事がてら明洞をぶらついていたら行列しているご飯屋さん発見したのでそのまま並んで店内へ。

ネットで見かけたうやらソルロンタン?の有名店。店内満席ですが、回転は早い!

ソルロンタンと餃子とビールを2本注文して、セルフサービスのキムチをつまみながら喉を潤す!
ぷっはー!ビール最高だね!キムチも美味い!

メインのソルロンタンがやってきた!グツグツと煮えたぎっていて美味しいそうだ!

食してみると!コリァ美味い!餃子も美味なり

神仙ソルロンタン メニューはこちらから


あっさりしてるのでコクのあるスープ。あぁ書いてたらまた食べたくなった

ヒルトンセブンラックは混み過ぎだ

実に8年ぶりのヒルトンセブンラック訪問

明洞で用事を済ませた後に、ヒルトンのセブンラックカジノへ、実に8年ぶりの訪問です。

セブンラックよ私は帰って来た!と全く似てないガトー先輩のモノマネをしながら店内へ、同行者は???って感じの顔してる。

最後に行った時は、カジノやらない友人2名が寝静まった後に1人ホテルを抜け出した。

ブラックジャックで150万ウォン位勝った記憶が蘇ります。総統が本格的にカジノにハマりだしたキッカケ。

店内入って見て驚いた!人!ひと!ヒト!なんじゃこれ?

以前も混んでましたが、それ以上に混んでいますね!平場のバカラは満席で回りを立ち賭け客が2重3重に囲っていている!ここでバカラのカードに触るなんて無理ゲー!

総統的に韓国カジノで要注意な人

ブラック・ジャックのミニ10万ウォン卓に2席空きを発見!しかし先客が微妙。

浅黒く日焼けした肌に全身ハイブランドをまとった、お若い日本人と思われる4名で50万-100万ウォンと景気の良い賭け方で楽しまれてらっしゃる。

俗に言うあまり盆ヅラがよろしくない方々、生き方は顔に出ると言います。特に危害加えられる訳でもありませんが、君子危うきに近寄らずで。

今回はミニ10万のブラック・ジャック打てるバンクロール持参して無いのですが。

ビデオルーレット、バカラも満席、夕食時でカジノレストランも大混雑、ありとあらゆる場所が混雑している。

唯一の空きがスロットだが、セブンラックとウォーカーヒルのスロットは打つ前から負ける気しかしないんだよね・・

一昔前の機種で既に珍古台レベルなのに、メンテナンスこまめにされてない様で、サービス中止の台もちらほら。

ゲームならエッジの低いライブバカラ、ルーレットをやりたいところですが満員御礼で空き台ナシ

30分以上ウロウロしたけど座れそうにないので、カジノを後にする事に、、ヒルトンセブンラックカジノは混みすぎ。撤収しよう

coexヒルトンセブンラックがあるじゃない。

ホテルに戻るか、タクシーでウォーカーヒルに行くか歩きながら考えて、出口に向かっていたら、シャトルバスの時間表と路線図が壁に貼ってある。

「LINE1 COEX 7LUCK」との記載を発見

行った事ないな・・・スマホで検索したら遠い!ウォーカーヒルの方にある!

とりあえずシャトルバス乗ってcoexに移動して、混んでたらそこからウォーカーヒルに向かえば良いか。

シャトルバスがやってきた、乗客は自分含めて5人。乗って15分後に後悔した。

夕方のソウルの渋滞にハマった・・やばいくらいに動かない!漢江を渡る橋が物凄く大渋滞する構造的な問題+ラッシュですね。

なかなか動かない外の景色を眺めてたら初日の移動疲れか、いつの間にか眠りに落ちてしまいました。

江南セブンラックの近くの道路の徐行用段差を乗り上げる時、激しい突き上げで身体と頭が上下に揺れて目が覚めた!首を痛めました。バスは車輪上に乗るものじゃ無いですね・・・

シャトルバスはcomex店に到着!

ふーんcoex周辺なんだか雰囲気良いじゃん?

ここのセブンラックカジノは初めてきましたが、江南地区って高級感漂う落ち着いたエリアですね?

明洞とはまた違った感じが(・∀・)イイネ!!

道路に落ちているチラシも高級感溢れてるじゃん!

ヒルトンセブンラックより空いてそうな感じ?

coexセブンラックカジノも混んでる!

プレイヤーズカードの期限が切れてるので、入口で新しい物に交換をお願いしてカジノ内へ。

エスカレーター登ってカジノへ向かう!なんだかワクワクしますね!

2Fに到着して、開口一発 げえっ!ここも混んでる!

凄い混んでますが、ヒルトン店よりはまだ打てそうな気がします。

しかしいざ来てみたのは良いが、今回のメインは明日の仁川パラダイスカジノでメインの資金はホテルのセーフティボックスに。

今現在の手持ち自体が乏しいので、スロットマシンでお茶を濁したい気分。

クレジットカードでチップ購入も出来ますが、予定外の勝負で熱くなって仁川パラダイスカジノ戦用に定めたマネーマネージメントを崩すような事にならないようにしないと!

バンクロール管理とか失敗すると敗北一直線ですからね。

マイルールを破ったバクチや、大して打つ気が無いのにカジノ立ち寄って、ふらっと予定外の勝負をして熱くなって負ける時って、経験上ハウスエッジを大きく超えて負けてしまう気が。

見えない何かが確実に作用しますね。

マネーマネージメントは崩さぬように慎重に店内を一周しながら最適手を考える。そうだ未練打ちから先に入ればいいか!

スロットとルーレットの未練打ち用のキャッシング枠100万ウォンを先に投入する事に。

とりあえず50万ウォンキャッシングで下ろして、中国人に人気の88マシンに1台空きがあるから着席して1枚目の5万ウォン投入して、数分後あっさり2枚目の5万投入!子役もロクに揃わないな減るの超早っ!

3枚目の5万ウォンを投入・・・

この時点で当たるまでやるかモードスイッチがオンになりかけたのですが、プレイの途中で手を止めて、自分の台とリンクしてる他のプレイヤーを少し観察してみる事に。

うーん・・・勝利を信じて疑わない中国人達が死んだ魚の目をしてるな俯瞰視点から見たら総統もその中の1人だ。キリ良く4枚20万ウォン打ったら辞めよう!

でもキリが良い数字負けたら辞めるって、出ないの分かってるのに・・・マシーンから離れない自分を納得させる為の理由ですよね。

ってか初日の数分で何で既に負ける前提で打ってるんだ?と突然我に戻り、残りクレジットをキャッシュアウトしてATMへ

1万ウォン3枚を財布に戻して -12万ウォン

バカラで同卓の7番が凄いヤツすぎた

喉が乾いたビールが飲みたい・・注文出来る場所を探して店内一周していたら、mini10万ウォンバカラにニューオープンの卓を発見!

好きなナンバー2の席に吸い込まれる用に着席

財布の中のお金を数える、キャッシングした残りと、前回遠征した時の残りの5万ウォン札10枚とカードをディーラー差し出し黒5枚にチェンジ。5枚でバカラって無理ゲーだな・・

久しぶりのバカラ初戦

黒1枚をバンカーに賭ける中国人達は皆ルック、プレイヤー、バンカー共に2枚カードが配られる!

2年前のケアンズのカジノ以来のバカラだ、最初にカードを触る瞬間の高揚感!たまりませんな!!

久しぶり過ぎてプレイ自体にドキドキする。初手は総統はBanker 他の人はルックでプレイヤーはハウスだ!いつもの様にPlayerサイドを先にオープンさせる!

双方のカードの数は、良く覚えていないけど3枚目勝負に持ち越された。Playerは5とかだったかな?

バンカーの3枚目をゆっくり横から絞ろうとしたらペロンと指が滑ってカードが見えちまった。同行者に鼻で笑われる。めくれたカードを女性ディーラーにわたす、小さな声でBanker winとポツリと呟く!勝ったど!絞りは滑りましたが、勝ちは勝ちだ!


配当を受け取り手元に戻し黒1枚はそのままBankerに置く

2戦目

他の中国人はPlayerとBankerに分かれた。Player頭は7番の中国人、Banker頭は総統

Playerが絞り終えるまで総統はカードに触れ無ず、相手の絞り方と表情をじっくり観察するのが好きです、

この7番の中国人誰かに似てるんだよな・・

1枚目2枚目共に横絞り、若いのに年季の入った絞りだ!表情はピクリともしない!1枚目は裏にしたまま、2枚目を横から更にゆっくりジリジリと絞る。2サイド2枚かな?

決まるなら4、5でナチュラル9でPlayerだな?雰囲気的に、なんとなくそんな予感がする

絞り終えて中国人が2枚のカードを裏返しのままにディーラーに返す、オープンされたカードは4・4でナチュラル8・・9では無いが厳しいですな・・・

バンカー1枚目はフレームでピクチャー2枚目を絞る
、、、、お!4つある!!

バカラでパチンコ的スーパーリーチな瞬間

ピクチャーと4ピンの組み合わせは50%の期待度の激アツリーチ。

パチンコで例えるとパチンコで言う疑似3連赤リーチなのですが、最近は赤3連で30%位でしたか?

2分の1で勝ち負けだから気合を入れて絞る所ですが、パチンコで言えば海物語の魚群リーチ、牙狼の約モノ完成VFXリーチと10年前のパチンコの記憶が蘇ります。

直感的に9じゃなく10のイメージがしますが、ゆっくりとジリジリと絞ってみると、、上の方にちょこんとマークがアニョハセヨ!

オープンしてディーラーにカードを渡すスペードの10。Playerナチュラル8、Banker0で決まり。

そこからは、一進一退で増えたり減ったり3枚-6枚のあいだをウロウロしている、6半が出ないのはラッキーだな。

負けてないのに案外つらい・・・

黒5枚でバカラって立ちがけとかワンハンドでやる時くらいだったけど、座って5枚で戦うって事はこんなにも大変な思いをするとは、はじめて知った。

バンクロールがパンクしてる訳でも無いのに手元の5枚が無くなったら、、と不安感を絶えず感じるのは、俗に言う怯えたカネで打っている状態ですね。

今回の予算は1200万ウォンですが、現時点での資金は黒5枚の50万ウォンしか持ってない。

こういうバクチは勝ち負け以前の問題で「無くなったらどうしようと」の不安の方が強くなる。

5枚無くなったらクレジットカードでおかわりするのも手ですが。席に付く前にカードで300万ウォン購入して戦いに挑んで5枚なくなるのと、5枚で挑んで無くなってからカードでおかわりをする。

収支的には全く同じ事なのですが、メンタルに及ぼす影響が全く違う。軍資金を財布から小出しにしてやる博打はメンタル的によろしくないです。

ギャンブル中にオススメな瞑想

罫線的には素直でBP拮抗しているパターン。

BBPBBPBのあと、そのままBankerに素直に置いたというか総統はBankerオンリーだから置きっぱなし。

2連勝後に2枚置くベットアップは2回とも不発。

BBPBBPBの罫線から流れが変わる

7番の中国人がPlayerで絞ってナチュラル3連発・・・総統はその間ずっとBankerで10万ウォン置きっぱなし。

Playerの4連勝で、今日は閉店だよ!と左脳は語りかけるが、右脳のイメージはこの後Banker win!と表示している。

イメージ通り?それとも勝ちを望む故の思い込みや自己暗示なのか?呼吸に意識を集中し今この瞬間の自分自身を観察してみる。

肩の力は抜けている、呼吸は鼻から吸って、腹に空気が溜まっている。今年から始めたマインドフルネス瞑想で落ち着いている状態と同じだな・・・

思い込みや勝利を信じる自己暗示ではなさそうだ、そういう時は自動操縦装置で思考を今に戻して自分の観察をする事すら出来ないから。

サービス削減の影響か?ドリンクアガシが居ないおかげで、酒を飲まないで打っているのもプラスに働いてる。トイレ離席でバンカー連勝の取りこぼしも無い

思考は無茶な勝負を言い聞かせる為のバカのポジティブシンキングでもないし、負ける事で楽になりたいアレでもない様だ。

ギャンブルでポジティブシンキングは禁止

1年前にもらって、まだ1度も読んだことない本w

呼吸を整え自分を観察していて、フッと数年前の事を思い出す。

自己啓発セミナーの講師でチョット有名な知り合いがおります。

その方は他人の悪口を発しない。
カジノでいくら負けようが常にポジティブな発言と笑顔で彼はマイナス発言はミリもしません。

彼は人に夢と希望を与えるのが仕事で総統も影響を受けた1人。

著書やブログでカジノでの豪快なエピソードを披露し、それを読んだ当時の総統は感動したものです。

あ!その人は画像のメンタリストDaigoじゃないですw

縁あって実際に知り合う事となり、カジノでご一緒する機会がありましたが。

総統の幻想は僅か数時間で一瞬にして崩れました

負けが込むにつれ「100ドルから1万ドルなんて何度もある」「諦めたら負け」「まだまだいけます」「まだ大丈夫」と笑顔で総統に言いながらも、表情からは全く余裕を感じられない。

心の奥底の状態は丸見え、バクチは人の本当の姿を表すなぁ・・

過去の逆転劇を口に何度も口にしながら、マーチンゲール的なBETを続けハズすハズす。見事なまでの人間罫線っぷりだ!

バンクロールを溶かした後はクレカでチップを購入、ブログや著書とは大違いの、下手クソでお寒い博打でパンク一直線

あまりにも酷いので、アメリカンルーレットの控除率は悪いから、移動してヨーロピアンルーレットの設置してある店に移動を提案したけど、

「この卓に運があります」と熱くなっていて、移動なんか出来ないご様子です。

逆に控除率だ何だ言っている人間に神様は微笑まないし、ギャンブルに向いて無いと言われる始末。

ギャンブル場では正論でも他人の行動、考え方に口を挟むのはご法度だと、スロット生活者時代からの経験で分かっていた事だ。

賭場で余計なアドバイスは、やっぱ言うもんじゃないね。

この日を境にギャンブルに自己啓発的な考えを持ち込む事は一切やめた。

言動に対して行動or現状がついて来ないと、人は精神的におかしくなりますからね。

勝つ前提で勝負に挑むけど、ギャンブルにポジティブシンキングなんて無用。

根拠の無い自信に賭けるならまだ良い。自分にプラスの言葉を言い聞かせながら打つバクチで勝てた試しも無い

バクチは常にネガティブで臆病で自分を冷静に観察出来ないと駄目だと思います。

カジノでポジティブなんてヤケクソだもの そうとを

アイドルみたいなディーラーいるじゃん!

そんな事を思いだしながら、正面の卓を挟んだ奥VIPルームのバカラのディーラーに目をやると・・・

物凄く凄い可愛いディーラーを発見!

客が0人で退屈なんだろう下を向いてあくびをしているが正面を向いたそのお顔は、韓国で見たディーラー歴代最高に可愛い! 

まるでK-POPアイドルみたいだ!嗚呼あちらの卓に移動したい・・・

写真がとれないからなカジノは・・似てるといえば画像の金髪の子がちょっとおねえさんになった感じ。

段々落ち着いてきた

少ないタマでずっと不安だった気持ちは何処へやら

随分と落ち着いて来た・・バカのポジティブじゃないなさっきまでが嘘みたい。

残りは黒4枚・・・Bankerに黒3枚置いて1枚は残して「コレは持って帰る!」と決める

7番はそのままPlayerかな?手元を見ていたら、彼はBankerに5枚パシっと置いた!お!ツラ切りか?それとも野生のカンか??

多分勝ったなコレ!根拠なんて何も無ないけど7番に絞らせてりゃ大丈夫だろうと他力本願モード。

バカラは負けてる人の逆張りより、ツイてる人間や強い人間と同じサイドでロングドライブした方が遥かに楽しい!そうやってLONGのLをバカラ卓で見るのは何よりの至福のときである。

PlayerとBankerにカードが2枚ずつ配られる、2人同時で絞っている。

Playerサイドの4番の中国人は2枚絞る。

1枚目2枚目同じ反応をして、残念無念と大きなため息を付く、顔にもモロ出るタイプだ

オープンされたカードは絵札2枚

7番は相変わらず無表情のままゆっくり絞る・表情からカードは読めないけど時間をかけるという事はアツいのは確かだろう。

さっきからナチュラルで決まる勝負所はジリジリ絞るが、大した事無い時はあっさりと終わる。

この卓に入って7番とは1度も目が合って居ない、彼は勝利を自分で掴むと我が道を行くタイプかな?

2枚ゆっくり絞ったあと裏返しのままディーラーにカードを差し出す、くしゃくしゃになった2枚のカードをディーラーが伸ばしてオープンする

Bankerナチュラル9! 

強いな7番!ナチュラル印刷装置か君は?

だれかに似てるのをやっと思い出した!北朝鮮のサッカー選手でJリーグの鄭大世そっくりだ!

配当の3枚と受け取り、ベッド3枚も引っ込める。

次のゲームは1枚だけBankerに置く。

さっきの1枚と先程の勝ち分合わせた5枚はもうBETしないでバカラは10万ウォン勝ちを確定させよう。

スロットの負けは先出しの未練打ちだから、どうでもいいや、今日はバカラで勝ちで終わらせる事に意味を持たせよう。

初めて来たcoexセブンラックのバカラで一進一退の我慢のバクチに耐え10万ウォンの勝利は人生の思い出にもなるし明日にも繋がる・・と信じてる。

さて次のゲーム、ツラ切りをした7番の鄭大世の次のBETはPlayerか!?・・全く迷いが無いな

この卓で鄭大世が絞る時はナチュラル印刷マシーンと化してる、絞り合って勝てる気しないな・・・

そんな思いこのゲームの鄭大世は3枚目で引いて合計0で初めて残念そうな顔を見た

このまま終わればいいのに、バンカーに3枚目のカードが渡される。ルール上引かなきゃだめなんだな・・・?

実は総統3枚目を引くルールがイマイチ分からない。

でも良いのです、バカラはディーラーとエンジェルアイが自動的に勝敗を教えてくれるから・・w

行儀が悪いギャンブラーは勝てない?

相手は0負けは絶対無い、引き分けになるカードは1つだけ、こんな時はカードに触れず、ディーラーにオープンとスマートにお願いする様にしている、ぺろっと捲ってそのままバンカーwinだ!

相手サイドが自分の20倍以上置いている時と、今回みたいな一番悪くて引き分けで負けなしの優位な状態でカードをジリジリと絞るのはマナー違反だと、

総統は死んだ爺ちゃんに(以下略

経験上パチンコ、競馬、オート、麻雀、カジノ・・ギャンブル場で負けて頭に来て、お行儀が悪い子になったり、他人に八つ当たりしたりキレたりすると、期待値やハウスエッジ以上に負ける!

多分お行儀悪いと見えない何かが作用して、ハウスエッジを大幅に超えて負ける様になっているんだと確信しています。

バカラで負けてディーラーにカードぶん投げて返すヤツで勝ってるヤツを未だに見た事ない。

ハウスエッジを超えて勝ち続けている博打打ちは、勝っても負けても態度も言動も変わらずクールに常に涼しく打っている。

内心は絶対に嬉しい悔しいと感情が揺れ動いていると思うけどね。とにかくお行儀が良いのは間違い無い。

大事なお金をかけているから、必死になるのは当たり前で負ければ悔しくて感情が出るのが人間として普通の反応だと過去に言う人も居た。

確かにそうかもしれない。

でも行儀悪くして勝ってもそれは負けへの過程の中の一瞬の勝利でしか無いと思う、勝ってもツキは絶対に目減りする。

勝利の女神は品の無い汚いバクチを打つ人が嫌いなんだ。

この後勝利の後、細かい事は覚えて無いんだけど、鄭大世はBankerにBETをして、ナチュラル3連発を絞りだす、強いね~鄭大世!

自分のBETはネットで見た1枚、1枚のあと2枚にBETアップしてフィボナッチ数列に則り増やしました。

続いて4戦目これは勝つ!多分勝つ!絶対勝つ!

我慢のバクチの後は大なり小なりボーナスタイムでツラが来ると信じてる!

Bankerに3枚置く!絞りは鄭大世!ナチュラルで勝ち!鄭大世スゲーよ!

5戦目Bankerに5枚置く。絞りは鄭大世このゲームはTie

6戦目そのまま5枚置く鄭大世はTieの後一旦BETを下げて枚数を減らした。
Bankerの絞りは自分!Playerは6 Banker7で決まり。tai挟んでバンカー5勝だ

7戦目フィボナッチ数列に則りBankerに8枚置く。

ここで同行者が「え?置くの?」と一言を、嫌な予感がする、でももう置いちゃったし一度置いたコマは余程の事が無い限り触らない。

同行者の言いたい事も分かる。タイを挟んだ6戦目2枚で決まっても6対7と辛勝

彼女は数字で流れを読む、自分は青と赤の罫線で決まり手の数字は全く気にしない

いつもと違うベットマネーマネージメントも気になったそうだ、

普段は1-1-2-2-3-3とか、5-3-5とか連勝するまではミニマムでひたすら耐えるディフェンシブな打ち方だけど、1.1.2.3.5と来て8枚置いた理由が分からないと。

「ネットで見たシステムベット真似してみただけ」だよと答えたら。

ふーんと頷いて「何か分からないけど、難しい所でバンカーに置くんだねwがんばって下まで伸ばしましょうね」と笑っているが目を合わせない。

この反応の時の勝率は体感2割5分

自分がバカラで生涯なんとかプラスでいられるのは彼女のカンのお陰です。

彼女はいつも後ろで横で眺じっと眺めていて突然助言を発する。

7戦目Playerはハウス 卓はBankerで絞りは自分

Player4点、Bankerはピクチャー2枚

3枚目Playerはピクチャーで引いて4点確定、

なんか嫌な予感がするな・・こういう予感は決まってお寒い。いつもは横から絞るが今回3枚目は縦から絞る・・・アシつけアシつけ・・・・・

額が見えた・・Player4 Banker0であっさり負け

サッーと波が引く音が聞こえた様な気がした。

負けるにしても3モンキーはいただけない。チップをカラーチェンジして席を立つことに

7番の凄いヤツ!鄭大世を忘れない。

総統のバカラ人生で忘れられない日になった、しかも今回からブログを書くから、絶対に忘れないよと、心の中で7番の鄭大世にさよならと呟きながら、卓から無言で立ち去る。

席を立ったら喉が乾いたので、カジノの食堂に行ってビール下さいとお願いをしたら、テーブルじゃないと注文出来ないとの事。

お金を払うよと伝えたら、テーブルで注文してね的な事をいってるようだ。面倒だからビールは諦める。

お腹がすいたから、そのままキオスクで食事を注文する事に、ポイントで3回食べらるようだが、4時間に1度しか注文出来ない。

注文して待つこと15分後、届いたスンドゥブチゲを一口食べたら、塩っ辛くて美味しくない。

でも注文しちゃった、、残すの申し訳ないな・・

しかし食事が美味い韓国に来て、タダとはいえ美味しくないカジノご飯を我慢して食べるのは罰ゲームでしかない。

どうせなら美味しい物を食べたいし今日は疲れたので、勝負はココまで。

110万ウォンのキャッシュチップをキャッシャーに持ち込む。6半が1度も出なかったのラッキーだったな。

スロットのマイナスが15万(正確には12万)差し引いて、45万ウォン勝ち!少ない勝ちだけど、個人的に印象的な勝負が出来てたのしかったよ。

※バカラの収支とハンド数とツラは覚えてるけど、ゲーム中の細かい数字結構曖昧なのと、3枚目のルールもうろ覚えなので間違ってたら許して。

勝利の後はサムギョプサルを食す

45万ウォンと少ないながら勝ち金を手にしてセブンラックカジノを後にする。

とにかくビールがのみたい。周辺の飲食店をぶらつく、オシャレで雰囲気の良いBARが結構あるな。

ぶらついてたら明洞に1号店がある河南テジチッを発見!というかたまたま入ってメニューみたら、前明洞にで言った店だと思い出しました。

ここのサムギョプサルはとても美味しい!お腹すき過ぎて食べるのに夢中で写真取るの忘れてしまいましたw食後に外観だけ撮影しました。

日本人のお客が結構いました、日韓関係は冷えてますが、日本からの観光客はあまり減ってないそうですね。

店員さんももフレンドリーで、日本語で冗談飛ばして面白かったです。

国同士の関係は戦後最悪と言われていますが、現地は凄く平和でした。

メディアのニュースや噂で渡韓を延期するよりも、航空券激安な今がチャンスですよ。

韓国カジノトラベル2日目に続きます