2020年 ラスベガス&グランドサークルドライブ旅行初日 日本からラスベガス移動編

2020-03-23

総統です(@soutou_casino)

聖地ラスベガス巡礼に行ってまいりました。

今回は日程の半分をグランドサークルドライブ旅行にして、大地からエネルギーを吸収し勝利を目指す事にしました。

ギャンブルなのか?修行なのか?どっちなんだい?

2020年JGC修行の予定を組んでいた昨年11月。

アメリカン航空のキャンペーンをでプレエコが14万円で落ちて来たので修行コースに組み込む。

ギャンブルがしたいのか?修行なのか?どっちなんだい?

チケットを購入した時点では完全に修行がメインだった気がする。

何故だろか?

答えは極めて単純。過去のラスベガス遠征は大敗北続きに加え、昨年の遠征もクソ負け。

原因はスロットで打つほどに負ける一方で全く勝てない。

ネバダ州は地区ごとのペイアウト率を毎年開示しいる。

ストリップ地区ののスロットのペイアウト率は概ね95%~97%前後。

過去の自分のペイアウト率を計算すると、概ね80%前後と15%以上引けてない。

昨年の遠征に至ってはペイアウト率78%。

勝てない云々より既に負けすぎている状態。

いつもコンプだ控除率だ細かい事気にしているのに、ハウスエッジが1番キツイスロットを何故打ってしまうのか?

理由は単純「ギャンブル依存症」いや・・面白いから!これに尽きると思ってましたが。

本当の理由は違う所にあった模様でして、この件についてはまたの機会に・・・

日程を組んだ時ではトータル負け過ぎて潜在意識レベルに

「ラスベガスは勝てない」

と完全に刷り込まれてしまっていたので、今回の日程は7泊9日中3泊4日をグランドサークル旅行に。

残り4泊をラスベガス滞在に振り分けてギャンブルの時間を減らしました。

いつもと同じは断固避けるべし

カンタス航空に乗る用事が増えるので修行を始めたのですが、実はそんなに乗らないで済む事が判明。

修行しなくても良くなったのですが、既に4月までキャンセルが高いチケットを全て発券済み。

このまま修行は敢行する事に。

乗るぞ!乗るぞ!乗るぞ!

目的や理由なんか後で付ければ良いや!

行ぞ!行くぞ!行くぞ!断固たる決意で望む!

修行の主旨は当初と変わってしまいましたが、青組から赤に移動して良い事を色々経験しました。

いつも同じ事を繰り返すと新しい経験が出来ませんね

今回のラスベガスの滞在ホテルはMGM系から、使った事の無いホテルに変えよう!

と思ったのですが・・

MGM系列で負けすぎている、お陰で怒涛のコンプを前だしでドカーンと貰える訳でして。

MGM系のホテルから変えるのも勿体かなと思い、いつものホストに連絡を。

しかし・・今回いつまでたってもホストから折返しの連絡が来ません、、、

いつも返信遅いですが渡航まで2週間切って連絡が来ないとさすがに焦る・・・

渡航直前になって再度メールを送ったら返答が来た。

連絡遅れた理由はコチラのメール送信先のミスでしたw

ホストからの返答は。

1泊1000$のSuite4泊+2500$のリゾートクレジット

コレだけ貰えるって事はそれだけ負けているっで事ですね・・・

自費でコスモポリタンホテルを手配してしまったので、後半3泊のMGMでの滞在はキャンセルし。

初日だけPark MGM(旧モンテカルロ)に1泊滞在する事にしました。

コスモポリタンのプログラム

コスモポリタンホテルの予約時にカジノマーケティングに取り次をお願いしたところ。

日本人ホストが対応してくれて、プログラムについて色々教えてくれました。

コスモポリタンのプログラムの概要は

プログラム開始のデポジットは50,000$~

パンクで5%ディスカウント(キャッシュバック)

規定ポイント達成でエアは4000$MGM系列やトータルリワード系とほぼ同じ。

3泊で自分の賭け方だとエアフィー獲得は難しいですね。

今回はホテルを自費で手配したので、コンプの呪縛から開放され気楽に打てそうです

ESTA申請代行サイトにご注意

羽田に向かうバスの中でESTAの期限残っているかとフッと思い出しました。

ESTAサイトで確認をしたら、申請が確認出来ないとの・・ありゃりゃ

車中でESTA申請をして情報を入力して申請料を確認した95$・・申請代行サイトじゃん!

名前やパスポート番号入れても照会出来ない訳だ

わざわざアメリカっぽく作ってるのがムカつく

コレは申請代行サイト↓

これは申請サイト

本物のサイトは↓です

本物のサイトは米国大使館。時間が無いとこうい初歩的な所でミスってします。

空港に到着してPCを開いて改めて公式サイトから申請するが、受け付けない

何だこれ?なんで申請出来ないんだ?焦る!イライラする!

公式で3度申請しても蹴られてTOP画面に戻って、入力内容が全部消えてしまった。

これ有効期限残ってるのでは?カウンターで確認してもらったほうが速い

グランドホステスに「ESTA残ってますか?」と聞いたら「はい!大丈夫です」との返答が来てホっとした。

代行申請サイトのお陰で不要なストレスを貯めてしまいました・・

前日に自宅で確認してない自分が悪いでので仕方ないですが。

公式風に装ってるESTA申請代行サイトって何とかならないモノですがね。Googleはこう言うサイトを何故検索結果上位に載せてしまうのだろ?

アメリカに渡航する方は前々日までに自宅でESTAの申請をしましょうね、当日スマホからだと入力ミスしたりで焦りますので。

公式サイトからESTAの申請料は14$です。ソレ以外は代行サイトです。

ESTAの公式サイトはコチラを参照に

ラスベガス遠征は素直に円をホールドしましょう。

カジノホストにホールドレートを確認した所、当日公示レートプラス5円とあまりよろしくない。

勝ってホールド解ければ良いですが、負けた時に日本で両替して$にするより目減りしてしまう。

銀行で往復させると5円以上、金券ショップで往復させれば3円前後。

手間はかかるけどホールドより金券屋で両替の方が得か?と思い金券ショップを回って50,000$調達する事に。

これが痛恨のミス、大口歓迎と言う割に金券ショップの$の在庫は大した事ない。

何件か回って大黒屋で7,000$が最高であとは1,000$2,000$レベル。

50,000$在庫ある店舗もありましたが、店頭表示価格に7%手数料別途必要との事。

身分証提示で2%に下がったが、何か胡散臭いし当日空港で両替する事にしました。

SMBCが口座持ち客向けにキャンペーンで手数料80銭をやっているのでそちらを利用する事に。

空港のSMBCで50,000$両替をお願いをする。

受付のオバサンが後ろの責任者になにやらゴニョゴニョ話してる。

このお金はなんのお金ですか?目的はなんでしょう?貴殿の所得と証明できる書類がありますか?

マネロン対策らしいがやたらうるさい。

1人でで可能な両替上限が幾らか訪ねたら8,000$までとの事。

面倒なので自分と奥様に分けて8,000$ずつ両替をお願いする。

そしたら2人で8000$迄しか不可能だと言い出す。

おいおいwたった今、1人上限8000$まで両替出来きますと言っただろw

何故我々2人だと16000$では無く8000$なんだよ?、カネは別々に持っている訳だ。

奥様のバックに入っている現金が何故オレのモノだといえるのか?それを証明出来るのかそちらは?と言っても取り付く島もなし・・・

窓口のスタッフは事ある事に後ろにいる上司に確認。上司は駄目!駄目!と窓口の女をイチイチ介在させる。

さすがに総統キレて

フ○ックユー!テメーら!全員ぶっ○すぞ!

ブチかまして暴れてやりたい所ですが

「分かりましたそれでは8000$で結構ですので両替をお願いします」

と作り笑いで爽やかに対応するwムカつくけどココはガマンガマン・・銀行の頑固モノに正論ぶちかましてもキレても時間の無駄w

日本出る前からキレてアヤをつけたらいけないですね。

SMBCは口座持ちならここから40銭更にディスカウント

次にみずほ銀行に向かうが、SMBCの111円と比較するとレートが悪い

みずほ銀行

みずほ銀行も両替に上限付きで99万円迄

SBJ銀行もみずほ銀行と同じ位のレートだか上限199万円と高い。

細かい事も聞いたりしないので1番楽に両替出来た。SBJはネットクーポン利用で手数料30%オフになる。

羽田空港で$を両替は、SMBC→SBJ→みずほの順でレートが悪いです。

3つ回って何とか50,000$以上ドルをかき集める事に成功。

帰国後円に戻す事考えたら、素直にホールドしたほうが無駄な労力も少なかった。

金券ショップで両替する作戦が裏目った。

再両替で目減りしてしまうので勝っても負けても$のまま保管して次回の遠征費用にする。

空港で両替って情弱っぽいですが、以前はFX現受けしてカジノに送金してました。

最近マネロン対策で国際送金が厳しくて所得証明とか、インボイスとか必要書類が増えましたので、下げ銭の方が楽なんですよね。

早く仮想通貨決済出来るカジノ出来ないかな・・

ESTAと両替でいらぬストレスと時間ロスをしてしまいました。

準備不足と知識不足が原因で、自分に腹が立ちます。

ビールでも飲んで落ち着きます

経験上アヤのついたバクチは勝てないのにう早速2つもアヤついたわ・・・

コレで勝てるのかいな?早速不安です

アメリカン航空初搭乗

アメリカン航空のプレエコですが、長距離路線で14万円で乗れるならコレは全然あり。

レッグレストが前方席のみなのが残念

モニターはアンチグレアで見やすい、ヘッドホンもしっかりしている。

枕も良い感じで反発する。

シート横の電源がこのタイプのモノだとすぐに抜けてしまうので物を入れて抜けない様に調整したが途中で断念。

プレエコなのに機内食が食器で提供されて驚いた。

味もイイ感じで美味しく頂きました。

客室乗務員の対応は、良い意味でサバサバしていて楽。

日系エアライン同等のサービスレベルを求める方にはチョット物足りないかもしれません?

ロサンゼルス空港

食事して映画1本観賞して気付いたらロサンゼルスに到着。入国審査は自動化されてから2度目の利用。

今回もあっという間に完了、以前は入国審査で1時間待ちとかザラでしたが、随分と早くなった。

乗り継ぎまで4時間。プレエコはラウンジが使えないので売店で飲みながら時間を潰す。

ネットを検索していたら、プライオリティ・パスで利用できるラウンジが、国際線ターミナルにあるので移動する事に。

ターミナル5から地下通路経由で国際線ターミナルへ移動。

プライオリティ・パスでKALラウンジが利用出来きました。

売店の高いビール代もったいなかった。

KALラウンジ恒例の辛ラーメンも完備

プライオリティ・パス持ちでLAXで国内線乗り継ぎで時間がある方は利用オススメです。

ラスベガス到着

国内線に乗って50分でラスベガスに到着。

空港のスロットマシンが新しくなっている!

かなり大規模な入れ替えをした模様

早速打ちたい所ですがネバダ州で最もスロットのペイアウト率が低いのがラスベガスの空港。

ペイアウト率は85%!ココで打つのは危険です。

レンタカーシャトルバス内で

荷物ピックアップ後、レンタカーセンター行きのシャトルバスに乗り込む。

マスクを着用したままシャトルバスに乗ったら隣のアメリカ人が

Oh!No! Musk!!」

と我々2人を見て驚いています。

どんとウォーリー あいむノットころなと返答しましたが、顔がメチャクチャ引きつっている。

アメリカでマスクは重病人の証なんですよね。この先もこの調子だと困るので、マスクは一旦外す事に。

今回レンタルした車種はGMCのコンパクトSUVテレイン。

運転席からの視界も良く取り回しも楽でパワーも充分!レンタル代は1週間で559ドル。

連休挟んだせいか、いつもよりお高いレンタル代でした。

初日のホテル Park MGM

旧モンテカルロがリニューアルされて2018年にPark MGMに名称が変更。

便利な立地の割にリーズナブルな値段とモンテカルロ時代は日本人ツアー客に人気ホテルだったとか。

フロントに並んでチェックインをしようとしたら「お前はあっちですよ!」と違うカウンターに案内されました。フロントの画像取り忘れたけどウェイティングのソファーがシャレオツ

初日寝るだけの部屋なので普通の部屋をリクエストしたのですが。

ホストが用意してくれたのは。

No Mad  hotelの4部屋ぶち抜きのスイート。

リニューアルされたばかりの超良いお部屋。

リビング

リビングスペースにはビリヤード台が

バスタブも完備

明日に備えて1晩寝るだけの部屋なのに勿体くらい素敵なお部屋。

お腹がすいたので下のレストランへ。

Park MGMに改装されて、エントランスの方に高級なフードコートみたいなエリアが新設されました。

ココが雰囲気含めてなかなか良い感じ。

ピザ、シーフード、ステーキ、チーズ、ワインやら色々なお店があります。

今回はステーキをチョイス

リブアイとドメスティック和牛とサラダを注文。

給食のおぼんみたいステンレスのお皿で提供されたのですが、肉が冷めるのが早くて残念!

ステーキは鉄板または温めた皿での提供に限りますね。

値段はチップ込みで119ドル。

1年間有効のポイントが900ドル以上残っていて来月期限切れになるので、ラスベガス滞在中の食費はコレで賄う事に。

こういうポイントチラつかせて系列ホテルのに来店させる。

コンプの罠ですよねホント・・・

食事を済ませてmy vegasで貯めたポイントで交換したマッチプレイクーポンを受取にMlifeカウンターに

こちらはMGMのMlifeカウンター

手続き手間なのかと思ったが、アプリのアワード画面とプレイヤーズカードを見せたらあっさり完了。

自分のアカウントで15$と25$を1枚ずつ、奥様のアカウントで25$のクーポンを1枚ゲット

このクーポンは勝っても負けても持っていかれてしまう張り切りクーポンなので価値としては微妙です。

My vegasでポイント貯めたらバフェチケット、平日宿泊、ショーのチケットに交換すればラスベガス滞在費がセーブできますよ。

ゲームしてるだけで無料で30$~100$程度の特典に交換できるので、ホントにオススメ。

My vegas興味ある方はこちらの記事を参照にしてください。

課金はしないでOKですw

このチケットは100$のブラック・ジャックで3回勝負で利用して総統が2敗、奥様が1勝。

チケット利用込でトータルマイナス75$でした。ちーん

MGMとベラージオでリンクしているTop Dollarを打ちにMGMグランドへ移動。

外に出て驚いた、オフシーズンとは言え人がめちゃくちゃ少ない。

コロナの影響で中国系観光客が全然居ないのが影響しているのか。

21時でこんなに車が走って居ないラスベガスを見るのは初です

MGMに到着しアカウントに50,000$デポジットして4日間お預かりして頂く。

大金は持ち歩かずにカジノに預けるのが1番安心です。

Top Dollarのプログレッシブを確認したところ75,000$しか貯まっていない。

うーんもうちょい上積みが欲しい所ですが、奥様が打ちたそうにソワソワしている。

1000$渡して後ろで見守るが800$瞬殺でやられた。

ハイリミットコーナーの台をしばきに行く事に!

どちらかと言うとコチラがシバかれに行くイメージしかしないが・・・

お熱いシーンを撮影しようとスマホを構えて打つが、イマイチ&イマイチ。

ボーナスが来ても金額が跳ねないので、絵的に微妙・・・

初日資金4,000$もうすぐ無くなりそう、、

くぅぅぅまじでスロットキツイ・・・

1回転10$~20$で打っているとカネがまるでゴミの様に消えていく・・

坂崎のおっちゃんモード突入で、ぐにゃ〜って感じになってきた。

残り20数枚のクレジットを奥様に託す・・・

何やら怪しい動きでBETボタン押して数ゲーム消化後に怪しい動きで更にBET

7・・

7・7・ダイヤ・・

うぉい!マジか!怪しい動きで20クレで数十ゲームで777✕2倍をブチ当てました!

人間乱数発生器か?人間体感器か?!

インチキ!インチキ!インチキ!

動画に揃う瞬間バッチリ収めました。再生したら総統騒ぎすぎでうるさいw

配当は800$✕2倍で1600$なのでまだ敗けておりますが、危うく初日から大惨敗する所を奥様に救われました。

流れが来てる!と打ち続けますが・・焼け石に水だった様で削られる一方です。

気付いたら12時過ぎてしまいました、明日出発も早いのでホテルに戻る事に。

途中でホイール・オブ・フォーチュンの新台があったので未練打ちで100$ぶち込む。

7枚賭け以上にするとボーナスがあと1種類アクティブになるようで、7$にBETアップ。

数ゲームでゴールドスピンというアクティブされたボーナスに当選。

2段階抽選の様でまず液晶画面のルーレットが回周ります。

2段階目のホイールボーナスの配当3倍が当選しました。

そしてホイールボーナス抽選開始。

クルクルと筐体上部のルーレットが回転しだします。

25$だけはヤメてくれ!出来たら1000$に止まれと!口を開けて上を眺めてたら・・・

250クレジットに停止して✕3倍=752$の払い出し!

1$マシンの割にかなりの高配当です!

The未練打ち大成功w

3000$敗けが2200$敗けになりました。一時は4,000$負けてましたからヨシとしましょう・

今度こそホントにヤメてホテルに戻る事にします。

Park MGMをカジノを歩いていたら、パックマンを見つけました。

ゲームじゃなくてギャンブル台です。自分で動かせるみたいですね

最近流行りのトリプル0のルーレット台も発見

いやーしかしこの0のトリプルレイアウトはまじで鬼!悪魔!いや鬼畜だな・・・

ダブル0のルーレットは0の対角線に00ですが、トリプルタイプは0と00と000が、3連続で繋がってます。見た目的にインパクトがすごい。

控除率は7.7%。ダブル0の5.26%よりさらにエッジがキツイのに、結構賑わっています。

初日編終了 最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

2日目 ザイオン‐ブライスキャニオン編に続きます