2020年大晦日は三重オールナイトより、韓国カジノで夢を見よう

2020-02-11

こんにちは村岡 総統です(@soutou_casino)

阿鼻叫喚地獄ボッタクリイベント、2020年「三重オールナイト」がもうすぐです。

突撃したファンの掲示板、SNSでの報告は「負け」「爆死」などが圧倒的多数。

パチンコ出玉率70% パチスロ設定殆どベタピン「三重オールナイト」より

戻し率98%〜99.5%と高還元の韓国仁川パラダイスシティカジノで幸せな夢をみませんか?

元スロット生活者の視点から色々と考察してみました。

よろしければ最後までお読み下さい。

三重オールナイト営業について

何故三重のパチンコ屋だけがオールナイト営業できるのか?

なぜ?三重県のホールのみが大晦日に夜通しオールナイト営業が出来るのか??

それは、伊勢神宮参拝客に駐車場、トイレをパチンコ店が提供する名目で、1985年に条例改定され、大晦日に夜通しオールナイト営業が認められる様になりました。

詳細は「風俗営業等の規制及び、業務の適正化等に関する法律施行条例の改正」を参照に

施行当時1985年は、まだコンビニも少なくパチンコ店が伊勢神宮参拝客にトイレ駐車場を利用させる大義名分を果たしておりました。

現代では、コンビニも増え既に当初の役割を三重県パチンコ店が果たしているとは言い難く。

三重県のパチンコ店の既得権益となっております。

三重オールナイト営業の出玉率について

三重オールナイを開催しているパチンコ店は通常より釘をガチガチに締め(釘調整は違法行為ですが)出玉率70%前後調整、1000円あたり10回転以下と極悪調整です。

パチスロは殆どオール設定1レベル、撒餌の役割を果たす中間〜高設定が稀に有る程度。

画像は昨年の三重オールナイト、沖ドキのスランプグラフ。

急降下爆撃並の角度で差枚−15,000枚、30万円負けと恐ろしい限りです。

流石に1人が38時間打ち続けた訳のではないのでしょうが・・・

オールナイトだから・・・年に1度のお祭りだから・・雰囲気を味わいたいから・・・

と理由でサンドに金を入れ続けている様子が想像できます。

うーん・・どう考えても三重のパチンコ店に大金を寄付する為のSPチャリティイベントな気が・・・・

極悪出玉率の営業の中で、38時間打ち続けて利益を出せるのは、動画で収益をあげているYouTuberや業界関係者だけでは無いでしょうか?

三重オールナイト38時間営業でどれだけ負けれるかシミュレートしてみる

出率70%のパチンコを38時間打ち続けるとどれくらい負けるのか試算してみます。

お上の取り決めで1分間に打ち出せる玉数の最大は100発なので1時間で最大6000発

38時間✕6000発=最高228,000発打ち込みが可能

流石に38時間打ち続けると言う事はありえませんので、トイレや飲み物購入や止め打ちなど色々考慮して1時間あたり15分は打たない時間を設定します。

228,000発の打ち込みの75%は171,000発。

171,000発✕4円=684,000円が38時間で打ち込む玉数のMAXとしましょう。

年末年始の出率は70%なので打ち込みに対して戻って来るのは119,700発✕4円=478,800円

684,000円ー478,800円

−205,200円が期待収益になります。

これは1人が休憩や居眠りをして頑張って38時間打つ仮定のガバガバな計算です。

実際に軍資金が尽きたり、時間切れ、疲労などでプレイヤーが何度も交代しますので、実際の打込はもう少し多くなります。

スロットもパチンコ同様の計算でシュミレート出来ます・

1時間最高回転数840回転✕75%=630回転(総統は現役時、設定6ツモったら1時間800〜AVE)

IN枚数=630プレイ✕3枚1890✕38時間=71820枚

OUT枚数=71820✕設定1の出率93%(と仮定して)66,792枚 

差枚数=71820−66,792=5,028枚✕20円=

マイナス100,560円が期待収益

これもパチンコのシュミレート同様1人のプレイヤーが休憩しながら 38時間打つと仮定したガバガバな計算です。

途中でプレイヤーが入れ替わり立ち代わりで打ち続けるのが予想されますので、実際の打込枚数はもう少し増えて稼働が上がると予想されます。

上記は等価交換での計算です、換金率(換金は違法)を考慮すると、パチンコもパチスロもっと負けが増える計算でになります。

確率変動のまま閉店とか、ボーナスのストックが放出しきれない事や、ロングART取り切れない事を考慮すると、実際の機械割はもう少し下がります。

スロットメーカー発表のペイアウト率は特殊な状況下においての数値であって、低設定を実際に打つと発表よりも低くなりますのでご注意を。

三重オールナイトに行く代わりに韓国のカジノへ行こう

三重オールナイトの出玉率が極悪な事をご理解頂けましたでしょうか?

同じギャンブルをするなら三重オールナイトよりも、韓国のカジノ仁川パラダイスシティに行った方が遥かに有利な勝負が出来ます。

その理由を述べたいとおもいます。

カジノのゲームの控除率は数%と極めて低い

カジノの代表的なゲームのハウスエッジ(控除率)

ルーレットシングルゼロ2.7%

ダブルゼロ5.5%

バカラ Banker 1.2%(6半1.6) 

バカラ player 1.4%

ブラックジャック 0.4%〜1% (BS遵守)

スロット90%〜97%(国、地域、レートで異なる)

テーブルゲームは0.4%〜5.5%とパチンコと比較してもかなり良心的。

韓国の仁川パラダイスシティカジノはテーブルゲームの控除率は0.4%〜2.7%と

日本のパチンコ・パチスロと比較すると極めて低いのですが、カジノのスロットマシーンは論外です。

韓国カジノはクーポンやポイントサービスがある

以前に記事にしましたが、韓国カジノは初回限定ですが、3000円〜7000円が無料で賭ける事ができる、マッチングクーポンの配布があります。

韓国カジノのクーポンの記事はコチラから

カジノ内はドリンクが無料、メンバーになれば食事も無料でプレイ時間に応じてポイントが付与されます。

プレイポイントを貯めるとホテル代が無料になったり、マッチングクーポンが貰えたりします。

パラダイスシティはメンバーになると3回まで無料の食事が可能で、以後は貯めたポイントで食事ができます。

韓国カジノまでの移動コストと滞在費の計算

12月30日〜2020年1月1日までの2泊3日で韓国往復の必要旅費と宿泊費を計算してみます。

旅費は価格は2019/12/23現在、航空券はスカイスキャナーで算出

成田から仁川最安が39,674円

関空から仁川34,540円

セントレアから仁川37,084円

ホテルは5000円〜と安い所もありますが、仁川パラダイスシティ徒歩圏内のホテルを利用

「ベストウェスタン インチョンエアポートホテル」の値段が2泊で19万₩=日本円に換算して2泊で19,000円

交通費35,000円〜38,000円+空港までの交通費

宿泊費19,000円の合計54,000円〜57,000円+αが経費

友人知人2名〜3名でホテルの部屋を同室可能なら宿泊費のコストはもう少し下がります。

東京からだと新幹線に乗って名古屋まで行った場合

のぞみだと片道11,300円往復22,600円+三重までの交通費なので飛行機との差額は18,000円と大差ない

現実的に考えると

三重オールナイトより韓国カジノの方が絶対にチャンスがあると理由を述べて、三重オールナイトやパチンコ業界をdisり気味に書きましたが・・

流石に酷いミスリードw

三重オールナイト営業よりも、韓国のカジノへ行くほうが有利なギャンブルを出来る事は間違い無いのですが。

パチンコとカジノはギャンブルという面で同質でも、ゲームとしては考えたら全くの別物なので、比較してどちらに行けという事が本質からハズレております。

予算10万円で三重オールナイトに行くのなら、5万円を旅費にして。5万円軍資金にして韓国のカジノに行った方が有利に立ち回れるのでは?と思いシュミレートしてみた次第で。

確かにギャンブルとして期待値だけを単純に比較すればパチンコよりもカジノが有利。

ですがゲーム自体がそもそも違うのわけです

行列しているラーメン屋さんに並ぼうとしている人に、立ち食いそばの方が安い!早いしラーメンは塩分が多いから身体に悪い!と言ってる様なモノです

年末に三重オールナイトの予定を入れた人が、期待値が有利だからと韓国のカジノ行くなんてあり得ないですね。

パチンコ・パチスロを否定してる訳でも業界が憎い訳でも無いですが。

最近のパチンコ屋さんはちょっとボッタクリ杉なので日常の選択肢としてカジノもアリですよとお伝えしたい。

カジノのゲームの控除率は低いが罠がある

仁川パラダイスシティのカジノのテーブルゲームの控除率は0.4%〜2.7%と前述しました。

控除率だけ注目して比較をしたら、パチンコの方が、かなり悪いのは事実ですが、ここだけ見てしまうと罠にハマってしまいます。

カジノの罠は2つ

1 1ゲーム消化のスピードが爆速なので短時間でゲーム数が増えるて控除率の餌になる罠

2 レートは一定ではなく、自分で変える事が出来る罠

2が結構というかスゴい悪魔的な罠なのですが順に説明したいと思います。

短時間でゲーム数が増えるて控除率の餌になる罠

バカラを例に簡単に説明します

ミニマムが1万円で控除率は約1%、1ゲームプレイする毎に100円のテラ銭の徴収

バカラは非常にスピーディーで1分もあれば勝敗が決まります、1時間あたりに60ハンドプレーと仮定

1万円✕60プレイ=60万円✕1%=と1時間あたり6000円テラ銭の徴収

5時間で3万円、10時間で6万円、20時間で12万円と長時間打つ程にハウスエッジに削られます。

実際のバカラ(絞り有り)の1時間あたりのプレイ数ですが。

引き分けを挟んだり、ミニマムを下げたり、打たないで見(ケン)に徹したり他のプレイヤーがいるなどの要素を考慮したて35プレイ〜50プレイの範囲になります

長く打てば長く打つほど控除率の餌になります。

コレに喰われない様にするにはゲーム数を減らして勝ち逃げする事ですが。

10万円を初手でオールインして10万円見事勝利して経費5万円を差し引いても5万円プラスになったとします。

そこできっぱり辞めてカジノを後に出来る人って多分いませんよね?

飛行機に乗って海を超えてわざわざカジノに行ったのですから、もう少し打ちたいって気持ちに絶対になると思います。

レートは一定ではなく、自分で変える事が出来る罠

個人的はゲーム数よりこっちの方が厄介かな?と思ったりもします。

毎ゲーム同じ金額(フラットベッド)で打ったと仮定しましたが、実際カジノでフラットベッドで打ち続けるのは極めて退屈で、徐々にミニマムが上がって行きます。

あと負けてる時は熱くなってレートを上げて取り戻そうと、段々と賭け金が大きくなります。

悪魔的だと思うのは、もっと沢山賭けろ!とカジノ側が煽って来るわけでもなく。

自分自身の意思でどんどんレートを上げて賭けしまう事がスゴいというか恐ろしいですね。

プレイヤーが負けると賭金(レート)をどんどん上げて行く事とゲーム数が多い事を利用して、カジノは低い控除率でもトータルでは高い利益を得る仕組みになっています。

パチンコ・パチスロはレートとゲームスピードに最初から上限が設定されています。

最近の出玉率の低さはともかく

カジノと違い負けの金額に上限が自然に設定されるシステム良心的だと思います。

4円パチンコで最高に負けれる金額は

右打ち全開で無駄玉を1日中打ち続けても13時間で最高78,000発=312,000円負けが上限

移動コストが最大のネック

カジノは日本では合法化されていませんので、海外まで行かないと打つ事が出来ません。

今回のケースでも1人あたり最低でも35K〜40Kの旅費が発生します。

飛行機代に関しては1人でも2人でも4人でも、1人辺りのコストが下がる事がありません。

三重オールナイトに1人で参加する人よりも、友人知人同士で車を利用して2名以上で行くと考えられます。

ガソリン代、高速代、レンタカー代などのコストは人数が多い程に薄まって行きます

宿泊代に関しては日本のホテルや旅館は1人辺りの料金が多いが、この辺りはマンガ喫茶、スーパー銭湯で充分代用できるし、その気になれば車で仮眠の0泊3日で宿泊費ナシも余裕。

三重オールナイトの代替案の韓国カジノオールナイトは、手間や宿泊コストはともかく、移動コストが高い事が最大のネックです。

遠方から新幹線と在来線乗り継いで現地の移動はタクシーやレンタカーでホテル泊

このケースとなら、ようやく韓国カジノに行った場合とのコストの比較出来そうですが、ソロで三重オールナイトにここまで金と時間を費やす人自体がレアケース

移動コストが海外カジノの敷居を高くしている。

まとめ

中にはガチで6ツモって38時間で万枚ぶっ放すと鼻息荒いかたも居ると思いますが

「勝ち」>>>>>「楽しみ」は「楽しみ」>>>「勝ち」な人が多くなるのが、三重オールナイト。

最初の方に オールナイトだから・・・年に1度のお祭りだから・・雰囲気を味わいたいから・・・と書きましたが、

年末年始の独特な雰囲気で遠征したら推定設定1だろうがお金を入れ続けるのって楽しいんですよね。

低設定と分かっても打ち続けるのって、自分が辞めれる納得出来る理由探しだったり、まぁ色々あるんですよね。

総統がカジノの出率95%のスロットマシンに黙々とお金入れ続けるのと根っこの部分は同じです。

三重オールナイトに参加される方は徹夜で寝不足の方が多いと思われます。

お車で行かれる方は仮眠等充分にとって、道中ご安全にお過ごして、本来の目的の伊勢神宮の参拝もお忘れ無きように。

総統はお正月韓国のカジノにお参りに行く予定です

最後までお読み下さいまして、ありがとうございましたs

三重オールナイトと検索すると出てくる

キング観光」がやる気過ぎるのですが、キングボンビー観光に見えて仕方ありません。

追記 元旦は名古屋のZENTグループが激アツらしい

2019/12/27追記 昨日名古屋に出張で現地のスロット打つ子に三重オールナイト行くの?と質問した所。

元旦はZENT(名古屋北)が激アツなのでそっち行きますとの事

ZENTチェーンは元旦めちゃくちゃアツいらしく。2019年元日はバジリスク絆を全6?(456かも)で営業してたっぽいですね

名古屋北のZENTに一度行った事がありますが、1000台規模で平日に関わらず客付きめちゃくちゃ良かったです。

三重で年越ししたら愛知県に移動してZENTもありっぽいですね。

追記2 三重オールナイト並び防寒対策

三重オールナイトは前日から並ぶ方も多いかと思いますが、過去の前日からの並び画像見ていると防寒対策をしていない人が結構目立つなぁと言う印象です。

身体冷やし過ぎて風邪を引いてしまったらせっかくのオールナイトが台無しですので、防寒対策はお忘れ無きように。

風を通さない、足、首、手を冷やさない格好で断熱が極めて重要かと思います。

画像の○で囲ってる人の用にアウトドア用チェア、寝袋、フード付きダウン、マスク、手袋がほぼ完全防寒。風よけテントもあればGOODですが、このレベルになるとキャンパーやプロの並び屋ですね。

あまりコストをかけない防寒対策を考えましょう。

ヒートテック系上下(特に下)手袋(スマホ操作対応)マフラー、フード付きのアウター(パーカー可能)ニット帽、カイロあたりは最低限

地面に座る時はケツから地面に熱が逃げない様に断熱と足元対応をしっかりしましょう。

段ボールを敷くのがお手軽ですが、熱がかなり逃げます。ホームセンターや100円ショップで買える断熱シートを段ボールの上に敷くのがオススメです。

ヒートテック的なインナーは上下必須です、ドンキやユニクロやワークマンで購入しましょう。

足元は風を通しにくいブーツやハイカットシューズに厚めの靴下を用意。スニーカー+くるぶしソックスの組み合わせはめちゃくちゃ冷えて地獄です。

ワークマンの1500円のレインブーツもオススメ。

総統同じもの持ってますが、コレは冷えませんしデザインも○

毛布があると良いのですが、代用で保温アルミシートなんかも有りかと。

100円ショップでも買えますので、断熱マットと一緒に購入オススメです。

その他モバイルバッテリーは必須、保温用の水筒、お菓子、カップ麺、映画をダウンロードしたタブレット、イヤホン、ヘッドホンなどあるとよろしいかと。

見た目はファッションは二の次でとにかく家にあるもので一番暖かいものを用意+数千円程度の投資で夜に震える西のカナ状態回避や、寒さ我慢大会じゃなくなります。

事前準備を念入りにして快適な三重オールナイトと良いお年をお過ごし下さい。