2019年9月 韓国カジノ旅行記 準備編

2020-02-11

総統です(@soutou_casino) 

韓国カジノトラベル準備編になります

過去最悪の日韓関係のなかで韓国へカジノトラベル 


残暑は厳しいですが日韓関係は過去最高レベルの冷えっぷりの様子。

ネットでは現地で日本人は何をされるか分からないから行かない方がいいとか・・韓国旅行を泣く泣くキャンセルしました!

こんな書き込みを目にした逆張り派の自分は
「ウォンも安いし今は渡韓のチャンスじゃないか?」
的な思考になってしまいます。

実際に韓国にカジノトラベルをした感想をのべますと、平和過ぎる・・・
いつもと変わらず現地は平和で快適でありました。

日本人と言う理由で何か嫌がらせをされたり、嫌な思いをした事は一つもありませんでした。

逆にカジノで同卓の日本人に嫌な気分にさせられましたけど。

準備編

飛行機の予約 LCCかフルキャリか

日程は9月3日~9月6日3泊4日で予定過去十数回渡韓は全て2泊3日

今回は3泊4日にして最終日はのんびりと観光でもしようかと思います

日韓関係の悪化による日本不買運動の影響か、韓国系のLCCは空席が多く減便を実施した航空会社もあるようです。

韓国系LCCのサイトで料金を調べると、たしかに安いです!

片道1000円とか2500円!往復全て込で、成田ー仁川、1万円強位で韓国に行けてしまいます。

空で飛ばすよりは良いのかもですが利益でるのかね?

LCCは安いですが自宅から成田までが遠いので、羽田発着便を利用することに、羽田だとLCCでも25,000円〜と結構なお値段。

8月15日時点でANA金浦空港行きを検索したところ、一番安いValueで込45000円と2万円差は悩ましい所です。

自宅から成田までだと、片道でプラス1時間、飛行時間のプラス30分と往復で3時間ほど増える事

自分はSFCカードを所持しているので、ラウンジや優先搭乗まで考えるとプラス2万円なら羽田発着のメリットが価格を上回ると考えますので、今回はスターアライアンス系を利用する事にしました。

マイレージ含め航空会社の囲い込みにどっぷりとハマっていますが、エコノミー利用に関わらずビジネスラウンジ利用、優先搭乗、手荷物優先サービスが利用出来るスーパーフライヤーズカードは便利です

予約の日程を1日間違えてしまった。

残り2席だったので急いで予約確定ボタンを押して航空券購入。

後ほど届いたメールで日程表を確認したところ帰国便が9月5日になっている・・・一番安いValueなので変更不可・・・さっそくやってしまいました。

3泊4日の計画を立て、20分後に2泊3日にリスケジュールです。

総統的に日常茶飯事の恒例行事なのです\(^o^)/

飛行機乗り遅れは数知れず

過去に日程間違い、飛行機乗り遅れ、乗り忘れ、パスポート忘れなど、ウッカリはエピソードは数知れず。

余裕をもってチェックインして登場時間前に搭乗口付近には居るのに、何故か乗り遅れてしまいして。搭乗予定飛行機が滑走路へ向かうのを見送った事は1度や2度ではありません。

ラスベガスで帰りの飛行機に乗り送れ、延泊し大勝するという、ドラマチックな事も有りましたが・・・
過去の訪韓は全て2泊3日です。今回もそうしなさいと勝利の女神様のお導きと前向きに捉える事にします。

ホテルの予約はカジノプログラムがお得

素敵だけど・・・お高いのでしょ?仁川パラダイスシティホテル

仁川空港まで車で5分のパダライスカジノは、市内のセブンラックカジノやウォーカーヒルカジノと比べて、最終日にも搭乗便の時間まで余裕を持って安心して打っていられる、大変魅力的な立地なのであります。

カジノに併設されている、ホテルの設備も客室もゴージャス!(ホテルにカジノが併設されてるのでは無い!)1度泊まってみたいホテルでありますがネックは価格・・

カジノから戻って恐らく寝るだけになる為の部屋に1泊3万円強は悩みますね。

客室、付帯施設やレストランなど良いのですが、1歩ホテルを出れば周りには見渡す限り一面の荒野。

非日常のリゾート感もホテルの敷地から1歩離れると現実に戻ってしまいます。

お隣のグランドハイアットは1泊あたり大体約半額、ハイアットポイントも貯まるしとネットで色々な場所を比較検索して悩んでいたら。素敵なカジノプログラムを発見しました。

初回30万円のバイインでパラダイスシティホテル1泊無料!

カジノジャケットが主催する新規の初回利用限定のプログラムサービスで、バイイン30万円でパラダイスシティホテルが1泊無料だそうです。

ジャケットとはカジノにVIP客を送客したり、VIP客のAir、宿泊、現地の送迎、レストランの手配などVIP客のアテンドをする業者です。

韓国はコンプ甘い方だと思いますが、30万円バイインで最低1回転のノルマで3万円のホテル代がサービスってコリア凄い破格なプログラムですね!

パラダイスシティ新規登録プログラム
初めてフライデークラブをご利用の方に30万円以上のファーストバイインで、
パラダイスシティホテルの無料宿泊をご提供します。
8月1日~9月30日

利用条件
1、対象ゲーム バカラ・ブラックジャック
2、ファーストバイイン額分の1回転以上のプレイをお願いします。
3、パラダイスウォカーヒルカジノ、パラダイスシティカジノを1年以上利用されていない方。
  又は初めてお越しになられる方。

◆ ファーストバイイン額 30万円~
 ・パラダイスシティデラックスルーム1泊無料

◆ファーストバイイン額 100万円~
 ・パラダイスシティデラックスルーム2泊無料
 ・プレミアムビュッフェレストラン「On the plate」朝食
  ※滞在中にお1人様1食

◆ファーストバイイン額 200万円~
 ・パラダイスシティデラックスルーム2泊無料
 ・プレミアムビュッフェレストラン「On the plate」朝食
  ※滞在中にお1人様1食 
 ・フライト代補助(上限₩500,000)

https://fridayclub.resocasi.com/paradisecity/

「破格というか、こんなの絶対赤字だし!本当は何か罠があってお高いんじゃないの?」

総統の脳内ではマツコデラックスの声が響き渡ります。

フライデークラブさんに質問してみました。

・本当に1回転でOK?
・ウォーカーヒルのVIPでも問題無い?
・パラダイスシティカジノでメンバーでも大丈夫か?

メールで質問してみた所、担当の方から回答が

・本当に1回転でOK
・以前利用は問題無く初回扱いでOK
・ウォーカーヒルのVIPでもプログラム参加OK


との回答が来ましたので、そのままプログラムを申し込みして、これにて2日目の宿確保完了

※スケジュール的に2泊出来る方は、100万円か200万円のプログラムオススメしますよ。

カジノでのゲーム


仁川パラダイスカジノのバカラはミニ1万ウォン〜

総統はカジノでは主にバカラとルーレットとスロットをメインにしています。

韓国のカジノのスクイーズバカラは、ミニ10万ウォン~が多い中

パラダイスシティカジノの平場のバカラは

・オープンバカラならミニ1万ウォン〜
・スクイーズバカラは、ミニ3万〜50万ウォン

コミッションバカラは見当たらず全てバンカー6半でした。

ソウル市内のセブンラックカジノ、ウォーカーヒルホテルはスクイーズ10万ウォン〜だったと記憶していますので、3万ウォから絞れるバカラはかなり良心的なミニマム設定です。

もっとレートの低いビデオライブバカラも設置されており、1000ウォン〜ゲームが出来ますので少ない資金でも遊べます。

マネーマネージメント

プログラムに対するバンクロール

今回30万円1回転とノルマも緩いですが、ミニ3万ウォンで300万ウォンを1回転させるのは、結構大変なので最低BETを10万ウォンとして以下のマネー・マネージメントで挑む事にしました

総額120万円+10万円 

現金30万円+予備兵力30万円合計60万円、クレカ枠で60万、キャッシング枠で10万円(未練打ち代)

30万円1回転のプログラムなら30万円だけ持って行けば良いのですが、バカラを打つ時はミニ×30倍×4セットの資金が有ると多少のマイナスでも心に余裕を持てます。

自分は最低でもこの金額を持参し、勝ちの目標は30%、ロスカットは−50%で設定しています。

バンクロール50%は持ち帰る、0になるまで打つのは、経験上非常によろしくないのと、乾坤一擲オールインなど無茶をしてしまうので、50%ロスの時点で損切り、次回遠征時の勝負に持ち越します。

カジノでは常に飲酒運転

飲酒状態は割と簡単に自分で決めたルール破ってしまい、マネーマネジメント崩壊してパンクまで打つ!なんて事も多々ありました。

日本への帰国便の中で、空になった財布の中からカードの利用明細等を手にして、何やってんだ・・と反省しますがこの時、既に遅しであります。

今年の4月はラスベガスのスロットでパンクしたので
今回は気をつけたいと思います。

現地でのウォン両替について

旅行で現地通貨両替を何処でするか?日本円へよ再両替をどうするか?が頭を悩ますポイントです。

日本から韓国旅行に行くは大変多く、円からウォン、ウォンから円への効率的な両替方法はポータルサイトの特集や個人ブログで沢山紹介されていますが、まとめると以下が概ね最適だと考えます。

1,韓国到着後に空港内銀行またはATMキャッシングで交通費を調達。

2,市内では明洞などの公認両替所を利用

3,カード派の人はクレジットカード利用

ポータルサイトの一斉両替企画で価格が一番良かった所行っても1万円で100円−200円です。10万円単位で両替するなら別ですが、滞在時間が限られてる海外旅行は時間効率優先する事が総統のオススメです。

一般的な2泊3日韓国旅行であれば、現地滞在費は1人あたり3万円~5万円もあれば大豪遊出来ます。

カジノで勝負する人向けマネーマネージメント 

持込は多い程有利

ここからは、カジノ初心者向けの内容になりますので。

資金持込は勝負する種目にもよっても変わって来ますが。

・ライブゲームでも最低5万円〜 
・テーブルはミニマム40倍〜 

これくらい軍資金として用意した方が良いと考えます。バカラで1万円を元に10万円にするのは結構大変なのですが、 10万円を元手に1発勝負10万円プラスになる確率は約50%です。

50%の確率ですからハズレたら0になるので、リスクは高いですね、それならば、10万円を元にして1万円勝つ!コレだと何か余裕な感じがしませんか?

実際に10万円でバカラをスタートして1万円のプラスはかなりチャンスが多いです。

持込の資金の多いと勝てる確率も高くなりますし、同時に心の余裕も生まれますので、持込は多い程よいと考えております。

勝ちの目標設定と負けの上限の設定を

持込金額を決めたら勝利目標金額、負けの撤退ライン設定をするのがオススメです

総統だと勝目標は持込によりですが、50%〜30%目標で設定、持込50%ロスを撤退ラインに設定している事が多いです。

カジノに通う様になって分かった事は、1度の滞在で1度も浮上(勝ち)せず、ずっと水面下(負け)にいる状態は案外少ないのです。

ハウスエッジが小さいから、一時的にプラスの領域にブレる率が日本の公営ギャンブルと比較しても極めて高い確率で起こり得るからと考えられます。

カジノのハウスエッジはテーブルゲームで0.5%〜5.26% 

日本の公営ギャンブルが25% パチンコが10%−20%宝くじが55% 

日本の主要ギャンブルと比較してみると、カジノのハウスエッジは大変小さい。勝率の2分の1のシンプルなゲームで、プラス領域滞在の状態は思う以上に多いのです。

それにも関わらず何故?多くの人達が最終的に負けて遠征終了となってしまうのか?

ハウスエッジがある以上期待値は100%以下なので、ゲーム数を増やさば負やす程に負け側に結果が収束していきます。ハウスエッジと大数の法則という、カジノ側に絶対的なアドバンテージが存在します。

最終的にはカジノ側が勝つ様な仕組になっているのです。カジノの豪華な設備や数々の無料サービスが出来るのも利益があっての事なのです。

それにプラスして打ち手の人間には欲があります。この欲がギャンブルで勝つことに置いて大変曲者なのであります。

カジノ目的の旅行を3泊4日で組んだとします。10万円の元手が開始5分で30万円に増えました。

もう充分勝ったから、今回はカジノで遊ばないで観光する!と切り上げられる人はどれくらい居るでしょう?ギャンブル初めての人なら即辞め出来そうですが。

多くのプレイヤーが、ツイてるからもっと勝てる!まだ初日でせっかく海外に来たから、もう少し遊びたいとなど色々な気持ちや理由でゲームを続行してしまうと思います。

長くやれば長い程ゲーム数が増える程、ハウスエッジと大数の法則が作用し、プレイヤーが負けへ向かう可能性が高くなって行きます。

しかしながら先程の例の様に、一時的にはプラス領域に居る事が少なくない事も事実です。

カジノで勝利するにはこの一時的に勝利している状態の時に手仕舞いして、勝ち逃げが出来るか出来ないかに掛かっていると思います。

沢山勝ったらやめる!軍資金無くなったらやめる!ではなく勝ち負けのラインの設定を必ずしましょう。

最大到達点は蜃気楼

運良く最初の5分で30万円に増え、ゲームを続行していたら持ち金が15万円に減ってしまいました。

こうなると不思議なもので、まだ5万円勝っている状態なのに、最大到達点から10万円減っている事が悔しくなってしまいます。

勝ちが減ったと何故か損をした気分になってしまうので、取り返したい!という気持ちになってしまいます。一時は自分の手元に確かに存在した10万円ですからね。

もしカジノで勝ち目標を設定せずに、この様な状態に陥っていたら今現状で5万円勝っているのだという、事実を認識してココで辞めちゃって下さい。勝つ!という目標は既に達成されていますので。

特殊な状況は除きます!例えば負けを補填してもらえる状況や絶対に勝てる状況である場合など。

このまま打ち続ければ、大体10万円ピッタリのラインまで打つのです。チャラで辞めよう!10万円ピッタリで辞めると!決めるのですが、実際に10万円ピッタリで席は立てません。

こうなると、チャラで辞める筈があと1万円!もう1万円!とズルズル使ってしまい、最終的に負けて遠征終了となってしまいます。

いつまでも有ると思うな含み益 by総統と自分に言い聞かせ。

重ねて申しますが勝ちと負けの金額の設定は極めて大切なので、必ず決めて守って下さい。

2019年9月3日〜5日 ウォン両替実践

タネ銭を多く持って行くことは極めて重要なのでありますが、両替をする場所が違うだけで元金が大きく目減りしてしまいます。

韓国カジノ初挑戦の方に両替で損しないように、両替レート比較をまとめてみましたので参考にして頂けたら幸いです

カジノ内キャッシャーで両替(カジノで勝負する人にイチオシ)

レート0899 10,000円=約112,000ウォン


※両替レートは2019年9月3日~5日

明洞の公認両替所レートよりも若干レートは悪いですが、ウォンから円に再両替時購入した金額まで手数料が発生しないのでオススメ。

ウォンを両替した際に一緒に渡される外貨購入証明書に記載されているレートで数日間ホールドしてもらえますので、為替変動で目減りするリスクも、有りませんので、安心安全です。

外貨購入証明書は無くさず大切に保管して下さい。

明洞の公認両替所(オススメ)

レート0877 10,000円=114,000ウォン

韓国空港より1万円あたり7,500ウォンもレートが良かったです。

中国大使館横にある両替所有名ですが、どこもレートは横並びなので、好きな所で両替して下さい。

クレジットカードキャッシング(オススメ)

レート0878 10,000円=約114,000ウォン

明洞の公認両替所とほぼ同じ。

ATM手数料や利息まで考慮すると明洞の公認両替所が安いですが何処で手軽に、現地通貨を引き出せるのは大きなメリットだと思います。

ウォン紙幣は最高が5万ウォン札で、10万円他院にで両替すると結構嵩張りますので財布がパンパンになりますし、明洞の公認両替所で大金を両替するには数えるのも大変です

治安が良いと言われている韓国とはいえ、スリやひったくりに狙われたり、遭遇するリスクも考えられますので、大金を持って出歩かないに事に越した事は無いかと思われます。

5万円以上でカジノを遊ぶ予定の方は、カジノのキャッシャーかATMの利用を強くオススメします。

日本国内の空港の銀行で両替

レート0970 10,000円=で約103,000ウォン

羽田空港の出国ゲート先の銀行ですが、あまりレートはよく有りません。

超絶心配性の方は安心を手に入れるという意味では良いのかもしれませんが、特段特殊な事情がなければ、現地で両替をオススメはします。

画像ボケ過ぎてすいません・・・

金浦空港銀行で両替

レート0939 10,000円=106,500ウォン

レートがあまり良く無いですが、日本の銀行よりは少しマシです。市内まで自力で行かれる方は交通として5,000円位ココで両替して、残りは市内で両替するのがオススメです。

金浦空港からソウル市内の主要ホテルまで普通のタクシーなら30,000ウォン前後です。

3万円以上の両替や、ネットクーポン利用で手数料割引キャンペーンとかやっていますが、それでも市内よりレートは悪いです。

金浦空港は2件銀行が並んでいますが2件仲良く同レートです

番外編 南大門市場に座っている私設両替おばさん

コネストから引用

10年位前に利用した事ありますがレートは最高でしたが非公認の闇両替と言われております。

何十年も黙認されている行為なので問題無いかと思いますがご利用は自己責任で

韓国国内用データSIMについて

Amazonで購入出来るデータSIMが便利だった件

今回はAmazonで【China Unicom】 韓国 5日 データ容量3GB プリペイドSIMカードを購入して利用しました。5日で3GBまで利用出来て540円!安い!

データ通信速度も早くて現地でイライラしたりする事も無く、ホテルやカジノはフリーWi-Fi利用すれば良いので、データ量も全然余裕で足りました

いままで空港でWi-Fiレンタルをしていて3日で2000円弱支払っていたけど、これからはこのデータSIMで十分かな?

日本からの着信とか考えるとWi-Fiルーターのレンタルもアリですけどね。
Androidのデュアルシムってこういう時便利ですね

最後に

10年前カジノ初心者時代の自分

総統は8年前カジノで「シャチョーその紙捨てたら勿体でちゅよ」と声をかけられ、外貨購入証明の紙があれば、同額分まで手数料ナシで円を買い戻せると教えてもらいました。

それまでは、そんな貴重のモノとはしらず毎回ゴミ箱に捨てていたのですが・・・

カジノに慣れている方たちには今更的な両替の情報ですが、外貨購入証明書がある場合の再両替については「地球の歩き方」や「ソウルナビ」など当時も今も記載が見当たらず。

今の総統なら理解が出来るカジノ専門用語も10年前の初心者だった頃は検索して出てくる専門用語が、何を表しているのか全く理解出来きませんでした。

周りにカジノに行く知り合いもおらず、コンプやホールドって何?状態だったのですが自力で通っているうちに、カジノホストを紹介されたりして、色々教えて貰って今に至ります。


最近はネットでカジノの情報を入手しやすくなりましたが、何かのお役に立てればと思い、今回自分の経験ベースでの情報をまとめてみました。

韓国カジノトラベル1日目に続きます