2019年 第三次韓国カジノ旅行記 パラダイスシティカジノをぶっ壊す!Part3

こんにちはカジノトラベラー総統です

10月20日〜22日の日程でパラダイスシティのカジノに行ってきました。

翌朝が早朝便なので2日目が今回の実質的な最終日になります。

カジノ調子が微妙だったので息抜きにWONDER BOXに行ったあと、リニアモノレールに乗って龍游駅に行って激ウマな海鮮カルグクスを食べたりと殆ど観光状態でした。

※ハイローラーの方が読んだらハナクソみたいな勝負過ぎて面白くっもなんともないと思いますので、そっ閉じ推奨です。

Part1はコチラ

Part2はコチラ

スロットのおじさんに挨拶

朝9時に起床、2日酔で眠いな・・・昨晩部屋に戻って結構飲んで明け方に寝て二日酔い気味なのでもう1時間寝ようと思ったら、昼過ぎててしまった。

シャワー浴びて身支度してカジノに向かう。

カジノでgood fortuneに着席。昨晩に引き続き全くフリーゲームに入らない・・元々こんなものなのか?不ツキにしても明らかにショボい。

フリーゲーム出るまでやろう粘ってたら一瞬で100万₩やられた。ミステリージャックポットの方へ移動して同じgood fortuneに。こっちはミニマムベッドが5000₩か。

フリーゲーム出て6ゲーム選んだけど当たらず。暫く回したけど負債増やすだけだ。

とりあえず30分動画撮影しておいたけど、見せ場なさすぎてあまりおもしろく無い動画だwアップするか悩む。

オールマイティー3LINE初めて出たけど何も揃わないでハズレでチョット悲しかった。2,3リール目に出ないと駄目よね。2,3.4リールドラゴンで埋まる事あるのかな?

昨晩からの不調が続いている感じだ。

一旦息抜きに外に出よう

パラダイスシティのWONDER BOX

前来た時に草間彌生のカボチャのオブジェの所で15時位にプチショーでWONDER BOXを知って気になっていたので行ってみる事に。

チケット買う時にカジノカード見せると大人28,000₩が半額の14,000₩になります。

ココはSNS映えしますね。久しぶりに童心に返った。

WONDER BOXの詳細な記事はコチラから。

リニアモノレールに乗って龍遊駅へ

WONDER BOXを出たら17時、そろそろ食事の時間だけどまだ微妙にお腹が空いて無いので散歩する事に。

前から仁川空港磁気浮上鉄道(リニアモノレール)に乗って終点の龍遊駅にへ。

龍遊駅を降りてブラついてたらお客が結構入ってる飲食店を発見!立ち寄って食べた鍋はどうやらカルグクスと言うようです。これが激ウマ!

パラダイスシティに行ったらまた食べに行きたい。

龍遊駅とカルグクスの記事はコチラ

カジノとホテルに引きこもっていても充分に楽しいけど、外に出て新しい場所に行くのはやっぱり新鮮で楽しい。

色々な発見があって脳が活性化する。

ギャンブルで勝つ事が1番脳が活性化するのですが、ギャンブルの快楽は脳内麻薬分泌なので、いわば薬物中毒の状態なんですよね・・

もっと!もっと!になると大変危険です!

カジノ旅行で出来るだけ健全に脳を活性化させるには、やはり観光も大事かなと思います。

カジノにホテルが併設されてるのは便利なのですが、宿を固定化しちゃうと今度は行く場所も固定化してしまいワンパターンになってしまいます。

こうなると老化まっしぐらコースなのでカジノ旅行でも常に何か新しいモノを1つは取り入れるようにしたいですね。

カジノに戻ってルーレット

19時にカジノに戻ってスロットのgood fortuneをやりたい所ですが、今回は異常なペースで負けてるのでパスしよう。

good fortuneを最近264BETで回しているのですが、88BETに下げればもうちょい遊べるとは思うんですよね。

バカラはシステムBETで大負けしても地道にいけるのですが、スロットは1度レートを上げて下げるとデカイの当たった時どうしよ・・って考えちゃうんですよ。

これじゃ完全に負け組の発想だな・・

パラダイスシティのスロットのペイアウトは95%前後はありそうだけど、やっぱ5%のハウスエッジはキツイですよね。

アイムジャグラーの設定1を5倍のレートで打ってるのを想像したらなんかしっくり来ました。

しかしこのクソピエロ目がイッちゃってますな。

スロットやるならルーレットに移る事に。タンバリン芸人に似た新人ディーラーの席に着席

ディーラーのディーリングがぎこちなくて面白いんだけど、玉を投げる前に「スピン!」とボソッと言うのがツボるw

BETは1回でインサイド10万₩ちょこちょこ当たっていい感じでゲームが進む。

ルーレットの戦略は適当でディーラーが投げる前に16枚BETを済ませて、玉が回ったら奥さんに4枚渡して賭けてもらう。総統と奥様は2人で1人w

17に2枚と周辺縦横に1枚ずつ置いたらキター!140万₩!ゴンゾー似のディーラーは新人なので計算何度もしてインスペクターに確認。

日本語で「おめでちょーございます」とチップを貰う10万と100万₩チップはポケットに入れ利確してカラーチップが無くなるまで遊ぼう!

2.7%のミラクルを見た

総統がトイレに行った間にちょっとしたミラクルが起きた。

奥様から聞いた話なので実際には見てないのですが。

日本人の若い男の子3人組がカジノのマッチングクーポンを持ってテーブルにやって来た。2人は赤ベッティングクーポンを置いて1人が黒に置いた。

黒に置いた子が「赤来たら俺だけ死んでお前ら2人は生き残って最悪じゃん!」とマッチングクーポンで生き死にとはサムライだな!

奥様の話を聞く限り3人で分け合う感じでは無く当たったら各々が受け取る様子。

神様って面白いなそのゲームの数字は0

若者達は、うわー!0だよ!こんな事が有るのかよ!と仲良くテーブルを去ったそうです。初カジノで2.7%の奇跡を引き当てるだなんて、結果はともかく何か持っていると思うw

ちなみに奥様はシングル0に1枚置いていたので、若者達の無念は晴らしてしておけました。

ルーレットで300万₩

女の子ディーラーに変わって調子が更に良くなった。少ない枚数だけど7と27、ずっと置いていた33周辺もキッチリと回収出来てチップがモリモリ増える。

プラス300万ウオン!あまりにもバシバシ決まったので1万₩だけどチップをディーラーに渡しておいた

キャッシュチップは貰う都度ポケットに入れて、カラーチップで遊ぶ。残り4スタック毎回20枚賭けてると負ける時はあっという間。

厚くかけた場所の隣に入って丁度チップが無くなったのでルーレットは撤収して一旦Bar21へ。

ハイボール飲みながら収支を計算したらトータルマイナス100万₩程度、スロット分負けてる。2杯飲んでバカラのコミッションテーブルにニューオープンの卓を発見したの着席するこ事に。

バカラで小波がやって来た

ニューオープン卓のカットは率先する。Banker50勝player20勝と念を込めてカット!

開幕からPP B PP Bと来たら罫線的にPに行く人が多いと思う。後ろのPPは共にうナチュラル9だ、同卓のプレイヤーは全員playerにBET、総統はBankerにBET

7でBanker勝利、伸ばしたいな。次戦もBankerで8で勝利今回初の3連勝w次のゲームはナチュラル9!良いんじゃないの?良いんじゃないの?

フィボナッチBETがテイクオフした。フィボナッチBETはとにかく3連勝までがしんどいというか退屈。

3連勝超えるとチップが増えだす様。が4連勝の次はplayerのナチュラル9にアッサリ阻止された

この後きれいなスダレ計算になるのですが4連勝の後にplayer勝つ時はナチュラルと・・抑えの切り札大魔神佐々木のようにナチュラルで完封しやがる!

20ハンド終わった所でBanker12勝 player6勝 タイ2回 当然チップは増えるわけですが、player6勝中5回がナチュラルで、27ハンドに進む迄のプレイヤー5勝は全てナチュラル。

総統はplayerを先にオープンさせるけど、久しぶりのナチュラル恐怖症でガクブルですわ。

ディーラーは7番の凄いヤツナチュラル印刷マシーンの鄭大世だな!

28ハンド目はフィボナッチBETをオリジナルの2−3−3−5−5みたいな感じでBET切り替え。雰囲気とカンで3−5にしたりと適当ですが、ツラが出たら利益は手堅く確定させてたい。

Bankerナチュラル9で勝利、ここからタイ1回挟んで5連勝。

次は10枚コレも勝って6連勝目よし!波が来た!次は20枚置こうとしたら奥様がうーんと唸っている・・

何か嫌な予感がする、10枚にするか20枚にするか。

とりあえず5枚減らして15枚置く事にした。Bankerの8連勝目をかけたハンドはplayerがアッサリとナチュラル8を出してアッサリ負け。

今回のplayerは佐々木と宣 銅烈(ソンドンヨル)の最強ダブルストッパーだなコレ

34ハンドでBanker20勝 player11勝Banker優位だった前半戦

後半戦は、怒涛の連敗できつかったが1シュー打ち切ると決めていたのとヤル気が無くなる様な展開では無かったので、ミニマム20万₩でひたすら耐えた。

結局終わってたら77ハンドでBanker36勝 player37勝タイ4回でほぼチャラと言う結果に

Bankerナチュラル11回に大してplayerナチュラル20回とplayer側が1.8倍近くナチュラルが出た。

途中からplayer先にオープンさせる時にはナチュラル8,9のイメージしか思い浮かばなくなるほどナチュラル恐怖症と雨の日に怯えた猫状態。

前回の反省を生かして、今回からスコアシートを奥様に記入してもらい、セルフレーディングを徹底する事にした。

エンジェルアイ全盛時代に手書きっていうのもいいモノですね。

時間は23時だけど次の朝は4時起きなので、今回バカラはコレで終了する事に

帰国

翌朝4時に目覚めて支度を済ませてキャッシャーで精算

テーブルゲームでは20万₩プラスでスロットで100万₩負けでトータル80万₩のマイナス。

カジノというよりパチンコ屋に来たみたいだな・・

帰国便は金浦空港の7時45分の便。

6時まであと1時間打てるからラスト勝負をしたい所ですが奥様は何かあって飛行遅れたらイヤだから帰ろう帰ろうと猛反対。

意味なくテーブルゲームはプラスでプラスで終わりたいと思い。10万₩は帰りのタクシー代に、もう10万₩はルーレット1発勝負する事に。

17周辺に全部置く、おぉぉ!17に落ちる!と思ったらハネてそのまま3へ入ってアッサリ終了したので今回の勝負はココまで!

カジノを後にする事に。

金浦空港の出国ゲートのオープン時間は6時半

金浦空港には30分で到着。時間は5時45分!ANAのカウンターに行くとオープンは6時で出国ゲートは6時半にオープン!

ありゃりゃ6半でSUPER6ですか!

ラウンジで時間潰そうと思ったけど、出国出来ないから3階のベンチで時間をつぶす事に。

あと1時間プレイ出来たねwと奥さんに言うと、時間が無い時はBET荒くなって大体負けるから良かったじゃないwと言われました。

おっしゃる通りですな、最終日のあのソワソワ感は健康にもよろしくない。

今回の総括

フライデークラブさんでカード作るとスロットのポイントとかは貰えない様ですね。

次回仁川パラダイスシティ行くならバカラとBJオンリーかな?

もう少し持込して遊んでコンプで滞在経費を浮かそう、飲まなきゃ冷静でパンクする事も無いし。

コンプに縛られてはいけないが、ハウスエッジを少しでも下げる努力はするべき。

ハウスとこちらのレーディングに乖離があってアレコレ言われたらマスVIPが韓国で遊ぶとこうなるで済まそう。

Bankerオンリーなので、コミッションバカラをチョイスしないといけない。

そうなるとパラダイスシティカジノのバカラはあまり環境がよろしくない。

次戦のオカダマニラ戦でバカラの環境がよかったらそっちをメインに。

打たないのが1番だけど面白いので打ってしまうgood fortune。

前回8,500万₩まで積み上がっていたMEGAジャックポットが当たってしまい1000万₩からのスタートになったので、期待値はダウンしているから、次回以降は打つ条件をもう少し厳しく。

たまにはノーアルコールでギャンブルしてみたい

新しい場所、新しい事をする事は重要だが観光ルートは計画的に効率よく

次戦は11月にオカダマニラです!

16歳の総統をギャンブル中毒の道に引きずり込んだコンチネンタル3!

20代の青春の思い出の花火、アステカ、大花火を作ったユニバーサルの運営するカジノなので爆勝間違いナシです!

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

Part1はコチラ

Part2はコチラ