2021年 ラスベガス旅行 Part2 喧嘩は勝てる相手とやれ

2022-01-04

総統です(@soutou_casino)

2021年ラスベガス旅行に行ってきました。今回はPart2になります。

Part 1はこちらになります。w

痛い負け方の翌日の立ち回り

目が覚めて最初に思った事は、昨晩の7000$勝ちから−5000$の負けは、負け方としてかなり最悪な負け方だな・・と朝から反省。

痛い負け方をした翌日は本腰を入れて打たない方が良いと思います。

2泊3日の短期遠征だと難しいかもしれませんが、幸いにも7泊8日の2日目なので、まだ焦る時でも無いです

本日は夜からレディガガのショーに行くので、それまで適当に時間を潰すとします。

散歩して4200$ぶち当てた後に銀河最強のエンタティナーのライブに行く

2日目のブログの内容は動画でも、まとめてあります。

ラスベガス最強の観光はもしかしたら、ストリップ沿いを南北に歩く事では無いか?

と今回の遠征で歩きまくって確信しました。

ストリップを歩いてると、観光客、酔っぱらい、ジャンキー、パフォーマーetc、、見ているだけで面白い。

午前中は全体的に健康的で健全な印象です。

外もホテルも無料で素晴らしい展示が見れる。

コスモから新しく出来たリゾートワールドホテルまで歩いたら、午前中で既に1万歩近くに。

午後はMGMにチケットを受け取り、ハイリミットコーナーのスロットで1000$勝負したら4200$のジャックポットをブチ当てた!

3000$持って即逃げれば良いのに、少し回してしまい+1900$で終了。

ギャンブルは一旦切り上げて部屋に戻って支度してライブ会場へ向かう

前から5列目という超良席で見れたのですが、普通にチケットを購入すると1,000$〜1,600$のエリアを、カジノゲスト価格で400$をコンプで処理してもらえた。

やはりラスベガスではカジノホストの力は絶大だなぁと改めて思います。

英語は出川レベルの自分ですが、レディガガの圧倒的なパフォーマンスは見ていて震えました。

銀河系最強のエンタティナーに触れ、感動しすぎてギャンブルはどうでもよくなってしまい23時に就寝。

2日目+1,900$

喧嘩は勝てる相手とやれ

3日目の動画はこちらから。

シックス!

昼下りで客が2人しかいないコスモのVIPルームに中国系ジジイの声が響く

ジジイはPlayerで7スタンド

Bankerはコレから自分がオープンする直前での呼び込み。

6が出れば7−6チャーシューで1発で決まるからその気持は分からないでも無いのですが、、

このジジイBETするまで2−3分位ウダウダしていて進行を止め、ようやくチップを置いたと思えば今度は逆サイド呼び込みと・・

なかなかのファッキン野郎であります

呼び込んだ瞬間ディーラーと目があってお互い失笑。

「OK!ワンショットで俺の勝ち」

と日本語で笑顔でジジイに答える

ナチュラル出したらカード裏にして叩きつけ、ガックリした後にオープンしてやろう!と心に誓う!

1枚目は額。2枚目を絞ると・・・・何も無い・・・1だ・・ナチュラルガッカリ作戦が早くも消えた。

ありゃ非常に厳しい戦いである。

3サイドが出れば負けなしですが、確率13分の3約4.3分の1。

縦から絞ってアシを祈るけど、あっさり額でPlayer Win ・・

悔しい!悔しいよぉ!

せめて1度で良いので、ジジイの逆サイドでナチュラルを出し、ガッカリしてからの勝ちで席を立ちたい笑

ジジイのチップの量をチェックしてみると・・・15万$くらい持ってやがる。

一方こっちらのチップは1万3000$程・・・10倍以上の差がある

「喧嘩は勝てる相手とやれ」

ネットで見つけたバカラプレイヤーの言葉を思い出す。

既に他のテーブルで6000$程負けている僕と、10倍以上の資金を持つジジイ。

賭場でどちらが強いかは一目瞭然。このまま喧嘩をしても多分僕が負けてしまうだろう。

そもそもジジイはこの卓での最初のBETでたまたま逆サイドを呼び込んだだけだ。

バカラのテーブルで自分がマナー違反だと思ってやらない事を、他人にやられたからと怒るのもお門違いである。

この1BETで席を離れる事にして、この日はバカラを手仕舞いする事に。

冷静に考えて20,000$のバンクロールでミニ500$のバカラを打つ事自体が、勝てる(勝てそうな)相手との喧嘩じゃ無い訳です。

20,000$のバンクロールならミニ100$のテーブルが妥当。

しかしコスモポリタンのミニ100$バカラは6半なので控除率がキツイ。

控除率がキツイからコミッションバカラを打つ事自体は正解ではありますが、自分のバンクロールに見合って無いテーブルで打つのは不正解な気がする。

体感的にミニ500$のバカラを打つ場合、100,000$のバンクロールが最低必要だと思います。

バカラを切り上げてこの後のスロットコーナーへ向かって飲みながら打ってたら1日の負けの上限に達してしまった。

ハイリミットスロットコーナーから立ち去る時に、ちょうどカジノホストがやって来て。

「総統さん!コンプ800$以上貯まってますよ!ご飯食べてくださいね!」

と心配そうな顔をしながら伝えて来た。

ビールでお腹が一杯で泥酔手前なので「明日食べる」と伝えこの日は部屋に戻って19時過ぎに就寝

3日目収支

バカラ−6,400$

スロット−6,800$

スロットの午前の負けを忘れて5,000$使ってしまって1日の限度額をオーバーしてしまった。

6半とコミッションバカラの控除率の差を物凄く気にするのに、5%以上の控除率のスロットをぶん回すのもどうかと思う・・

反省を動画に残す

外からの重低音で目が覚めて時計の針を見ると深夜の1時・・・枕で耳を塞いで再度眠りにつく努力をしたが眠れそうにない。

テラスに出て見ると対面パリスのエッフェル塔の2Fがナイトクラブになっているようで、そこが爆音の震源地の様です。

起きてやる事無くてカジノのパターンですが、前日大負けているのでワンクッション置いた方が良さそう。

このままだとコンプが間違い無く余るので、ルームサービスを注文する。

料理が届く迄の時間の時間潰しに、前日の負けについて反省点を動画する事にしましたが、振り返って見てみると割と敗因を冷静に分析している。

  • 7泊の滞在で55,000$のバンクロールは少ない
  • 残金約38,000$で残り4泊の資金配分を考えると、パンクがチラついて手が縮こまっている。
  • 残りのバンクロールで打つならミニマム500$のコミッションバカラより100$の6半
  • コンプを貰っても義理立てしなくていい
  • スロットを打つな

色々反省点を述べているのですが、結局は

スロットを打たない

これに行き着いているのですが、負けても負けても面白いから打ってしまい、勝っても負けても何故か席を立てないと依存症の典型例です。

反省動画を撮影しておきながら、依存症はビョーキなので上手く付き合いましょう!

と反省する気も無いので、スロットに関しては諦めようと思います笑

無料でも500円のTシャツのクリーニング代に10$は払えないのは貧乏症なのかん

最近は旅行中に洗濯をして極力荷物を減らす用にしているのですが、今回宿泊のホテルにはコインランドリーが設置されていませんでした。

その代わりと言ってはなんですが、コンプを貰っているので、クリーニング代に充当すれば良いのですが。

Tシャツ1枚10$下着と靴下5$と結構なお値段です。

ユニクロの売れ残りセールで500円で買ったTシャツに、無料とは言え10$のクリーニング代は何だか抵抗がある笑

コンプを他の事に使いたいと言う訳では無いのですが(いつも使い切れないし)

実質的に無料サービス状態であるにも関わらずわ海外旅行の貴重な現地滞在時間を、500円のTシャツやパンツの洗濯に費やすのは効率的に最悪とは頭で理解しています。

でも何か抵抗がある笑。

結局、洗える服は全部自分で洗ったのですが、結構な時間を費やしました。

何も考えずに黙々と洗濯に集中するのは、瞑想状態に近いモノがあり、気分がスッキリしたのでコレコレで良かったなぁと思いました笑

洗濯の神様

食事と洗濯と風呂を済ませて、4時30分にベラージオの植物園に行って撮影に向かう

その時の動画はこちらを。

撮影し終わって500$だけスロットを打ったら出るわ出るわ。

設定6か?と思うくらいにジャンバリ状態で追銭を1度もせずに+7,150$

どうやら洗濯の神様に愛された様です。

7000$勝ってコンプで食うメシはウマい

残金38,000$から45,000$に回復して精神的にかなり楽になりました。

こうなると余勢を駆って一気に逆転を狙いたくなりますが、4時間近くスロットを打って結構お腹一杯なので一旦切り上げる事に。

この後アウトレットに行ったのですが、10月末という微妙な時期のせいか?あまり安く無くなかったです。

買い物が目的ではなく、カジノで1日中過ごさない為の外出ですな。

この後ホテルの部屋に戻り、テラスでビールを飲んでいたら眠くなって昼寝をして

コスモポリタンの中華料理店に言って

1人で大豪遊したらコンプを使い切ってしまった笑

このあと土曜の夜なので少しオシャレをしてギャンブルに臨もうと、ジャケットを着てネクタイを締め気合を入れてハイリミットのBJへ

Mini300$のテーブルを20,000$でスタートしましたが、1シュー目が連敗モードで、500$のフラットBETに近い打ち方で6,000$近く負け。

次のシューで挽回して結局200$負けとなりました。

Mini300$のテーブルだとブラック3枚置くのが面倒で500$のチップで打ってしまったのですが、20,000$のインで500$で打つのは結構キツイのだなと感じました。

BJのバイインはミニの100倍無いとダメですね。

3日目 収支

テーブル −200$

スロット +7130$

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

Part3に続きます