ギャンブルで悪い流れを変える方法について考える。

総統です(@soutou_casino)

ギャンブルの悪い流れを変える方法について考えてみました。

負けてる時に打ち続けたら高確率で敗ける

負けてる時に何故か席を立てない。カッカしているの分かっているのに打ち続ける。

ギャンブラーの皆様は、こんな経験ありませんか?

総統の経験上なのですが、ネガティブな状態でそのまま打ち続けると、ズルズル負けます。高確率で負けます。ハウスエッジ以上に負けます。

これでパンクしてカネ借りたりキャッシングなんて最悪です。

悪い流れの時に、そのままで居る事は一番危険だと思います。

坂崎のおっちゃんのぐにゃ~モードは高確率で負けます。

悪い流れの時には行動を大きく変えないと行けませんが、前のめりになっている時の流れを変える行動って。

トイレに行く、手を洗う、顔を洗う、おしぼりで顔を拭く、ガムを食べる、タバコを吸いに行くとかこんな感じですかね?

この程度の行動では悪い流れって殆ど断ち切れないです。

トイレに行くついでに、鏡を見つめて「勝つぞ!勝つぞ!勝つぞ!」系の暗示をかける。

経験上あまりよろしくないというか、過去に1度も効果が無かったw

駄目な状態の時に、ものすごくポジティブな言葉を自分に投げて言い聞かせても、潜在意識に届くのは

「負ける!敗ける!溶ける!」なので言う程に逆効果です。

カジノで悪い流れの時は1分2分そこらでは、流れは変える事が出来ません。

なのでもう少し大きなアクションが必要だと考えてます。

セッションを切る、席を離れる

一番オススメなのが一旦セッションを切って何か違う事をする事。

逃げるというか仕切り直します。総統はコレを心がけておるのですが、物凄い負けてる時に席を立てなかったりキレたりする事があります。

負けている時にセッションを切るってホント難しいのですが、それでもセルフコントロールを徹底しないといけません。

カジノだと部屋に戻って寝る、シャワーを浴びる、身なりを整える、散歩をする、ショーを見に行く、笑う、運動する、etc

とにかく一旦離れましょう

普段飲酒プレーしない人は酒を飲んで酔拳打法もアリかなと思いますが、一歩間違えると更に痛い目にあいますので自己責任で。

パチンコ屋で確率の3倍ハマりした時、休憩札貰って散髪して戻って来たら出だした事があります。

大当たり確率は散髪前も後も同じなので、たまたまと言われたらそれまでですがw

散髪すると、サッパリして気持ちいい。

ついでに見た目も良くなって気分が良い。

気分が良いほうが、気分が悪いより良いに決まってる。

気分が良いと良い事が起きる!のかな?

負けて前のめりの時は自分で自分を見失い、ハウスエッジ以上に負けますので、とにかく一旦セッション切ってその場から離れましょう。

瞑想する

前のめりの時の自分を俯瞰して客観的に見れる様になるためには、瞑想が効果的。

瞑想ってGoogleが生産性向上の為に取り入れてるので決して怪しいモノでは無いのでオススメですよ。

寝ないと敗ける

寝ないでぶっ通しで打つのは勝てないし、疲れてる時も勝てない。オーバーナイトで寝て無いのに眠気を感じない疲れを感じない時点でやばい。

疲れている眠いと気付け無い人が、バクチの流れや潮目は読めないのではないかな?

眠くてもヤメたら出るかもと席から離れられない状況は幻覚ですので、素直に部屋に帰って寝たほうが良いと思われます。

朝のカジノにはカネが落ちている

これはホントだと思います、研修中ディーラーのミスや、シフト終わり前の眠いディーラーのミスとか諸々。

人は疲れると簡単な事すら間違える。

深夜から早朝シフトは働く方も打つ方も地獄

ディーラーが眠くて配当を少なくプレイヤーに渡しても、プレイヤーが疲れていて見逃す危険もあります。

ディーラーって我々が思っている以上に単純な仕事なので、飽きてる時に信じられない様な単純なミスを犯します。

先日ラスベガスのBJでディーラーピクチャ、自分16。BS通りにサレンダーのハンドサインをしました。

ディーラーはカードをシューから引き出してしまいました。幸い出たカードは5。

ディーラーはOhhh!と言った後、そのまま自分のBOXに配当をつけました。

インスペクター(ピットボス)に確認したら後で怒られますからね。

コレでバストしていたら、自分はハンドサインでサレンダーを申してたので不服申立てをしたと思います。

この間違えがキッカケでそのシューは大きく勝ち越しました。

これはディーラーが疲れていたからラッキーだった訳です。

これがもし自分が疲れて判断ミスをしてまけたら?おそらく転落のキッカケになります。

タダでさえ不利なゲームをしているのに、自分のミスで負けを呼び込む訳ですが。泥坊に家の鍵を渡す。

何もしないからとしつこく誘われて、ラブホに行ってしまう女性の様なものです。

疲れていると単純な事すら間違えますので、休憩と睡眠はしっかりとりましょう。

リラックスしすぎると負ける

ギャンブルしながら食事はしない方が良い。

ギャンブルの合間に食事をチャッチャと済ませてまたギャンブルに戻る。

これはあまりよろしくないかな?と思います。

特にテーブルにチップを置いたまま席を離れて食事をして、また卓に戻るのは最悪です。

早く戻りたいって気持ちで、よく噛まずに、かきこむ様に食べると胃に負担がかかります。

勝った負けたという考え事をしながら、うわの空で食事をしていたら、美味しくありません。

それに卓で「打ちながら食べる」なんて行儀が悪くて最悪だw

パブリックテーブルでモノを食うのはマナー違反だし回りのプレイヤーに迷惑です。

卓で食事をしても良いのは、プライベートテーブルのプレイヤーだけと心得ましょう。

食事をすると副交感神経が優位になりすぎてマッタリしてしまいます。

そんな落ち着いた状態でカンが冴えるとは思えませんね。

まとめ

負けている時は流れを変える為に色々と行動を変えましょう。

でも食事は気をつけて下さい。食事をしたら多少腹ごなしをしてから戦に戻りましょう。

腹が減っては戦はできぬと申しますが、腹が満たされたらバクチは勝てないのです。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました