JALAのJGC修行について考える

2019-11-24

こんにちはカジノトラベラー総統です

来年はANAのDIA修行をする予定でしたが、諸事情があり来年はJALのJGC修行を行う事になりました。

航空会社のステータスの為に飛行機で単純往復をするのはつまらないので、楽しく旅をして解脱したいと考えております。

JGC修行に至った経緯

来年のANAのDIA修行の計画を立てていたのですが、急遽JALのJGC修行に切り替える事となりました。

ANAはブリスベンに直行便が無い

2021年から年に2回程メルボルンに行く予定が入ってしまいました。

今のところ日本からブリスベンへの直行便はワンワールドのカンタス航空しかありません。

インバウンドでオーストラリアからの観光客が激増中の影響なのこ成田でカンタス航空やジェットスターのチェックインカウンター長蛇の列です・

今年体調を崩して入院した時に、自分に残された時間は案外少ないと気付きまして。

待つと言う事に時間と言う資源を投下するのは辞めようという考えになりました。

航空会社の上級会員のメリットで、優先チェックイン、預け荷物のプライオリティタグ。

この特典は貴重な時間を節約する事が出来ます。

優先搭乗はエコノミークラスで荷物入れを探さずにストレスフリーで過ごせる事と、離れた場所の荷物を取るために降機に時間がかかる事もなくなり、時間の節約になります。

急ぐならファーストクラスやビジネスクラスに搭乗すれば良いのですが、まだ移動にそこまでお金を掛けられるレベルではないのです。

ANAは改悪続き

2006年にマイルを貯めはじめた時は、ANAは陸でもマイルが貯めやすく、特典航空券も取りやすいと言われておりました。

それから13年が過ぎましたがANAは改悪に続く改悪。

ここ最近は株主優待券は株主を大してと優待してないレベルになり、去年保有していた株式を売っぱらいましたw

その反面JALは1度経営破綻してから、ようやく民間企業に近くなりサービス面も改善されてきた気もします。

ANAはSFCの国際線のプレエコアップグレードもしれっと廃止しました。SFC修行でステータスホルダーが増えてやむを得ない措置なのでしょうが。

今までSFCが優勢でしたがJGCも見直されてます。もちろん人多くなればANAのように改悪が予想されますが。

それでも今のうちにステータスを取得すれば5年10年はメリットを享受出来るかな?と思います。

スターアライアンスに縛られると旅の幅が狭まる

13年前にマイルを貯めてから、ビジネスにファーストに乗りたい一新でマイルやポイントを貯めながら仕事も頑張って来たお陰で今比較的自由な生活があるのですが。

最近はマイルや優先搭乗等があるから、スターアライアンス系に固執していましたが、時間や旅の幅に自ら制限を掛けているなぁと思いました。

自分を縛られる事を嫌う自分が、マイルや特典の為に旅に制限をかけるのはいかがな物かと。

旅は自由であるのが1番かなぁと

ポイントやマイルに縛られたら本末転倒だと思いながら勿体ないと言う気持ちでスターアライアンスに乗り続けていたのを見直すいい機会かなと思いました。

新しい事を経験したほうがいい

新しい事を経験すると脳の活性化に繋がり、ビジネスのアイディアや新しい発見をする機会に繋がると考えてます。

人間1番怖いのが、いつ場所で、いつもの人と、いつもと同じ事をする様になった時です。変化しない事は居心地良いですが、新しい発見が無くなってしまいます。

人間新しい発見が無くなると一気に老けますので、老化防止とボケ防止の為にもJGC修行は良いと考えてます。

JGC修行方法

行った先で必ずギャンブルをする

総統的はカジノと旅にテーマを置いてますので、立ち寄った現地で必ずギャンブルをする事を絶対的な条件にしたいと考えてます。

海外ではカジノ、国内はパチンコ、パチスロ、公営ギャンブルと合法の範囲内でのギャンブルをチョイスします。

出来る限り金額的効率の追求

お金をジャブジャブ突っ込んで修行解脱したところで、次に続く誰かの為になる記事はかけません。

出来る限り金額的な効率を追求しながら、体力的に負担にならない日程を組もうと考えてます。

旅費に金かけるなら、カジノで多く賭けたいです。

最後に

JGC修行をするとは思ってませんでしたが、これも良い経験ですね。

ルートや日程が決まり次第記事を書きたいと思います。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました