2020年 グランドサークルドライブ旅行3日目 ホースシューベンド‐アンテロープキャニオン‐モニュメントバレー編

2020-03-23

総統です(@soutou_casino)

聖地ラスベガス巡礼とグランドサークルドライブ旅行に行ってまいりました。

3日目はブライスキャニオンから出発して。

ホースシューベンド→アンテロープキャニオン→モニュメントバレーと周ります。

初日 日本からラスベガス移動編

2日目 ザイオン‐ブライスキャニオン編

グランドサークルドライブ3日目

3日目は午前中が若干タイトなスケジュールで

・7時ブライスキャニオン発 
・10時ホースシューベンドシュー着
・ホースシューベンドシューに滞在45分
・アンテロープキャニオンツアー集合場所に11時15分着
・モニュメントバレーに移動

移動はブライスキャニオンからホースシューベンドベントまで157マイル/251km。

休憩を挟んで3時間ちょいで走破可能。

ホースシューベントからアンテロープ経由でモニュメントバレーまで150マイル程・

全行程は地図上で5時間280マイルですが、あちこち寄ると300マイルは超えそうです。

途中で休憩挟んだとして運転時間はトータル6時間位ですね。

アンテロープキャニオンのツアーの予約時間に間に合うか心配ですが、遅れそうならホースシューベンドを後回しにすれば良いかな?

9度目のラスベガス訪問で初

アンテロープアンテロープキャニオンは以前から行ってみたいと思っていましたが。

ラスベガスから車で片道6時間の距離は日帰りだと、敷居が高く中々足が向きませんでした。

病気を経てから人生は元気なウチに楽しまなきゃ!と考える様になりまして、今回ようやくアンテロープキャニオンに訪問する事となりました。

ラスベガス起点の日帰りツアーだと早朝発の深夜帰着で時間も長いし、ツアー料金も高いのでレンタカーで1泊して行った方が楽な気もします。

朝6時に起床し支度して食事を済ませチェックアウト。

駐車場の車に向かうとフロントガラスがカッチコッチに凍っています。

スクレイパーも代用品も無いのでアイドリングしながら暖房でフロントガラスの氷を溶かしました。

時間に余裕があればブライスキャニオンで日の出を見たかったのですが。今日は予定がタイトなので、そのままホースシューベンド方面へ向かいます。

運転中にバックミラーが突如明るくなったので何事か?

と思いバックミラーに目を向けたら水平線上から太陽が昇っていたので車を停めました。

日の出を見るのは何年ぶりかな?

氷点下で空気が澄んでいて大変素晴らしい光景でした。

前日通った「レッドキャニオン」も明け方だとまた違った表情を見せてくれます。

暫く走ると残雪が消えて、荒涼とした景色が広がります。

走る事3時間。

ホースシューベンドオーバールックに到着しました。

ネットの情報ではホースシューベンドシューの駐車場は無料とありましたが、停めた場所が違うのかな」?

入口で駐車場代?を徴収されました。

車を停めて歩くこと15分。

断崖絶壁の先に「ホースシューベンド」が現れました。

出来るだけ前に行って迫力ある風景を撮影をしたかったのですが・・・・

小心者の総統は足がすくんでしまいました。あと3歩が踏み出せませんでした。

しかしこの絶景・・この湾曲は一体どうして出来てのだろう?

パノラマで撮影をしていたら、断崖絶壁に足を乗り出す若者カップルを発見!

自分も這って足を乗り出して真似しようと思ったのですが

やはり腰が引けてしまいます・・嗚呼チキン!チキン!チキン!

スマホで撮影した画像じゃこの絶景が伝わらないかもですが。

実物は圧巻&圧巻です!

これは是非ご自身の目でお確かめ頂きたいです!

アンテロープキャニオンへ

ツアー集合場所に30分前に無事到着出来ました。

何か乗り物に乗ってアンテロープキャニオンまで行くのかと思っていたら、受付から歩いて5分で行ける距離でした。

これなら15分前に到着でも余裕だったかな?

受付を済ませて時間までベンチに座って待っていると・・・

何やら怪しげな音楽と共に突然パフォーマンスが始まったので動画を撮影開始。

器用に輪っかをくぐる

まとめる

途中で失敗して微妙なパフォーマンスでしたw

動画を撮影したので、チップは払わないとなと思い、財布を見たら5$しかございません・・・

1$で充分なのに5$をチップ入れに置いてきました。

ツアーが終わった後にまた、同じ人がパフォーマンスしておりましたが、その時はノーミスの物凄いパフォーマンスでした。

パフォーマンスが終わった頃にツアー開始の時間となりました。

ガイドの女性に着いて行きます。

歩くこと5分で階段が現れました。

結構急なこの階段を下に降りると

幻想的な別世界がドーン!

ドーン!

ドーン!

コレはゴーン!

アンテロープキャニオンの画像はネットで何度も見たことありますが、実物は凄すぎてワロタw

もの凄い世界!想像以上に物凄い!

人間が作り出した建築物や芸術も素晴らしいと思いますが。自然が作り出したの造形美にはかないませんね。

圧倒的な凄さに思わず「スゲーww」声出てしまい、ガイドさんと他のツアー客に笑われました。

だって凄いんだものw by そうとう

道中撮影ポイントになると、ガイドさんが撮影をしてくれました。

ベストな撮影ポイントを熟知してますので、良い写真を何枚も撮って貰えますよ。

ガイドの子はiPhoneユーザーで使い方に長けていて、広角、パノラマと使い分けていました。

アンテロープキャニオンの撮影でオススメはビビットだそうです。

自分達の後ろのグループは別会社らしく、撮影は各自セルフで行っておりました。

Dixie Ellis’ Lower Antelope Canyon Toursでツアーをに申し込んで良かったです。

あっと言う間の60分でした!

ホント素晴らしい世界を体験をする事が出来きました。

こんな狭い所から地上に戻りました!

帰国後改めてこの画像を眺めて、ヒトは誰しも、お母さんの狭き門から出てきたんだと思い出し、母親に感謝しました。

アンテロープキャニオンは現地ツアーがオススメ

アンテロープキャニオンは現地まで自力移動して現地のツアーに参加するのがオススメです。

自分が今回利用したツアー会社は

Dixie Ellis’ Lower Antelope Canyon Tours 

2人で約110$でした!超オススメですよ!

隣の敷地にKen’s Tours というツアー会社がありました。

帰国後検索したらこちらも人気のツアー会社も人気みたいです。

ラスベガス発のホースシューベンドとアンテロープ日帰りツアーは1人250$~と結構なお値段です。

ツアーは楽で良いですが2人3人と家族の人数が増える毎に値段が高くなりますね。

ラスベガスからだと日帰りだと1日の殆どを移動時間に費やすので大変そうな気もします。

年齢的な体力的低下が理由ならツアー1択で良いと思いますが

異国での運転に不安に感じて、ツアーを利用しようと考えているなら、レンタカーを借りて自力で行って1泊するのがオススメします!

車の運転なんて誰でも出来ます!アメリカのドライブは1本道なので余裕です!

最初は不安でも1−2時間も運転すれば慣れます!

1泊すればモニュメントバレーも射程内に入りますし、レンタカーを借りて1泊2日がオススメです!

グレンキャニオン

モニュメントバレーに行く前にグレンキャニオンダムを見学。

橋からの眺めも良い。車が通ると橋が揺れて結構スリリングでした。

安全確認して橋の真ん中で撮影しました。

巨大建造物って魅力的ですよね。

モニュメントバレーへ

日没間に合う様にモニュメントバレーに向かいます。

途中カイエンタの街に立ち寄って給油と運転中のおやつを買いにスーパーへ。

ジャーキーがセールで5$と安かったのまとめ買い。

しかしアメリカのお菓子って色からして体に悪そうな色してますね。

160号線から163号線に入って暫く走ると。

だんだんとそれっぽい景色になってきました。

さらに暫く走っていると山が赤茶けた色に変わる。

映画フォレスト・ガンプやバック・トゥ・ザ・フューチャーで見た景色が目の前に!!

ここがモニュメントバレーか・・・

遠目から凄いけど近くに寄ったらもっとすごい!

モニュメントバレーTHE View Hotel 

3日目の宿はモニュメントバレー THE View Hotel。

モニュメントバレーの絶景が客室のバルコニーから堪能出来る超人気のホテル。

ハイシーズン中は1年前から予約が埋まってしまうそうですが、実際に宿泊してみてそれも納得!素晴らしい宿泊体験ができました。

今回利用したのが2クィーンのプレミアムビューの部屋で1泊227$朝食付き。

冷蔵庫、電子レンジ、コーヒーメーカーなど一通り揃ってますが、ミネラルウォーターは別途です。

とにかくバルコニーからの眺めが素晴らしいのホテルです。

見て下さいよ!この絶景を

ナバホ自治区はお酒が売って無い

日没をビール片手に楽しみたいと思いホテルの売店へ行ったらノンアルコールビールしか売ってません。

普通のビールは?と聞いたら「ナッシング」と一言。

えー!ホテルにビール無いのか!

ネットで検索して最寄りのスーパー(約6マイル)を発見したので向かう事に。

スーパを隅々まで探して見つかったのはノンアルコールビール・・・

カイエンタのスーパーにもスタンドにもビールが売って無かったけど、ホテルにも無い。

ナバホ族自治区はお酒禁止なんじゃないか?と疑問が湧いたのでスマホで検索してみました。

日本でレンタルしたWi-Fiが全く使いモノにならず。ホテルに戻って調べてみたら。

ナバホ族の自治区内はお酒の販売が禁止されているとのことでした。

お酒が無かったら手持ち無沙汰なので、せめてノンアルコールビールをと思い購入しました。

スーパーから帰る途中で水平線に太陽が沈みかけだしました。

ありゃりゃホテルのバルコニーでサンセットを眺める予定が・・・と思いましたが。

バルコニーと反対側に日が沈むので問題無し。駐車場からサンセットを堪能しました。

部屋のバルコニーからモニュメントバレーを眺める。

ホント凄いなコレ・・感動して涙こそ出ないが、夕焼けと夜のグラデーションが絶妙で息を飲む。

これでお酒があれば言うこと無かったw

と思いましたが案外ノンアルコールビールでもイケるものですね。

最近の研究でノンアルコールビールでも脳がお酒と錯覚して酔いを感じるとか。

日没から1時間半眺めてますが全然飽きないです!

今日1日で物凄い絶景を沢山見たな!絶景インフレする位に見ました!

完全に日が暮れる瞬間の景色も素晴らしいです。

ナバホ族料理

日が暮れてお腹が空いたのでホテル併設のレストランへ向かいます。

アメリカのメニューって基本文字だけなのでイメージがつかみにくいです。

チキンウィング、サラダ、オススメのナバホ族料理とノンアルコールビールを注文。

忙しい様で料理は注文してから結構待たされるが、こういう時は会話を楽しめばよろし。

暫くして料理がやってきた。

ドーン!

しまった!超アメリカサイズだ・・・

久しぶりにやってしまった!絶対食べきれないパターン。

食べきれない時はバッグを貰っってto goすれば良いですが、冷めたら微妙なモノばかりかも!

手前のスープとパンみたいなものが、ナバホ族の伝統料理との事。

見た目から微妙でしたが食べてみたらなかなかイケるんだなコレが。

揚げパンみたいなモノが単品だと凄く微妙ですが蜂蜜を付けてみると・・

アラ不思議!科学反応起こしたのか?とても美味しくなります。

美味しいけど炭水化物と油の組み合わせは太るので半分で我慢するつもりが・・

後を引いて止まらないwアディショナルタイム突入

結局3分の2も食べてしまいました。

値段はチップ別で63$、食事の内容の割には安い気がするよ。

夜になってロビーの暖炉にも火が入りイイ感じに

星空観賞

食事の後は部屋に戻ってバルコニーから星空を観賞。

部屋の電気を消してバルコニーに出て目が慣れて来ると空一面が星だらけだ!人生で夜空でこんなに星を見たのは初!

流れ星はビュンビュン飛んでる!と思ったら飛行機の翼端灯でしたw

1時間位眺めてたら大きな流れ星が目の前で流れた。今度は本物。

奥様は3度流れ星が見えたのと事です。

iPhone11の夜景モードで夜空を撮影してみたら、結構イケてますね。

星を眺めていたら23時になりました。

世界最高と言われるモニュメントバレーの日の出を見逃さない為に就寝。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

4日目 グランドキャニオン→セドナ編に続きます