雲の上のカジノ マレーシア ゲンティンハイランドカジノ

2020-03-23

総統です(@soutou_casino)

マレーシアのカジノリゾート「ゲンティンハイランド」に行って参りました。

日帰りの短時間実践の為1つのカジノしか訪問出来きませんでしたが、雰囲気などお伝え出来ればと思います。

ゲンティンハイランドカジノ

アクセス方法

KLセントラル駅から車で1時間程

鉄道が通ってませんので「タクシー」または「バス」を利用して向かいます。

総統はグランドハイアットから「Grab」を利用し約1時間で到着。

料金は77.5RM(当日1RM=26円 約2015円)でした。

バズはKLセントラル駅、B1Fのバス乗り場から、1時間に1本のペースで出ている様です。

スカイウェイの乗車券込で12RM程と激安ですが、KLセントラルに行く時間。

バスの待ち時間などを考慮すると、Grabタクシーを利用した方が時間も節約出来て楽だと思いました。

KLセントラル迄のアクセス状況、旅の予算に応じて、自分に有った方法で行かれると良いかと思います。

スカイウェイでアクセス

山の中腹からゲンティンハイランドまで直通のスカイウェイ(ロープウェイ)が運行しています。

乗り場はバスターミナルからと、アウトレットパークから2箇所有るようです

自分はアウトレットパークでタクシーを下車

スカイウェイの乗り場「Awan Station」に向かった所。

ガーン!なんとメンテナンスの日で運休でした 。

仕方がないのでGrabタクシーを呼んで山頂に向かいました。(料金11RM)

スカイウェイの駅より上は急カーブが続きます。

キツイカーブが続きます

右に左に、左に右にと揺られて居たら、車酔いしない総統でも結構しんどかったです。

特段の事情が無い限り、スカイウェイ利用をオススメ致します。

帰りはバスターミナルの駅「 gohtong jaya」行きのスカイウェイを利用しました。

熱帯雨林のパノラマは迫力満点ですね!

帰りのスカイウェイの乗車賃を失念してしまいましたが、確か1人9RM位の記憶

カジノ入場について

カジノは21才から入場可能で入場料は無料

スーツケースや大きい荷物の持ち込みは不可

ドレスコードは特にありません

クロークは無く荷物はコインロッカー(有料)に預ける事になりますのでご注意を

メンバーズカードについて

メンバーズカードは入り口のカウンターで発行してもらえます。

作成に辺り要パスポート

メンバーズカード作成にあたり、書類に必要事項を記入が必要。

職業、会社名、業種、役職、本人以外の緊急連絡先メールアドレスなど、詳細に記入を求められました。

申し込みから発行するまで10分程かかりました。

メンバーズカードを作るとクーポンブックに、マシーンで使えるフリープレーが貰えます。

フリープレーはメンバーカードにインクルードされます。

クーポンブックはレストランや買物で使えるクーポン等がありました。

フリープレー利用はアクティブ化が必要。

1234とピンコードを打てばアクティブになると説明でしたが、上手く行かず、結局使わずに終わりました。

登録不要のビジターカードも館内で配布されております。

メンバーズカード作成手続きが面倒な方はコチラを利用すると良いかも知れません。

ポイントを貯めるとカジノ内のフードコートで無料でお食事ができます。

キオスクでバウチャーを発行してかフードコートに持っていけばOK

ハイリミットエリアに入るにはゴールドカードが必要。

今回の滞在で自分は30ポイントしかたまりませんでしたが、ゴールドカードの敷居はそれほど高くないと感じます。

カジノのゲームやレート

カジノ内のテーブルゲームはバカラ、ルーレット、ブラックジャック、3カードポーカーなど。

ポーカールームは有りませんでした。

マシーンは、スロット、ライブルーレット、ライブバカラなど

バカラはミニ50RM〜で平場の台はオールフェイスアップで毎ゲーム1枚バーンカードあり。

ルーレットはインサイドのミニ20RM〜シングルゼロのヨーロピアンタイプ

スロットは10セント〜Good fortune系が大人気

ドリンクやフードについて

水やコーヒーはドンクバー形式で無料。

アルコールは有料で缶ビール1本19RM

食事は有料ですが、ポイントを貯めればで無料で食べれます

ゲンティングランドカジノ実践日記

天空のカジノ

今回はJAL JGC修行がメインで滞在日数も短いので、カジノは短時間の実践。

ゲンティンハイランドのカジノは日本でネットで検索しても、基本的な情報しか見つからず。

リゾカジに貴重なカジノレポあるのですが、少々情報が古いのが難点です。

日本からカジノ目的で飛ぶならマレーシアよりも、断然シンガポールに行く方が多いと思われます。

マレーシアカジノの情報が少ないのも仕方ないですね。

画像は公式サイトから引用

スカイウェイが運休でタクシーにのって山頂へ

タイトコーナーの連続で猛烈に揺さぶられる事10分程。

ゲンティングランドホテルのカジノに到着しましたが、車に揺られすぎてこの時点で疲労困憊・・

山頂へのアクセスは、スカイウェイ利用を強くオススメします。

あまりに揺られてグロッキーで、ホテルの外観撮影とか面倒になってしまいました。

ホテルの外観をぱっと見た時は平成初期の雰囲気ですが、館内はとてもキレイです。

カジノへはエスカレーターを登って2F向かう

最初に入り口でメンバーズカードを作成しましたが、記載項目が多い!

過去に発行したメンバーズカードの中で最強に面倒でした。

カジノ入り口

カジノ内の雰囲気は一昔前の、ザ・カジノって感じでイイ感じ。

入り口はチャイナチック。中はヨーロピアン風とチグハグ感が良い味をだしております。

館内は平日の日中にも関わらず大盛況でした。

バカラで長ツラが出ているテーブル2重3重の人だかりで、バックBETすら困難です。

人だかりの卓の罫線をモニターを見るのも一苦労します

喫煙可能ですが、空調があまりよろしくないようでして、タバコ苦手な人はキツイかも知れません。

タバコ吸いながら立ち見してる客も多く注意してないと、不意な根性焼きボーナスを貰う危険性アリです。

最新機種と古い機種が入り交じっております。

流石にコインレスでしたが、下皿付きのブラウン管モニター台がまだまだ現役。

昔ゲームセンターのコインゲームで遊んだスロットがあった。

懐かしの8ラインタイプ、枠下にジョーカーが止まると上によじ登ってまた落ちるやつw

コインレス化されているけど、下皿がまだ残っている。

カジノでの両替について

今回、日本円をホールドしようと思いキャッシャーに行ったのですが。

日本円の両替レートの記載すら見当たりませんでした。

日本で事前に調べた情報ではホールド可能との事でしたが、総統の英語力では交渉に難儀しそうです。

面倒だったので、ATMでキャッシングに変更しました。

ATMで1度に引き出せる金額が1,500RM(約39,000円)迄と少々手間。

ATM手数料は無料なのか?取引明細には記載が有りませんでした。

マレーシア人のスロットの打ち方について。

スロットはシンガポール同様Good Fortune系が大人気

シンガポールのプレイヤーと同じで、台毎のプログレッシブJackpotが貯まっている台を狙って、プレイしている様子です。

一度着席したら出る迄ORパンクまで、ひたすら回している印象でした。

大きく貯まっている台の後ろには、エナ狙いっぽい人もちらほら。

離席の時はモノを置いたり上着を置いてキープしてたりと、、、、

なんだろこのデジャヴ!と既視感は・・・・

日本のパチンコ屋!!

マレーシア人と日本人は感覚が近いんですかね?

館内をぐるぐる回って2,500RM貯まっている台を発見したが、タッチの差で座られた!

ちくしょー!躊躇せず着席すれば良かった!

スロット生活者の時は他人が躊躇してる時はデータランプポチポチしている時でも、

容赦無くタバコや携帯をサイドスローで投げ込んだものですが。

最近ガツガツ感が全く足りてないな!賭場はカネの奪い合いなのに!

バカ!バカ!バカ!と反省していたら、奥様が一言

「そんなガツガツして打つのもどうなのよ?」

あ!はい・・・そうですよね・・そんなに期待値変わらないしね・・

カジノ内をぐるぐる回って1400RM程貯まってる台があったので着席。

この台フリーゲームは当たるけど、イマイチ伸びない感じ

最初に下ろした1,500RMが無くなってしまい、ATMでもう1,500RMお代わり。しかし出ない・・

Jackpotは1,500RMまで自力で増やしてしまった。

さらなるこの既視感は一体?

奥様が反対側の1,800RM貯まってる台が空き台になったと教えてくれたので台移動をする事に。

台を離れた瞬間に隣のプレイヤーが総統の打っていた台に即着席。

頑張って出してくれ!総統は1,800RM貯まってる台を出してきます。

1,800RM貯まってる台に向かったら、なんとタッチの差で他の人が素早く着席!

不覚!不覚!不覚!バカ!バカ!バカ! 

メチャクチャ悪手を打ってしまった、自らの不注意で不利な状況を招いてしまった。

タマの飛び交う戦場で棒立ちしたようなモノだ!

何たる不覚!こういう場合の正しい行動は・・・

まず総統の台に奥様を座らせて台をキープした上で1,800RMの台向かうべきだった。

狙い台を取れない上に、シマで2番目に期待値の高い自分の台まで奪われるとは・・・・

反省!反省!反省!反省!猛烈に反省!

バクチって些細なミスが命取りになってしまう事があるので気をつけねば・・・

Good Fortuneのプログレッシブ狙い作戦について

プログレッシブJackpot狙いのカニ歩き作戦ですが。

日本のスロットみたいに一定条件からペイアウト率が100%超える訳ではございません。

少しでも多く積み上がってる台を狙って、打つことで負けを減らす!

一見アグレッシブに見えますが、実は非常にネガティブな作戦なのです。

シマの中で出来るだけ多く積み上がっている台を選んで打つ!

ハウスがペイアウト率を公表してない以上、損益分岐点が割り出せないのが痛い所。

天井昨日が搭載されいる訳ではないので、打ち続けて出ないとパンクするリスクも充分にあります。

総統は過去に1日3回当てた事もありますが、1日中粘って当たらない事もあります

出るまでやるよりは、適当にヤメた方が良いかもしれませんね。

画面デカすぎ問題

ぐぬぬぬ・・・立ち回りとしては不覚の限りでありますが、致命傷になった訳じゃ無い。

むしろ色々な台が打てるチャンスだ!気を取り直して別の台を打つとしますか。

短期決戦だからプログレッシブ搭載してないマシーンの方が良いかも知れない。

と前向きに捉えて画面が超デカイGood Fortuneに移動する事に。

総統はノーテンキなのです。

さっきのGood Fortuneは88BETですが、こっちは50BETなので比較的穏やかに打てそう。

しかし画面がデカイですな!コレはデカすぎる!

椅子が固定式なので普通に座ると画面が近すぎる。

少し斜めに下がって、左の肘を背もたれに掛けて座ると、丁度良い感じなのですが、非常にお行儀悪く見える。

打つ→出ない→酒が飲みたくなる。しかしここのカジノはビールが有料!

しかも1本19RMとお高くて非常に残念である!

しかもビール打ってる売店は1箇所で、自分で買いに行かないと行けない!

ドリンクレディーなんてモノは存在しないのであります。

猛烈な勢いで飲んでる訳ではないのですが、2時間でビールは5本目ずつ。

ビール代で既に5,000円以上使っております。

ついでにATMで3度目の現金のお代わり、いや・・お借入に走る。

お代わりするのはビールだけにしておきたいモノです。

しかし画面がデカイだけで、全く出る気がしませんなこの台・・・

出る気がしないと一瞬でも思ってしまったのでさっさと移動する事に。

ルーレット大人気過ぎ問題

マレーシアのカジノに来て驚いたのが、稼働しているルーレットの台数が半端ない。

総統が過去に見たカジノの中でダントツの設置台数と稼働と人気

ルーレットだけで確かオープンしている卓が10台程あったと思う。

平日の昼間でこの状況ですがら、夜や週末はさぞかし凄い事になってそうですね。

シングル0のヨーロピアンタイプでインサイドのミニ20RM(約500円)と結構なレートですが混雑しています。

ミニが低いライブルーレットも大盛況!

国民性なのか?地域性なのか?

バカラも大人気

バカラで長ツラを求め、ぐるぐる回遊魚の様にカジノを徘徊します。

ツラが続いてる卓は人が多すぎて賭けるのも一苦労のようです。

バカラのシマを彷徨っていたら、総統的はメチャクチャ良いと思う罫線の台を発見。

Pを挟んでBBBといった感じで割とキレイに伸びている様に見えます。

このテーブルで打ってみます。

Playerに気合の500RMを1発BETであっさりが勝つプレイヤー!

次はBankerに500RM置いてコレも勝ち 

6半卓なのでノーコミッション

どの様な理由なのかは謎なのですが、プレイ毎に1枚バーンカードを捨てるので、変な感じ。

次戦なんだか忘れたけどあっさりPlayerに負けた。

数ゲームルックしてから、Bankerに置いたら6半で250RMの払い出し。

6半って微妙だな・・勝ちは勝ちなのですが。

次のゲームは250RM置いて勝ち、、予想だけしてルックしたら的中。

なんか勝ってるけど何かチグハグしてきました。

プラス1,000RMになった所で卓を離れる。

バカラで100$を元手にして1,000$勝つのは難しい。

ちょっと話ズレますが。

バカラで100$を元手にして1,000$に増やすって相当難儀だと思いませんか?

勝ったら次回全部賭ける場合

1勝でプラス100$ 50%

2連勝でプラス300$ 25%

3連勝でプラス700$ 12.5%

4連勝でプラス1,500$ 6.25%

途中で1回でも負けたら終わり。

数字だけぱっとみたら2連勝25%はイケそうな気がしますが。

4連勝となると厳しい様な気がしますね。

必殺他人任せ

バカラのチップをキャッシュに戻してスロットへ

Good Fortuneに着席して暫く回してたら喉が乾いたので、奥様と変わって売店にビールを買いに行く。

台に戻ったら大きめの払い出しの時の音楽が鳴っている。

あらら龍が沢山揃っているよ!予告もなく、いきなり揃ったとの事。

3,240RM(約84,000円)の払い出し

奥様の方がギャンブル強い様な気がしてきたというか、絶対強い。

総統の変わりに全部打って貰ったほうが良い。

自分で打って勝てないなら他人任せにしたほうが良い。

バカラの勝ちと合わせてプラ転しました!

とりあえず記念撮影してキリが良い所で撤収!

先日のラスベガス遠征の時Majorが揃って370$でしたが、ココで揃ったら280万円になりますね。

多分確率が全然違うと思うので簡単に出現しないと思いますが。

いつかGRANDボーナスをブチ当てて記念撮影したいです!

再両替について

キャッシャーで換金したら全部50RM札で渡されて財布がパンパンに。

再両替をどうするかですが、カジノのキャッシャーは日本円のレートが表示されていないので不明。

レートだけ聞けば良かったのですが、キャッシャーが結構並んでいたので面倒になってパス

市内の両替所でレートを比べて良い所で行いました。

おまけ カジノのフードコート

カジノの中にフードコート有り 

ポイントを使って食事が出来る様でして、皆さんキオスクからバウチャーを発行してました。

自分はポイント貯まる前にお腹がすいたので自費でたべました。

20RMで3品オカズをチョイス出来ます。

料理はなかかな美味しかったですが、ビールがもうちょい安かったらな・・

支払いの時にメンバーズカードを出すとポイントが貯まります。

まとめ

雲の上のカジノゲンティンハイランド

これぞThe 賭場という感じで、なかなか良いカジノでした。

ネックは空港も市内からのアクセスが悪い事かな?

空港から2時間、市内から1時間は気楽じゃないですね。

ゲンティンハイランドは規模が大きく、他にもカジノがありますので、日帰りでは無く、もう少し日数に余裕を持って滞在したかったなと感じました。

カジノ旅行目的ならマレーシアよりお隣シンガポールになっちゃいますよね。

マレーシアのカジノのレポがネットで少ない理由はココが全てかなとおもいました。

前回のラスベガス戦に続き2連勝でございます(ショボいながら・・・)

間髪入れずに3連勝と行きたい所なのですが。

コロナウイルスの影響で1−2ヶ月はカジノのあるエリアに渡航出来なそうな雰囲気です

自分はこの気に放牧して英気を養おうと思います。皆さまも健康にはどうぞお気をつけてくださいね!

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。