2019年11月 圧巻のIRオカダマニラへ 準備~到着編

2019-11-25

Kamusta!カジノトラベラー総統です 

@soutou_casino)

2019年11月11日~13日の日程でフィリピンのオカダマニラに行ってまいりました。

この記事は日記ですが、先に役に立ちそうな情報をまとめましたのでご覧頂けたら幸いです

あまりの見せ場が無い戦いでして、先に役に立ちそうな情報をまとめました。

オカダマニラのローリングプログラムに関しての記事はコチラ

フィリピンペソの両替とオカダマニラのレートの良い両替の記事はコチラ

株主優待券を使用してで1泊65万円のスイートに宿泊した記事はコチラ

フィリピンオカダマニラ戦

怪物 岡田和生 元ユニバーサル会長がフィリピンの地に放った巨大IR オカダマニラ

男一代の夢の全て具現化したIRは圧巻で圧倒的な存在感を放つ!

金ピカのホテルにケバケバしいピンクの内装にOKADAと自らの名をホテル名に冠している。

スティーブ・ウィンがラスベガスに創ったベラージオとウィン・ラスベガスと日本のラブホテルを足して3で割った様なケバケバなホテル

セガサミーホールディングスの里見会長が出資した仁川パラダイスシティは洗練された大人のリゾート。

どちらが良いとは甲乙つけがたい。

洗練された大人のリゾートはパラダイスシティ

古き良きバブルを感じるのはオカダマニラ

IRのスケールで比較するならオカダマニラの圧勝

男なら岡田和生の様な夢を追いたいものだ!

準備編

10月にANAの減額マイルキャンペーンでフィリピン行きの特典航空券が16,000マイルで予約可能だったので前から興味があったオカダマニラに行く事に

マイル減額の記事はコチラ

ローリングプログラム参加でルームはカジノレート又はコンプで提供される可能性大でしたが、不確実なのは不安で色々とネットで調べていたらオカダマニラの株主優待券を発見。

ヤフオクで700円で購入して非株主でも優待券が実際に使えるか試してみる事に

株主優待券利用の記事はコチラ

優待で予約出来る一番高い部屋 1泊4万円のスイートを予約

結果的に優待券は使えました。あまりカジノに予算を使いたく無いけどゴージャスに滞在したいならオカダの株主優待券オークションで購入がオススメです。

宿泊予約課からカジノマーケティングに繋いでもらい、ローリングプログラムを手配

データシムは韓国同様にアマゾンで880円で購入

周遊タイプなのに随分と安いね。

フィリピンペソの調達は現地が最もレートが良いので、現地で行う事に

フィリピンは治安が悪いのでついでにウエストポートを購入したもですが、コレが抜群のフィット感

カジノのチップとプレイヤーカード入れに丁度良い

600円の安物と画像の2000円の物を購入したのですが、断然2000円のこちらがオススです

当日編

前日に飲みすぎてしまい行きは奥様に運転してもらって助手席で居眠りを。月曜日の朝は中央道が大混雑で羽田まで2時間かかった。

ココ最近月1−2度は利用している羽田のANAラウンジ。

いい加減飽きて来たので来年はJAL修行しよう。

機材は787 ビジネスクラスはスタッガードシートタイプだ!まぁ4時間ならエコで全然余裕

エコでも足元広々!行きの搭乗率は9割位

機内で食事をしてアルキメデスの大戦見ていたら、あっという間にニノイ・アキノ国際空港に到着

総統のネームプレート持ったオカダマニラのスタッフにオカダマニラ専用ラウンジに案内される。

ペリエ注文した瞬間に車の用意ができたとの事wペリエ飲む暇もないや・・・

送迎はオカダマニラカラーのアルファード

ペソ持ってなくてチップあげられなくてドライバーごめんよ

フィリピン名物の大渋滞の中、空港から走る事20分

オカダマニラが見えてきた!

ゲートは機関銃もったセキュリティと爆弾探知の犬という物々しい雰囲気。

フィリピン治安悪いからね

セキュリティゲートを抜けてホテルに入るとココは桃源郷か??

顔が小さくてオッパイぼよよんなモデルみたいなお姉ちゃんにウェルカムドリンクとおしぼりをもってきてくれる。

ロビーの生花がまた華やか。

チェックイン諸々は専属スタッフがやってくれた

部屋の用意にもう少し時間がかかるので、ラウンジで待っていたら日本人カジノホスト登場

年のは総統より先輩かな?速歩きでハキハキ喋って仕事はキッチリかつユーモアが有る方でした。

ローリングプログラム開くまで書類のサインやローリングチップの交換などで20分位かかります

チェックインまでの待ち時間でオカダクラブ内でローリングプログラムを開始していたら、部屋のチェックイン時間に。

最初にチェックインの手続きをしてくれた女性にアテンドされて部屋へ向かうエレベーターの中で部屋のアップグレードを告げられる。

1泊8万のエクゼクティブスイートを株主優待で半額にしたが、その上の部屋って??

オカダマニラのポスターカードにもなっているマニラベイスイートであった!!!

公式サイトでは1泊65万円 これが2泊で130万円!だがこれは表面上の価格

カジノレートでもっと安く出ると思われます。

しかし部屋は広いのですがディテールが微妙というか・・

中国企業の普請なので細部の仕上げは適当

滞在中下部の屋上お防水工事をしていましたが、オープンから2年過ぎて防水塗装とは。

配線はせめてモールを使って隠してほしいかな・・

アメニティは普通の部屋と同じ。

シェービングキットは日本の安ビジネスホテル仕様の2枚刃のスムーサー無し。

スイートならジレットの3枚刃の使い捨てが最低限かな?

いまどき2枚刃でちん毛の処理もしませんよ!

素晴らしいホテルなので今後に改善に期待したいです。

バンクロール

今回の予算は200万円+予備50万

最初に200万円でプログラムを開いて92万ペソのローリングチップを購入しました

ビスケットはテンションあがりますね。

さてと元アルゼ(現ユニバーサル)の資本ホテルでかっぱいでヤルぜ!w

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました

実践編に続きます