ハイアットリージェンシー瀬良垣で超絶アップグレード!ハーバービュースイート宿泊記 2021年9月 沖縄旅行♯2

2021-10-18

総統です(@soutou_casino)

緊急事態宣言中でしたが約3ヶ月ぶりに沖縄へ行きました。

ハイアットのグローバリスト修行をした際に獲得した、カテゴリー1〜4の無料宿泊の特典が期限を迎えそうなので、アワードを利用してハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドへ宿泊しましたのですが・・

超絶アップグレードされました。

この記事は4泊5日の日程の後半2泊になります。

前半の記事はこちらから読めます。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

ブログの詳細は動画にもまとめましたのでこちらもよろしくお願いします。

グローバリストで無料宿泊アワードでの宿泊

緊急事態宣言下とはいえ、週末の沖縄のリゾートホテルは平日料金の1・5倍〜2倍は当たり前です。

今回ハイアットリージェンシー瀬良垣も週末は平日の2倍以上でしたが、我らがハイアットは無料宿泊アワードの利用の除外日が無いのでありがたく利用させて頂く事にしました。

当日移動〜チェックインまで

前半2泊は「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」に滞在しました。

ホテルの設備や非日常感はハイアット瀬良垣に軍配が上がると個人的に感じますが、ビーチはヒルトンの瀬底ビーチが凄すぎて反則でした。

瀬底島

ヒルトンをチェックアウトし瀬底島を後にしてから

備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木に立ち寄り観光を少ししてから

瀬良垣のなかむらそばで昼食を済ませた後、ハイアットリージェンシー瀬良垣にチェックインします。

車寄せで名前を告げると今回はバレーパーキングなので、こちらで車をお預かりしますとの事です。

車と荷物を預けクラブラウンジでチェックインを済ませて鍵を受け取ります。今回のお部屋は704号室との事です。

以前グローバリスト特典でアップグレードされたお部屋は、エレベーターから1番遠い部屋でしたが、今回の部屋はエレベーターを降りてから左側の突端と割と近めの部屋の様です。

部屋の扉を開けてみたところ、、え?なにこの部屋?広すぎるんですがwwww

ハーバースイート

過去の2度のアップグレードと違い今回はハーバースイートをアサインされました。

リビングルームはソファとダイニングテーブルが別々になっているタイプです。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

リビングルームテーブルから別角度で。

リビングルームと寝室が区切られている正真正のスイートルームです。

洗面が丸見えですが、ウェットスペースとベッドルームは引き戸で仕切る事が出来ます。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

引き戸で仕切るとこんな感じになります。

客室面積は約79㎡との事ですが天井が高いので(3m以上)実際の広さ以上に客室が広く感じられます。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

リビングエリアには冷蔵やオーブンレンジや食器類が完備されております。

食器類はこんな感じです、ナイフやフォーク類も完備されておりました。この下にオーブンレンジがありましたが、オーブンを使用する方は果たしているのでしょうか?

鍋つかみやボウルまで完備されておりました。

洗面は複数人の滞在で便利なダブルシンクタイプ。

鏡は可動式で位置や角度の調整が出来ます。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

トイレの扉を開けた景色がこんな感じです。日中あまりにも綺麗だったので開放的に用を足してしまいました。

バルコニーが2つあるので両方からの景色を見てみましょう。

ハイアットリージェンシー瀬良垣こちらはベッドルーム側からの景色です。

コチラ側からは名護湾と漁港が一望できます。

こちらはリビングルーム側からの景色です。国道から入って瀬良垣島に続く道路にビーチハウスと、遠くに恩納岳が一望できます。

リビングルーム側に設置されている椅子は少し変わった感じでした。

リビングルームには大型テレビとBluetoothスピーカーが設置されております。HDMI端子はテレビ近くに外付けされており電源もありますので、AmazonのFire TVやChrome castを持ち込んで取り付けも簡単です。

浴室やアメニティ類はスタンダードルームと、ほぼ同じなので割愛しますが以前の記事にまとめてありますので、そちらを参照ください。

朝食 オールデイダイニング セラーレ

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドのセラーレの朝食ブッフェがリニューアルしたと写真を撮影していた時にスタッフの方に教えて貰いました。

自分はいつも食べる物が殆ど決まっているので、前回の滞在時食べた物と同じモノ食べてたので、言われるまで気付きませんでしたが、良く見ると確かに以前とは少し違うような気がします。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

多分確実に変わったと思われるのが沖縄そばがカレーそばになった事。

瀬良垣へちまカレーそばという名前で奥様曰く、とても美味しかったと絶賛しておりました。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

あとは何処か変わったのか?人参しりしりの右隣は以前無かった気もする様な。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

多分左と右も新しくなった様な気が笑。

瀬良垣フレンチトーストは以前からありますが大人気の様でいつも並んでいますね。

今回は画像撮りませんでしたがエッグベネディクトがとても美味しいのでオススメですよ。

ルームサービス

緊急事態宣言中で食事のタイミングを逃してしまいましたので、夕食は2日ともルームサービスを注文しました。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

1日めはコブサラダとチーズバーガーを。画像で見るとチーズバーガーが色合いが微妙な感じでですが、味は美味しかったですよ。

ハイアットリージェンシー瀬良垣

2日目はコブサラダ、パスタ、クラブサンドを頼みました。クラブサンドのフレンチフライが前回と違うモノに変わっておりました。

ハイアットリージェンシー瀬良垣のルームサービスは味はもちろんなのですが、価格がサ税込なので分かりやすいのが良いのとホテルのルームサービスなのに価格が安めなのが素敵。

サラダ1,000円 クラブサンド2,000円って高級ファミレス程度なお値段の様な気がします。

今回売店とルームサービスで10,000円行かないくらい利用したのですが、チェックアウトの時に1泊あたり5,000円のクレジットが付いていたとの事でして全て無料でした。

おまけ 瀬良垣の浜&アポガマで海遊び

ハイアットリージェンシー瀬良垣から徒歩圏内でいける瀬良垣の浜と車10分くらいで行けるアポガマで海遊びをして来ました。

行き方ですが、なかむらそばを過ぎた先に駐車スペースがありますので、そこから中に入って行く感じです。

瀬良垣の浜には朝食後散歩がてらに毎回行っているのですが、海に入るのは今回初めてです。

オフシーズンは誰も居ない事が殆どなのでプライベート感が半端無いですが、夏場は結構賑わっております。

瀬良垣の浜

お昼頃でしたので干潮でした。

今まで行った事の無い島の反対側を見に行ってみたいと思います。

瀬良垣の浜

海水浴と言うよりは磯遊びと言った感じです。足元は悪いで底が厚いビーチシューズ必須です。

探検している感アリで年甲斐も無くはしゃいでしまいました。

瀬良垣の浜

この辺りは結構深く膝下位まで水位がありました。潮が満ちて来ると結構深くなりそうですね。監視員が居る場所では無いので水遊びする時は必ずライフジャケットを着用しましょう。

瀬良垣の浜

途中の潮溜まりにキレイな魚がいました。

瀬良垣の浜

島みたいな反対側に到着したら超絶プライベートビーチが!既に2組の方がいらっしゃいました。テント持参なのでローカルの方でしょうか。

気合いれてシュノーケリングセットを持って来たのですが、ここはシュノーケリングには向いて無い様でした。

The観光客向けのビーチでは無く、地元の方がテントを張ってBBQを楽しむスポットかな?と言った印象です。

ハイアットと万座インターコンチネンタルから徒歩で行ける散歩コースとしては超オススメですが、海水浴を楽しむならココでは無くホテルのビーチが良いと思われます。

続いてはアポガマ。万座毛の近くにある場所でハイアットリージェンシー瀬良垣から車で10分位で到着します。

アポガマ

駐車場がありませんので路駐となりますが、休日なので大混雑しており近い場所には停められませんでした。

アポガマ

入口には注意書きの看板があり、危険水域なので命の危険があるよと書いてあります。

アポガマ

ビーチへ続く道はこんな感じで足場が悪いので注意が必要です。

アポガマ

しばらく進むと開けた海岸に到着。岩場でゴツゴツしております。

日曜日なので結構賑わっておりましたが、利用者は外国人が半数以上です。

アポガマ

シュノーケリングやダイビングは左側の浜から行けるようですが、せっかくなので真ん中の洞穴を通って行きます。

この洞穴をアポガマと言うようです。

アポガマ名前の由来ですが昔、若い男女が約束(アポ)をして、洞穴(ガマ)の中で会っていたので、その様な名称になったそうです。

今も昔も若い男女のやる事は変わりません笑

洞穴は足場も悪くヌルヌルと滑るります、転ぶと命に関わるレベルの場所なので最新の注意が必要です。

アポガマ

洞穴を抜けて珊瑚の生息しているエリアに到着です。

干潮で奥まで歩くのが結構難儀ですので早朝の来るのがベストっぽいですね。潮が満ちてきて戻る時は泳ぎやすかったです。

スマホカバーに入れて撮影したので画質が悪いですが透明度抜群!魚は至る所に居ます。

深くなっているダイビングポイントを上から眺めながら浮いてましたが幻想的な景色を楽しめました。

整備されたビーチも良いですが、自然のビーチも別格ですね。

瀬良垣の浜でシュノーケリング出来ると思い行ってみてガッカリしたのですが、アポガマに来れてよかったです。

アポガマですが、この先に開発が始まるとか。自然なままなうちに1度は行っておく事をオススメ致します。

まとめ

今年4度目のハイアットリージェンシー瀬良垣の宿泊はリワードを使用して無料宿泊でした。

ハイアット瀬良垣の夏季の宿泊費高騰シーズンに無料宿泊アワードが利用出来るだけでありがたいのですが、超絶アップグレード+ホテルクレジット2泊で10,000円まで付いて、コジ活がめちゃくちゃ捗りました。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。