フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ宿泊記 2021年10月石垣島旅行♯1

総統です(@soutou_casino)

アメックスプラチナのオファーを利用しフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズに宿泊しました。

沖縄の離島に行くのは今回が初めてですが、天気にもホテルにも恵まれて素晴らしい滞在となりました。

フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

アメックスプラチナの強烈キャンペーン2度めの利用

今回の宿泊は9月の沖縄旅行で利用したアメックスプラチナのキャンペーンを利用しました。

今回は同じホテルに4泊して75,000円の割引を利用しようと思います。

ホテルはANAインターコンチネンタルかフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズで検討しました。

ANAインターコンチネンタルは魅了ですが少々お高いので、今回はフサキビーチリゾートに致しました。

4泊3名朝食付きで約177,700円が75,000円割引されて102,700円となりました。

客室タイプですが今回は3名でなのでヴィラタイプ30平米だと手狭そうなので、36平米のスペーリアタイプを選択しました。

当日 羽田→石垣島空港→フサキリゾートホテルまで

羽田空港

今回は3人で荷物も多いので空港まで車で行く予定でしたが、渡航数日前にマイカーのエアサスが壊れてしまいバスで向かう事になりました。

緊急事態宣言が明けたので空港は今年1番賑わっていた印象です。

特に家族連れを多く見かけた印象です。

サクララウンジ

今回3名でしたのでダイヤモンドラウンジではなく、サクララウンジを利用しました。

サクララウンジ

奥様がラウンジでコジりたいと熱望してたので出発2時間半前に到着しました。生ビール7杯コジったそうです・・笑

石垣島に到着後に運転が控えている総統はビールを飲みたくても飲めません。

 

シラフの状態で国内ラウンジで2時間過ごすのは結構キツいので、ラウンジ内や空港内を散策して時間を潰します。

サクララウンジ

ラウンジを隅々まで見回るとマッサージチェアがありました。

試してみたらコレがなかなか気持ち良かったです。

緊急事態宣言が明けたのとワクチン接種が進んだ効果でしょうか?機内はココ1年で見た最高の搭乗率でした。

遠くに冠雪のない富士山が見えます。

冠雪が無いと何だか怖い山ですね・・・・

3時間程のフライトで石垣島空港に到着しました。

レンタカー乗り場へ向かいます。

今回も楽天の2500円引きのクーポンを利用してスカイレンタカーさんを利用しました。

ウッホッ!受付のお兄さんイイ男!!

レンタカーをピックアップしてフサキリゾートホテルへ向かいます。

ここまでの様子を動画にまとめましたので、良ければ見てください!

到着〜チェックイン

石垣島

レンタカーをピックアップしてフサキリゾートホテルへ向かいます。

石垣島空港からフサキリゾートまでは車で30分程度ですが、少し遠回りしたので結構時間がかかりました。

この南国っぽい木は何という名称なのでしょう?しばらく両側にこの木が続いてどかな感じが続きます。

中心街に近づくにつれて車の交通量も増えてきます。

ドン・キホーテの辺りは街の中心なのでしょうか?近くにサンエーやイオン系のスーパーもあります。

フサキリゾートホテル方面に宿泊される方は、この辺りで買物を済ませて行くと良いと思います。

ホテル周辺には買い物出来るお店はありませんし、ホテル売店のアルコール飲料の価格は市販の2倍くらいしますので。

今回の滞在期間中はオール雨予報です。

大荒れの天気の日はピータイムで沖スロを打つ予定でしたが幸いにも天気予報は大ハズレ。

今回は行く事が出来ませんでしたが、出玉状況は悪くないとの事ですので、次回にでも行ってみたいと思います。

ネットで調べたら石垣島の天気予報はアテにならないそうです。

山の天気が変わりやすい以上に島の天気は変わりやすいので、週間天気予報を見てガッカリする必要は無い様です。

ただし台風が発生した場合は別の様です。

このファミマの先にもう1件ファミマがありますが過ぎると買い物する場所が無いので、用事がある方はこの辺で立ち寄りをオススメします。

石垣島フサキリゾート

コンビニに寄り道をしたら一気に暗くなってきました。

フサキリゾートホテル

暫く走るとフサキリゾートホテルに到着です。

P1と書いてある駐車場の先に車寄せのエントランスがあります。

P1からエントランスまで300メートルくらい距離がありますので、荷物を一旦エントランスで降ろしてからP1駐車場に向かいます。

駐車場とエントランス間はシャトルバスが往復してます。

急いでる方、歩くのが嫌な方はそちらの利用をオススメします。

車が見当たら無い時は最寄りのスタッフに声をかけると無線で呼んでくれました。

車を駐車場に停めて送迎車でホテルへ向かいます。

エントランスからホテルのロビーに入った瞬間、真ん中の水場が目を引きます。

チェックイン時にホテルの設備や朝食会場の説明を受けます。

とにかく広いホテルなのは説明を聞いていてわかりました。

ホテルの敷地内に送迎用の電動カートが走っているくらいですから、端から端まで歩いて移動するのは大変そうです。

鍵を受け取り部屋のあるノースウイングへ向かいます。

客室 スペーリアツイン

今回フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズで選択した部屋はノースウイングのスペーリアツイン。

36平米ですが大人3名でも余裕の広さでした。

広く感じるのは天井が高いのもあると思うのですが。

洗面スペースと

浴室はやや狭くして、その分客室を広くしていると思われます。

浴室は狭めですが敷地内に大浴場が完備されております。

自分は滞在中はそちらをずっと利用しましたので、部屋の浴室は海に入った後にシャワーを浴びた程度です。

3人で部屋での食事も1人はオットマンを利用すれば特に問題ありませんでした。

ネスプレッソマシーンも完備されております。ミネラルウォーターは掃除の度に3本補充されます。

部屋からの景色はガーデンビューでしたがこれはコレで良いですね。

洗濯物を干す折りたたみのステンレスの物干し台が部屋に備え付けられてまして滞在中めっちゃ重宝しました。

コインランドリーもありますので洗濯するには困らないと思います。

客室の様子や朝食会場プールの様子など動画でまとめてありますので、良かったらYou Tubeも見てください!

朝食会場 イシガキBOLDキッチン

石垣島フサキリゾートホテル

初日と最終日はイシガキBOLDキッチンを利用しました。

オープンは6時30分から。初日は7時30分に行きましたが平日に関わらず結構な混雑っぷりです

石垣島フサキリゾートホテル

座席は通常のテーブル席の他。

石垣島フサキリゾートホテル

円形のボックスシート席もありました。

石垣島フサキリゾートホテル

食事は和洋色々な種類がありました。動画を取るのに夢中になっていて写真を取るのを忘れてしまいました。

詳しくは動画を見て頂けたら幸いです。

石垣島フサキリゾートホテル

沖縄の食材をつかった料理のコーナーは初日と最終日で違うモノが出てました。日によって少し変わるみたいですね。

総統はサラダとパンと卵を、奥様は朝から物凄い量を食べておりました。

8時ちょっと過ぎに食事が終わり退店する頃には入口では軽めの行列が出来ておりました。

座席数が多いのでそんなに待っていると言う感じでは無かったですが、待ちたく無い方は8時30分〜9時台のピークタイムをずらすのが良いかなと思います。

琉球新天地

石垣島フサキリゾートホテル

週末は朝食会場が2箇所の営業になるとの事で、こちらの琉球新天地が朝食会場として開放されます。

イシガキBOLDキッチンは洋食が多めで、こちらの琉球新天地は和食が多めとの説明でした。

石垣島フサキリゾートホテル

和食がメインとの事でしたが中華料理コーナーが結構充実している印象です。

おそらく中国人観光客をターゲットにしたレストランなのだと思われます。

石垣島フサキリゾートホテル

朝食のデザートコーナーはめっちゃ中華系でこの他にも杏仁豆腐やライチもありました。

真ん中のピンクのモノはわらび餅と書いてありましたが、不思議な味で美味しかったです。

石垣島フサキリゾートホテル

奥様がちまきが美味しいと絶賛しておりました。

朝食の画像を全然撮影してなかったので詳しい朝食の様子は動画で確認いただけたらと思います。

石垣島フサキリゾートホテル

琉球新天地は初日のディナーでも利用しました。

最初は中華料理+沖縄料理というコンセプトが微妙な感じがしたのですが、食べてみたらどれも美味しく良い意味で驚きました。

石垣島フサキリゾートホテル

麻婆豆腐が美味しくて最終日にテイクアウトでリピートしました。

初日は激辛で注文したのですが、流石に辛すぎたので中辛にしました。

テイクアウトは電話で注文して取りに行く形ですが、部屋から歩いて行くと結構な距離だったので配達してくれたら便利だなと思いました。

アウトサイドプール

石垣島フサキリゾートホテル

フサキリゾートホテルに宿泊して1番気に入ったのがアウトサイドプールです。

石垣島フサキリゾートホテル

大人用の深いプールが3段に配置されています。

プールサイドにはビーチチェアが完備されております。天気にも恵まれて最高でした。

メインのプールは1.2Mと小さい子供には深いですが、腕に付ける浮き具が無料でレンタル出来ます。

石垣島フサキリゾートホテル

20時〜ナイトプールが開催されており、家族連れで賑わっておりました。

フサキリゾートホテルはカップルでも楽しめるホテルですが、メインターゲットは小さい子供がいるファミリー層かな?といった印象でした。

夏の沖縄のリゾートホテルのプールサイドで本を読みながら静かに落ち着いて過ごしたい!という方にはちょっと賑やかかもしれません。

石垣島フサキリゾートホテル

プールサイドにはBarがあるのですが、緊急事態宣言が明けてアルコール類の提供がされておりました。

アルコール類をプールサイドで飲みたい場合は紙コップに入れて提供されるのですが、生ビールを2回頼んで2回とも泡だらけで半分も入って無かったのが少し残念でした。

石垣島フサキリゾートホテル

昼食をプールに併設されたカフェで注文した時にプラグラスで提供されたビールは、画像の用にちゃんと注がれていたので、ビールは店内で飲むのが良さそうです。

缶ビールをプールエリアに持ち込んで飲むのは構わないようです。

プールサイドのカフェやBarですが価格が少々お高いですね。

物価が高いと言われているハワイのホテルのプールサイドバーより高いです笑

高いと思うなら注文しなきゃ良いだけなのですが、日中からプールで酒を飲んでると外に行くのが面倒になってホテルで済ましちゃうんですよね笑

石垣島フサキリゾートホテル

プールからビーチまで歩いて10秒くらいとシームレスに繋がっていますので、海で遊んで飽きたらプールって感じで行き来しました。

滞在中シュノーケリングをしたのですが、数日波が高い日が続いていたそうで水は少し濁っておりましたが、魚が見れるポイントは何箇所かありましたよ。

遊泳エリアはクラゲ防止のネットで囲われているので安心して泳ぐ事が出来ました。

まとめ

フサキリゾートホテルは客室もキレイでプールもビーチも良くてめちゃくちゃ快適です。

中心街から離れていて、ホテル周辺には何にも有りませんが、ホテルの設備が超充実しています。

手ぶらで来ても全てが揃い不自由なく過ごせると思います。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。