ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄 Go toトラベル宿泊記

2020-12-23

総統です(@soutou_casino)

JGCダイヤモンド修行の解脱フライトついでに、Go toトラベルを利用して、ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄に宿泊してきました。

春先の某石田純一騒ぎから半年・・・Go toトラベルから除外されていた東京の参戦もあってか、館内は大変賑わっておりました。

追記 2020/12/23

12月に再訪しデラックスルームに宿泊したので加筆しました。

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄

予約

今回は1人利用なので1番安い、ツインルーム朝食付きを利用しました。

1泊/20,000円でしたがGo toトラベル補助が1泊あたり7,000円で1泊13,000円で利用でき、更に地域クーポンが1泊あたり3,000円付与されました。

このグレードのホテルが朝食付きで1泊20,000円でも十分安いですが、Go toを使うと破格ですね。

ホテル予約サイト経由の方が公式サイトより少し安かっですが、WORLD OF HYATTでポイント3倍キャンペーン中でポイントを考慮すると公式の方最安なので、そちらを利用しました。

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄は、公式アプリで最初に表示された料金に消費税とサービス料が含まれていて価格が非常に分かりやすく、好感が持てます。

当日 空港〜ホテル

Go toトラベル東京除外が明けたせいか、機内も那覇空港も結構な混雑っぷり。

空港からゆいレールにのって牧志駅で下車しハイアットリージェンシー那覇へ向かいます。

スーツケースをコロコロと引きながら国際通りを歩いて見て衝撃的な光景が!

人が全然歩いていない・・・

反対側の通りもお店が殆ど閉まっていて、人が全然歩いていません。こんな国際通り初めてみました。

しばらく歩いてホテルに到着。

入り口でスタッフから検温と手の消毒を促されホテルに入ります。

ロビー内は吹き抜けになっていて、The南国といった感じの開放感がありますね。

ロビーラウンジは結構賑わっておりました。入り口から館内の至る所にアルコール消毒スプレーが設置されております。

エレベーターや共用部の利用者が触りそうな場所は、適時消毒されておりましたので、コロナ対策は、しっかりとされていると感じました。

チェックインを済ませキーを受け取り部屋に向かいます。

ツインルーム

客室は28平米のツインルーム。1人で利用なのでキングの方が良いのですが、キングベッドはリージェンシースイートにしか設定が無いようです。

エントリールームですが1人で使うには十分過ぎる広さでした。

ベッドとベッドの間隔がピッタリのハリウッドツイン仕様でした。

これならカップルでの利用はもちろんですが、小さな子供を、内側に添い寝させれば落ちない仕様で安心ですね。

ツインルームは大人は2名までの利用。大人3人の利用はDXルームツイン+エキストラベッドでの利用となる様です。

青のカーペットがリゾート感があって良いですね。客室は全室禁煙なのでタバコ臭い部屋にアサインされる心配が無いのが良いですね。

喫煙所は2Fにあります。

ブラインドを開けると、沖縄独特な雑多な街並の風景が広がります。

9階からの景色なので眺望的に微妙ですが、18階のクラブラウンジからの景色は開けていて、なかなか良いみたいですね。

紙コップと除菌シートがコロナ禍仕様ですね。

コーヒーマシーンのポーションは4つ設置。

ミネラルウォーターは2本用意されておりました。

紙コップが置いてあったので、グラスは無いのかな?と思ったのですが、引き出しの中にちゃんと収納されておりました。

冷蔵庫は完全持ち込み仕様となっておりました。ミニバーにフリースペースついてるタイプだと、あまり収納できないので助かりますね。

1Fに売店と近隣徒歩250メートル範囲にローソンとファミマがありますので、持ち込む場合そちらを利用すると便利かと。

ホテル正面口から出て左に行けばローソン。右に行くとファミリーマートです。

製氷機は5階、9階、13階、17階の設置されているとの事。

厚めのタイプのスリッパと傘が用意されております。

夏季シーズンの沖縄は天候が変わりやすいので傘は大変重宝します。

夏季シーズンにレンタカーで出かける際は晴れていても、部屋から傘を持って行くと、突然の雨にも対応出来るのでオススメです。

バスローブは2着、男性用と女性用が用意されておりました。

部屋に無いものはレンタルで対応してくれるとの事です。レンタル品は以下。

空気清浄器、DVDプレイヤー、延長コード、加湿器、アイロンセット、ズボンプレッサー、ユニバーサルアダプタ、変圧器、携帯充電器、LANケーブル、毛布、そば殻枕、はさみ、アイスノン、カールドライヤー、スタンドミラー(拡大鏡)、 スタンドライト、トランプ、ノンアレルギーピロー、ハンディキャップ用シャワーチェア、ハンディキャップ用バスボード、バゲージラック、 パイプ枕、ピンセット、ファブリーズ、低反発枕、体温計、体重計、毛抜き、爪切り、物干し台、計算機

数に限りがあるそうなのでチェックイン時にリクエストが良いかと。特に空気清浄機やドライヤーはお早めに。

クリーニングサービスとコインランドリー有り。

コインランドリーは4階、6階、8階、10階に設置されています。

浴室

浴室はトイレと一緒のタイプ。ちょっと広いビジネスホテルといった感じです。

キレイに清掃されているのですが、浴室のカーテンが生乾き臭がしました。

コレは干せないから仕方無いですね・・・全国共通で臭います。

ハンドソープ入れがオシャレで良いのですが、プッシュしても出がイマイチです。

コロナ禍なので滞在中手を何度も洗いましたが、押してもあまり出てこないので、途中から面倒になって石鹸に切り替えました。

タオル、歯ブラシなどアメニティ類は一通り揃っております。

アメニティはハイアットおなじみの「Pharmacopia ファーマコピア」の大きいタイプが設置されております。

デラックスルーム

12月に再訪した際にデラックスルームを利用しました。

客室内はカーペットの色違いで前回したツインルームと差はナシ?

前回とは違いハリウッドツイン仕様ではありませんでした。

1人で使うには充分過ぎる広さなのですが、客室側はツインルームと全く同じ間取りです。

客室からの景色は何だかごちゃごちゃとしております。桜坂側の方がキレイです。

クローゼットも全く同じですし、その他も全く同じなので客室部は割愛します。

デラックスルーム浴室

ツインルームとデラックスルームの差は浴室にあるようです。

ツインルーム浴室

ツインルームは風呂トイレ洗面が一体となってるユニットタイプでしたが。

デラックスルームyよよkよく浴室

デラックスルームは浴室スペースと洗面スペースが仕切られております。

浴室とシャワーが分離している方が圧倒的に便利ですね。

レインシャワー?に切り替えると水圧がイマイチでした。

アメニティはポルティコ。ファーマコピアの方が個人的には好きです。

洗面スペースはデラックスルームと同じでした。

ツインルームが28平米でデラックスルームは32平米で価格差は2000円。

4平米の差はバスルームの広さのようです。ツインにするかデラックスルーム完全に好みですね。

個人的にですが、男性1人利用ならデラックスルームじゃなく、ツインルームで充分だと感じました。

お風呂の為に2,000円多く払うなら、外で美味しいモノを食べたいですが、この辺は、まぁ好みですね。

フィットネスセンター&プール

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄のフィットネスジムとプールは、手ぶらで行っても大丈夫!

なんと水着、トレーニングウェア、シューズなど全て無料でレンタルが出来ます!

フィットネスセンターは3階だったか?4階だったか?にあります。

ルームキーをかざしてロックを解除します。入ったら左側にレセプションがあるので、検温と消毒を済ませます。

早朝にジムを2日間利用しましたが、有酸素マシンの画像1枚しか撮影しておらず、フリーウェイトとマシンを撮影するのを忘れてしまいました。

以下2枚は公式サイトの画像を貼っておきます。

マシーンはマルチタイプのケーブルマシーンが1台。

ウェイトコーナーにベンチ1台とフリーウェイトが設置されております。ダンベルは30キロまであった様な・・

プールに行きましょう。バスタオルは入口に置いてありますので、プールに行く前に持って行くとよろしいかと。

夕方にプールに行ったら先客が泳いでいたので、撮影は翌日の朝に行いました。

プールの営業期間は3月1日~11月30日まで。

秋になると夕方は少し冷えるので、日中早めがオススメです。

前述しましたが、大人用水着(男性用・女性用)、ゴーグル、水泳キャップ、浮き輪、子供アーム浮き輪など全て無料でレンタル可能です。

手前側のキッズプールでは、日中お子様連れのファミリーが楽しそうにしていて、微笑ましい限りでした。

プールの横にはジャグジーも設置されており、ジャグジーは通年利用可能との事です。

詳しくは公式サイト

朝食

朝食会場は2階の「sakurazaka(サクラザカ)」でビュッフェ形式でした。

入口で手の消毒と検温をされた後、ビニール手袋を取るように促されます。

料理を取りに行く時は手袋とマスクの着用がマストです。

オムレツスタンドから、沖縄料理コーナー、フルーツ、サラダと種類は豊富。

最初に野菜を食べてから、他の物を食べ様と思ったのですが、野菜でお腹いっぱいになってしまいました。

コロナ禍で一時期は絶滅していたビュッフェ形式の朝食を楽しみました。

やはりホテルの朝食はビュッフェ形式がテンション上がりますね。

ハイアットリージェンシー那覇の朝食ビュッフェは、宿泊者以外でも利用可能。

値段は税込み2,200円と、このレベルのホテルでこの価格はお値打ちだなと思います。

キャンペーン時以外は朝食付きプランを選ばない方がお得

公式サイト経由で予約時に「会員限定料金」「通常料金」「ベッド&ブレックファスト朝食付き」プランのしか表示されない時は、

「会員限定料金」を選択し、朝食は現地で支払ったほうが、トータル的には安く宿泊する事が出来ます。

この料金表は1泊2名利用時の価格ですが。

「会員限定料金」と「ベッド&ブレックファスト朝食付き」の差額は5,800円。

ハイアット リージェンシー 那覇の「sakudazaka」の朝食は、1人税込で2,200円。

2名利用で利用しても、4,400円なので公式サイトの朝食付きプランよりも1,400円ほど安く利用出来る計算になります。

今ならGo toトラベルで地域共通クーポンが発行されますので、朝食代は部屋付けにしチェックアウト時にクーポンンで精算すれば持ち出しも無いのでオススメです。

駐車場について

今回利用しませんでしたが、ハイアット リージェンシー 那覇の駐車場は、宿泊者は1泊あたり1,500円で24時間いつでも出し入れが可能。

駐車場料金の支払いに地域共通クーポンが利用可能

レストランの利用者は3時間まで駐車場無料。バレーパーキングサービスは、クラブフロア利用者の特典として利用可能との事です。

ハイアットリージェンシー那覇の機械式駐車場

駐車場はホテルの地下21台と道路を挟んだ向かいの機械式駐車場92台の2箇所。

まとめ

Go toトラベルを利用して、初めてハイアット リージェンシー 那覇 沖縄を利用しましたが、

  • 国際通りとモノレール駅近くの便利な立地。
  • ハイクオリティなホテルが、近隣のビジネスホテルの2倍程なリーズナブルな宿泊料金。
  • 美味しくてリーズナブルな朝食ビュッフェ
  • カップル、ファミリー、ビジネスでも利用しやすい

これから那覇に滞在する時の定宿になりそうです。クラブラウンジも良さそうなので機会があれば利用してみたいと思います。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄アクセス

〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目6−20

ゆいレール牧志駅から徒歩で7分。

那覇空港から車で20分

TEL 098-866-8888

公式サイト

番外 琉球ステーキKIWAME

夜食事を出来る場所を探して居たら、ハイアット リージェンシー 那覇のすぐ近くに「琉球ステーキKIWAME」という激ウマなステーキ屋さんがありました。

今まで沖縄のステーキといえばジャッキーステーキハウスがN01だと思っておりましたが。

これから沖縄でステーキを食べるなら「琉球ステーキKIWAME」しか行かない!と思う位に美味しかったのでレポします。

お店の場所はホテルから歩いてすぐ。

シンプルなインテリアの店内。入店した時はお客さんは自分と、もう1組だけ。

バイトの店員は元気が無く、うーんハズレなのか?と最初は心配になりました。

オススメNo1は究ステーキだそうで。

肉は超レアな状態で提供されて、石焼ペレットで自分の好みの加減に焼くスタイルのようです。

ステーキ200gにスープとライスとサラダが付いて999円+税とは安い!究ステーキ300gを注文とウーロン茶(100円)を注文しました。

最初にサラダとスープが届きました。サラダを先に食べますが、至って普通のサラダであります。暫くしたら肉がやってきました。

おお!見るからに柔らかそうで美味しそうな予感!

中はめちゃくちゃレアでしたので、ペレットで少し焼いて食べるとします。

まずは塩と胡椒だけかけて食べたのですが、ジューシーで柔らかくて控えに行って激ウマ!

次はソースで食べてみたいと思います。ソースは和風、醤油にんにく、定番のエーワンステーキソースと色々あります。

総統チョイスはワサビ、刻みニンニク醤油がオススメですよ。

お肉美味し過ぎてあっという間に完食してしまい、ライスが残ってしまいました。

ライスに刻みニンニク醤油をかけて食すとコレがまた美味しいくて、ライスだけでも充分にイケてしまいます。(ライスはお代わり自由)

大満足でお会計は1,680円ちょいと、驚きの安さ!

これだけ美味しいモノを食べたら、高校生のバイトくんがやる気無くても全然OKです

あまりにも感動的な美味しさで、また食べたくなったので、翌日沖縄の友人を誘って再訪してしまいました。

昨日と同じ、やる気の無さそうな、シャイな高校アルバイトの店員に究ステーキ400gを注文。

凄いレアですが、このままでも全然余裕で食べれてしまいます。

友人は「美味しい!」「美味しい!」と連発して総統レベルの語彙力を発揮しております。

400グラムのお肉を完食したのですが、他のメニューも気になります。

まだ入りそうなので、カットステーキ200gを追加で注文しました。

コチラは固くて微妙かな?注文するなら究ステーキ一択です。

今はあまり混んで無い穴場的なお店ですが、そう遠く無い日に沖縄のステーキ界隈を席巻する、お店になる予感がします!知らんけどw

ハイアットリージェンシー那覇や国際通り周辺で宿泊されている方は足を運んでみたら如何でしょうか?

琉球ステーキ究(KIWAME)

〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目6−40 1F

TEL 098−860−2935

公式サイト