ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド 宿泊記

総統です(@soutou_casino)

7月中旬にに沖縄のハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドに宿泊してまいりました。

ブログにアップしようしようと思いながら日々過ごしていたら、あっという間に3ヶ月が過ぎてしまいました。

Go toトラベルが盛んなウチにアップしておこうと思います。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド

予約

利用は7月17日~3泊3名。

公式アプリ経由で1泊ずつ予約をした時と、同じ日程、同じルームを3連泊まとめて予約した時の値段が随分と変わってしまう良く分からないシステムに ???と困惑

トリップドットコムで朝食付きで。10万円ちょいと公式よりかなり安いプランがあったので、今回はそちらを利用する事にしました。

ポイントや宿泊実績はカウントされませんでしたが、大幅に安い方が断然お得ですね。

到着からチェックイン

当日はレンタカーを利用。通常はセルフパーキング1泊1台あたり1000円と有料なのですが、キャンペーン中とのことでセルフは無料との事でした。

バレーパーキングは有料でしたが、通常はパーキング1000+バレーパーキング代が500円と微々たる差なので、こちらを利用した方が便利かな?と思います

セルフパーキングから本館まで歩くと少し距離がありますが、早朝から夜までトゥクトゥクが巡回しています。春~秋まで日中は紫外線が強烈なのでパーキングまでの移動は極力トゥクトゥクの方がよさそうです。

走る事数十秒で本館に到着

本館入り口で手の消毒と検温を受けてから館内へ、ロビーがなかなかオシャレですね。

ちょうどチェックイン開始時刻で10分列に程並びました。

フロントとは透明な仕切り挟んで対面

サインをするのに使用するボールペンも都度新しいモノが用意されております。

エレベーター付近や館内至る所にアルコールスプレーが設置されております。

館内適時消毒など感染予防対策は十二分にされて安心して滞在できましたよ。

2018年に開業したホテルなのでキレイなのは当然ですが、ロビーの雰囲気がいい感じですね。採光が大きいので日中は非常に明るく開放的、夜はガラッと落ち着いた雰囲気になります。

客室

客室はスタンダードツイン38㎡を3名で利用しました。予約の時に3人だと狭いかな?と思いましたが、実際に利用して結構余裕があり快適に過ごせました。

エレベーターを降りて廊下進んで。

今回利用した614号室に到着

3台目のベッドはソファにマットレスを置いて使用するスタイル。寝返りをした際に背もたれ部分に頭をぶつけて何度か目覚めたと娘談。

逆から見ると分かりますが、そこまで狭い訳では無いです。L字部分が気になる人は枕とかで段差を埋めると良いかな?

新しい建物なので部屋の天井が高くて、圧迫感が無くて非常に良い!天井低いと開放感があまり無いですからね。

テレビは50インチくらいでしょうか?

テレビ横にHDMI入力と電源あり。Fire ステックとかクロームキャストを持っていくのも良いですね。

クローゼットスペース

スリッパは3人分ありましたが浴衣は2人分でしたが、リクエストすれば用意して貰えます。

コンプメタリーのボトルウォーターは3本毎日補給してくれます。

ティーカップやグラスは下の引き出しに。冷蔵庫は一番下の段にあります。

一番上の段に湯呑が用意されてます。

バルコニーは広い!アウトサイド用のソファとかでも余裕で置けそうな広さでした。

景色が良いとノンアルコールビールが美味しい(断酒7ヶ月です)

今回1番安い部屋で漁港側でしたが6Fだったので眺望も良かったです。

漁港側→ラグーン→オーシャンフロントの順でお値段上がって行きます。ラグーンで+1800円、オーシャンフロントで+2,700円、そこまで幅がある訳では無いので、状況次第で眺望が良い部屋にアップグレードしてもらえる可能性は高そうですね。

サンセットはラグーンビュー側で見れますので、バルコニーから沈む夕日を見ながら黄昏たい方はラグーンビュー・オーシャンフロントか別館に滞在されると良いかと。

浴室・洗面

バスローブリネン類は3人分用意してありました。

アメニティ類は普通のランクのモノですが一通り揃っています。

コロナ禍ですので除菌ペーパーも用意されていますして、自分はスマホを拭くのに大変重宝してます。

2018年に完成したホテルですのでバスタブもピカピカ。

アメニティはハイアット系でおなじみの「PHARMACOPEIA」の細いタイプのモノです。

朝食

朝食は予約制で和食or洋食が選べました。朝食会場は7時からオープンで予約は早い時間帯を希望する人が多いとの事でした。

洋食は1Fの「Serale」和食は2Fの「シラチカ」で別れています。

初日は「シラチカ」で和食を頂きました。

簡単な和朝食で味は可も無く不可も無く至って良い意味で普通。

奥様と娘が同時に撮影してましたw

朝は利用されてませんでしたが、なかな良いBarスペースですね。

2日目と3日目は1F「Serale」で洋食を頂きました

インサイドかアウトサイドが選べるのですが、インサイドは密ってましたので、初日はアウトサイドの席をお願いしました。

卵料理は選べた様な記憶です。

清々しい朝。

3日目はインサイドで。食事の画像これしか残ってませんでしたが、飲み物、ヨーグルト、クロワッサンは同じだったと記憶してます。

中断されていた朝食ビュッフェは最近再開された様です

フィットネスセンター・インサイドプール

旅先で筋トレするの大好きなので、滞在中2回フィットネスセンターを利用しました。

タオルと水は受付でもらえます、有料か無料かわかりませんがウエアもシューズもレンタルがありますので、手ぶらで来ても大丈夫です

フリーウェイトコーナーは22キロまであります。フラットベンチは1台だけ。

有酸素マシンはトレッドミルとバイク。マシーンはプルダウンとレッグプレスマシンとケーブルマシン。

利用した2日とも貸し切り状態で楽しくトレーニング出来ました。

インサイドプールは利用しませんでしたので写真だけ。奥にジャグジースペースがあります。

プールを撮影したのが早朝でしたので人が写って居ませんが。

日中は小さいお子さま連れで大盛況でした!

アウトサイドプール

滞在中利用しませんでしたが、アウトサイドプールは眺めが良くて最高ですね。

早朝だったので利用者がいませんでしたが、日中はビーチチェア争奪戦になりそうですね。

せっかく素敵なプールが併設されていたのに、利用しないのは勿体なかった。次回の滞在はプールを利用してみようと思います。

まとめ

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドを利用した感想は、ファミリー層が楽しめるリゾートホテルだという印象でした。

夏季シーズンは子連れファミリーが多いので、落ち着いて過ごしたい方には不向きかも知れませんが、オフシーズンは客層がガラッと変わるので落ち着いて過ごされたい方は、11月〜3月のオフシーズンがオススメ可もしれません。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド

住所 〒904-0404 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108

電話 098−960−4321