アマン東京 ファインホテルアンドリゾート&Go toトラベル宿泊記

2020-12-23

総統です(@soutou_casino)

アメックス・プラチナのファインホテルアンドリゾート(FHR)とGo toトラベルを併用して、アマン東京に宿泊しました。

今回FHRがキャンペーンを行っており通常よりも、かなりお得に利用する事が出来ました。

アメックス・プラチナ ファインホテル・アンド・リゾート

アメックスのプラチナカード特典のファインホテル・アンド・リゾート(FHR)とはアメックス経由で対象ホテルを予約すると以下の特典が付きます。

  • 12時チェックイン
  • 16時チェックアウト
  • 部屋のアップグレード
  • 2名朝食無料
  • 滞在中使えるホテルクレジット100$

過去にパークハイアット東京で利用した事が有るのですが、アーリーチェックインとレイトチェックアウトを利用しませんでしたので、その時はあまりお得感が無かったのですが、今回はバッチリ堪能させて貰いました。

FHR経由の予約は通常100$のホテルクレジットが付いているのですが、今回キャンペーン中で対象ホテルは275$に増量中と公式や、一休.comなどの予約サイトと比較しても圧倒的!文句なしに最安となりました。

チェックインから客室まで

前回のシャングリ・ラ ホテル東京と同様、自宅から電車で40数分で目的地の東京駅に到着。

スーツケースをゴロゴロと引きながら、徒歩でアマン東京へ向かいますが、歩道のブロックがガタガタな所が多くスーツケースの車輪が取られて結構進み難い・・

東京駅に特に用事が無いなら、直結している大手町から行った方が良いですね。

ホテルに到着

入口の人力車を撮影しているとエントランスから係の人がやって来ました。消毒と検温をしてからエレベーターにのってロビーへ

アマン東京の宿泊は今回で2回目なのですが、前回は昼間からラウンジで飲んでいて、酔っぱらって帰るのが面倒になって宿泊したのですが、ただ寝ただけで終わってしまったので、今回は楽しみなのであります。

構造的な問題で吹き抜けにしているのか?敢えてなのか?は存じませんが、圧巻ですね。

チェックインはこちらのソファで行いました。

ファインホテルリゾートの説明を受けた際に、レイトチェックアウトの概ねの時間を聞かれたので、15時前後をお願いしました。

館内でコロナウイルスに感染した際の免責事項?にサインをしてルームキーを受け取ります。

以前は部屋まで係の人が一緒について来てくれてましたが、コロナ禍の対策の一環として、エレベーター前迄のご案内となっていました。

部屋は35階の112号室

廊下をスタスタ歩き

112号室に到着

デラックスパレスガーデンビュー

アサインされたのはデラックスパレスガーデンビュー皇居側のお部屋。デラックスルームからFHRのアップグレードが適用されて1ランクアップです。

アップグレードと言っても眺望の差のみ。客室の広さ、設備、サービスは全く同じです。

エントリーレベルの客室で71平米!と2人で過ごすには十分過ぎる広さです。

ベッドで寝ころびながら抜群の眺望を楽しめます。皇居の木々も丁度、色付きはじめて来ています。

モダンジャパニーズですね。

リビングスペースは1段下がった所にあります。奥のソファスペースが居心地良くてお気に入りスペースです。

皇居はビルの合間を縫って見える感じです。窓に寄って真下を見るとビルだらけなのであります。

リビングスペースは1段下になっているので、ベッドエリアと区切られている感じが有って良いですね。

テーブルの上にはウエルカムフルーツの葡萄が置かれております。

ウエルカムフルーツの他にも、ウエルカムドリングが用意されております。コロナ前まではロビーでウェルカムドリンクを出していましたが、コロナ禍対策としてミニバーのフレッシュジュースをウエルカムドリンクとして提供している様です。

冷蔵庫の扉側の細長い瓶がウエルカムドリンク。

グレープフルーツジュースとオレンジジュースの2種類、グラスに注いで外の景色を見ながら頂きました。どちらもフレッシュで大変美味しゅうございました。

テレビ台の所にも煎餅とお菓子が置いてあります。白いポン菓子は、ゆずの風味が効いていて上品なお味。

お菓子はターンダウン時に補充してくれました。

冷蔵庫の横の扉には、グラス類、湯沸かしポット、お茶セット、ネスプレッソマシーンが入っております。

ネスプレッソマシーンは取り出して電源から水まで自分でセットするスタイルです。

冷蔵庫の中のアルコール以外の飲み物は全て無料。

ウエルカムドリンク、コーラ、お茶、烏龍茶、生茶、牛乳、炭酸水、ジンジャエールどれも無料です、

チェックイン後に炭酸水とネスプレッソを利用したのですが、これらもターンダウンの時に補充されていました。このクラスのホテルのミニバーが無料でも凄いのに、補充までしてくれるとはビックリですね。

洗面&浴室

洗面から浴室の間には仕切りがありません。浴室が大変開放的なのであります。

洗面はダブルシンク。大きな鏡ですね。

大変開放的過ぎる浴室ですが、こちらのスイッチでブラインドの調整が出来るので安心です。

洗面所のコップが湯呑になっていて、外国人は喜びそうですね。自分的に歯磨き時に湯呑を使うのは何だか違和感がありましたよ、、重いし。

中央にはボディローションとアルコールスプレーと、綿棒、コットンのセット。

引き出しの中に歯ブラシ、ボディタオル、ヘアブラシ等が入っております。スパに備え付けの剃刀が5枚刃タイプなのですが、客室備え付けの剃刀はしょぼいビジホ使用でちょっと萎えました。

ドライヤーはレプロナイザーの3Dタイプ。個人的には4Dより2,3Dの方が使いやすいと思います。

大変開放的な浴室は前のビルからも丸見えなのですが。

リビングスペースからも丸見えで、本当に開放的な浴室なのですが、皇居に向かってフルオープンしていると、何だか不敬にあたるような気がしてきますw

シャンプー、コンディショナー、ボディソープはヒノキの香り

左の入れ物にバスソルトとシャワーキャップが入っております。

風呂と書いてある小冊子を開けると・・・英語で外国人向けに風呂の利用方法の説明が書かれております。

本当に開放的なお風呂ですので、カップルの方は2人で盛り上がって下さい。

夜夜景を眺めながらゆっくりと浸かるのも気持ちいいですし、朝、皇居を眺めながら浸かるのも別格です。

プール&ジム

スパ&プール&ジムは34階から33階へ階段で降りて向かいます。

スパの受付エリアにはアマン東京のアメニティ類の販売エリアがあります

受付と壁で隔ているレストスペースが穴場っぽくて結構良い感じです。

ロッカーエリア入口前で靴を預けます

33階のロッカールームに着替えを入れてジムエリアに向かいます

誰かに促された訳ではないのですが、ジムエリア入口には消毒用のアルコールが設置されているので、手の消毒を済ませて中へ入ります。

タオルとヘッドフォンは入ってすぐの場所にあります。

中に入ってビックリ!とても広い!トレッドミルは5台

マシーンコーナーも、チェスト、ショルダー、フライ、ローイング、レッグ系と超充実!筋トレ大好きな総統には天国の様な場所です!

エアロバイクの隣に本物の乗るだけで痩せる振動マシーンがあります。

通販番組の振動マシーンは頑張って乗っても時間と電気代を無駄にするだけのオブジェですが、ジムにあるこのマシーンはガチです!

振動が激しすぎて乗ってるだけで一苦労の代物です!見てるだけ笑える振動ですが本当に痩せますよ!

フリーウェイトコーナーはフラットベンチ2台 ウエイトも充実!

最高の設備と景色で行う筋トレは普段のトレーニングよりも良い感じで追い込めて充実したトレーニングタイムとなりました。仕事もトレーニングも環境が良い方向に変わると良い成果が生まれますね。

トレーニング後の糖質補給(小腹が空いた)にバナナを頂きました。至って普通のバナナですが、筋トレ後のバナナは格別です。

着替えてプールコーナーへ向かうとします。

プールですが、コロナ禍なので人数制限をしておりました。

ジムの利用後にプールの利用の予約をしたい旨を伝えてたのですが、受付の外国人スタッフと、うまく意思疎通が出来て無かった様で、予約が出来ておりませんでした。

何処のホテルもそうですが、プールはジムと違い、誰でも気軽に利用出来る分、人気があります。コロナ禍でプールの利用人数を制限しているホテルが殆どかと思われます。

プールの利用を予定している方はチェックインの前日に問い合わせをして、予約可能なら予め予約をした方が、時間の予定も立てやすくスムーズに利用出来ると思います。

しかし素敵なプールですね、次回は早めに予約をして利用しようと思います。

シャワーを浴びて温浴エリアに入りましたが、東京の夜景を見ながら大きなお風呂に入れるのは、めちゃくちゃ良かったです!超オススメですよ!

イタリアンレストラン アルヴァ

夕食はアマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」を利用する事にしました。

アメックス・プラチナのFHR特典のクレジット275$と電子の地域共通クーポン12,000円分を合計すると結構、使い甲斐がありますね。ワインを嗜む方だと4万円ってワイン代で余裕で使ってしまうレベルなのでしょうが、自分はお酒を飲みませんし、奥様はビールしか飲まないので安上がりです。

チェックイン時にスタッフの方に予約をお願いしたのですがGo to eatがあったの後で思い出しました。2000ポイント勿体ねえw

入口と店内の画像は翌朝に撮影しました。

ワインセラーが圧巻ですね。

案内された席は窓際じゃ無い席ですが、日曜日に当日予約して席が有っただけラッキーです。

メニューはコロナ禍仕様でQRコードをスマホで読み込むスタイルですが、iPhone SEだと画面が小さいので非常に見にくい・・・目を細めてスマホと、にらめっこしていたら係の方が「通常のメニューもございます」と一言・・・・最初から用意して下さいよw

イタリアンレストランと言えば、サイゼリヤにしか行った事が無いレベルで、メニューを見ても食材に何を使っているのか辛うじて分かりますが、どんな料理なのかはサッパリ分かりません。

無難にコース料理にしておけば無難でしょうが、コースも何が来るのか良くわからないので、アラカルト適当に選んで注文するとします。

前菜に炙り鰹のパンツァネッラと、セルバチコとカラフルトマトのインサラータ 水牛モッツァレラを注文します。名前からして、カツオのタタキとトマトの上にモッツアレラチーズが乗ったモノが来る事でしょう。

最初にスプーンに乗った何かやって来たのですみません これ注文して無いです」と伝えたら。

「こちらはアミューズで皆様にサービスでお出し致しておりますとの事。

サイゼリヤじゃ注文したモノ以外が届いたら他のテーブルのモノかオーダーミスなので、反射的に係の人に伝えてしまいました・・w大変美味しく頂きました。

炙り鰹のパンツァネッラとサラダがやって来た。

サラダはトマトの上にモッツアレラチーズが乗っているモノを想像しましたが、ちゃんとしたサラダですな。サイゼリヤの肉サラダと違って随分とオシャレだな!

何でも美味しく食べれる舌なので何を食べても「美味しい」としか言わないのでアテにならないかもですが、炙り鰹はオススメ!とても美味しい。

メインは天然真鯛のソテー ブロッコリーと伏見唐辛子 アンチョビ セミドライトマトと、

ニュージーランド産オーラキングサーモンの低温コンフィロマネスコ ズッキーニとミントを注文しました。

サーモンは名前からして最近流行りの低温調理なのでしょうか?

食べてから随分と日が過ぎたので味はうろ覚えです。真鯛のソテーはしっかりとしたお味で美味しいのですが、付け合せのロッコリーと伏見唐辛子 アンチョビ セミドライトマトが激ウマ。

サイドでブロッコリーとアンチョビのソテーと法蓮草と松の実 レーズンのソテーを注文。筋トレとダイエットのお供にブロッコリーは最高なのであります。

食後にバジルのシャーベットを頂きました。バジルの風味と甘みのバランスが絶妙!良い口直しになりました。

たらふく飲のんで食べて、お会計は35,229円でした。

お店の雰囲気◎ お料理◎ また再訪したい!

アルヴァ公式サイト

朝食・ルームダイニング

朝食はルームダイニングor朝食会場アルヴァでの選択式だったので、ルームダイニングでお願いしました。

翌朝の8時に持って来て貰える様、前日に予約を済ませておきます。

自分はアメリカンブレックファーストを。卵料理はオムレツに、サイドはアボガドを。

奥様は和朝食をチョイスしました。

価格は洋食も和食も4,200円。18%のサーチャーと消費税が別途かかります。

朝食のジュースってオレンジorグレープフルーツが殆どですが、洋食の方はアサイスムージーがチョイス可能でしたので注文しました。

アサイスムージーはとても美味しいのですが、ストローが最近流行りの紙ストローで口当たりがイマイチで残念。冷たいドリンクを紙ストローで飲むと美味しさ1−2割減な感じになりますね。

抜群の眺望を眺めながらの朝食タイムは、大変優雅なひとときです。

白米で急上昇した血糖値が急激に下がって奥様は眠くなって来た様で、食後のコーヒーも飲まずに、ベッド潜り込んで横になってしまいました。食べて即ベッドで横になれるのもルームダイニングのメリットですねw

ラウンジ ザ・ラウンジ by アマン

朝ランに行く前にロビーラウンジを通ったら誰も居なかったので撮影してみました。

日中は盛況なロビーラウンジに誰も居ないという経験は宿泊しないと出来ませんね。

誰も居ないと思ってたのですが、下に降りたら1人先客がいらっしゃいました。

昼過ぎに奥様からビールが飲みたいとのリクエストがありましたのでラウンジに向かいます。

館内はアフタヌーンティー目当ての女性客で溢れており、アフタヌーンティーセットはクリスマス仕様となっておりました。

我々夫婦はアフタヌーンティーとは無縁。奥様は生ビール、自分はコーヒーを注文。

何か食べようとメニューを見ていたら、ランチメニューが大変お得ですよと係の方が勧めてきました。

メニューを見てみると、サラダとスープとメイン一品にコーヒーor紅茶が付いて4,500円。確かにお得ですね。

メインはパスタ、カレー、サンドイッチ、+500円でビーフカツサンドからチョイス出来ます。今回はサンドイッチを注文しました

サンドイッチもサラダも美味しいのですが、付け合せのフレンチフライがカリカリで美味しいです。

食後にチョコレートの盛り合わせを注文しました。

甘い物を食べるのは久しぶりなのですが、チョコレートチョコレートしていない上品な甘さが良い感じです。

5種類とも味が違うのですが、自分はベリー?と真ん中の普通のチョコレートを頂きました。

そろそろ次のホテルに向かう時間なので、お会計を済ませて部屋に戻ってチェックアウトをします。

チェックアウト

今回の総費用

  • 今回の宿泊代 90,000円
  • サービス料 13,500円
  • 消費税 10,350円
  • 食事代 51,421円

費用合計 165,271円

割引金額

  • Go toトラベル 28,000円
  • FHRクレジット27,068円
  • 地域共通クーポン12,000円

割引合計 67,068円

165,271円−67,068=98,203円

ディナーとロビーラウンジで豪遊して、地域共通クーポン12,000円使い切って1万円ほどアシがでましたが、前回の旅行で電子の地域共通クーポンを使うのが結構大変だったので、飲食代でキレイに使い切れたのでその後の気持ちが楽でした。

チェックアウト時にアマンのバゲッジタグを貰いました!

アメックス・プラチナのFHRはお得なのか?

今回のGo to適用の料金ですが、部屋代が113,850円でGo to割引が28,000円=85,850円が実質的な価格。

ホテルクレジット275$+朝食+アーリーチェックイン+レイトチェックアウトと、今回アメックス・プラチナのFHRが大活躍しました。

ファインホテルアンドリゾートは超お得なのでアメックス・プラチナを作った方が良いのかと言われたら、個人で持つカードに年会費143,000円は高すぎるのでは無いかなぁと思います。

FHRの利用で常にホテルが最安なら良いのですが、毎回1番お得とは限らない訳です。

例えば2020年の12月6日にFHRを利用した場合、126,500円からGo to割引28,000円を引くと98,500円

同日程の一休.comは破壊力満載なプランがありまして、宿泊代が101,200円。Go to割引28,000円とポイント即時利用で−13,156円

支払い金額合計 60,044円で朝食2名付きと・・・予約時即支払いでキャンセル不可ですが猛烈な安さです。

FHRのフード代を27,500円の割引と考えたら実質的な価格は71,500円と一休より1万円ほど高くなりますが、アーリー&レイトチェックアウトで合計7時間多く滞在する事が出来ます。

どちらが良いかはその時の利用状況次第ですが、FHRに飲食クレジット+175$の特典が無い場合は、一休の方が圧倒的に良いですね。

アマン東京のコロナ対策について

滞在中コロナに関して特に気になる事はありませんでした。敷いて言うならプールの人数制限はいらないんじゃないかとwあれだけ広いプールを全体で8人迄の利用というのはどうかな?と思いましたw

アマン東京のコロナ対策は画像に書いてあるとおりです。

消毒の手間とかあると思いますが、メニューはQR読み取り式ではなく普通のモノが良いかな?と思いました。

まとめ

2度目の滞在でしたが、今回は充実のホテルライフを過ごす事が出来ました。

部屋もラウンジもレストランも良いですが、ジムとプールと温浴施設はイチオシですね!入会金500万円のジムですから、そりゃ良いに決まってますw

新しめのホテルで部屋も設備も良く素晴らしいホテルですが、部屋の広さが最低71平米〜とそのまま宿泊代に表れていますので、コスパを求めるなら、もう少し安い価格のホテルの方が良いかも知れません。

接客は割とフランクな感じなのかな?という印象がしました。リクエストが通っていなかったり、滞在中の対応でうーんと思う所もありましたが、人がやる事に完璧を求める訳でも無いですし、Go toで忙しかったりと仕方が無いですね。

Go to無しで、定価でまた行くかと聞かれたら、間違い無くまた行きたい!今度はプールで泳ぎたいですし、スパの温浴にまた入りたい!

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

パレスホテル東京編に続きます。

アマン東京

〒 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5−6 大手町タワー

TEL 035−224−3333

公式サイト