2020年6月 JAL JGC ダイヤモンド修行 羽田-那覇 前編

2020-06-08

総統です(@soutou_casino)

JALコロナ特別対応FOP2倍キャンペーンを利用し、JGCダイヤモンド修行を6月1日に行ってまいりました。

FOP2倍が適用されて自動でサファイアに解脱してしまい、何だが拍子抜けでした。

ダイヤモンド解脱までに修行僧っぽい事も経験したいと思いまして、定番のHND-OKA路線の1日4レグコースを組み込んで見ました。詳細はコチラから

自分で決めた事なのですが、観光もせずに、ただ、飛行機に乗るだけと考えると、気が重くて正直、前日になっても乗りたく無いな、面倒だなと言う気持ちが大きかったのですが・・・

自宅~空港

前日から明日は乗りたくないなぁと低いテンションに加え、遅刻したら1往復分がパーになってしまうというプレッシャーからか、あまり眠れないまま当日を迎えました。

支度をしてバス乗場へ向かいますと、羽田空港行きバスの当日の乗客数は3名。

1人1600円×3=4,800円では高速代にしかならず大幅赤字ですね。

厳しい状況に関わらず、バス会社は運賃割増せずに予定された運行を続けくれている訳ですから、とてもありがたいです。

コロナで医療従事者に感謝ってワードを沢山見かけましたが、公共、物流、小売、インフラなど生活に必要不可欠な業種全てに携わる人に感謝は?

と違和感を感じまくりですw話がズレました。

バスに小1時間揺られて羽田空港の第一ターミナルに到着

中に入ると北ウイングは全面閉鎖されているのでガラガラ。

歩いて南ウイングへ向かう途中のTokyo2020が哀愁を感じさせます。

コロナが無かったら、今頃は来月いよいよ東京オリンピックですってテレビやメディアは盛り上がってたんでしょうね。

大会まで名前も知らない人が出るスポーツ大会に多くの人が盛り上がれるって、オリンピックに興味が無くなると不思議で仕方ありません。

南ウイングに到着するとチェックインカウンターに列を作って待っている方が、ちらほらと。

サファイアに解脱したので今回からJGCチェックインカウンターを使えるのですが、並ぶのが面倒なので自動チェックイン機で手続きを。

今回はじめて知ったのですが6時になるまでカウンターも機械も利用出来ないんですね。

チケット発券してJGCカウンターを通って保安検査場向かうとJGC内のカウンターには列が出来ており、何故機械でチェックインしないんだろう?かと疑問に感じました。

コレは後で理由が判明します。

ツイッターで懇意にさせて頂いてる方が、同じ日程でANAの修行を4レグ行うとの事で、DMでお互いの時間と服装を知らせて、合間を見て那覇で合流を約束します。

羽田空港サクララウンジ

保安検査場を抜けサクララウンジへ。

国内線のサクララウンジの利用は今回が初めてになります。

コロナ仕様のラウンジのカウンターは感染予防対策で透明なシールドでバッチリと対策されております。

チェックインして右のサクララウンジに案内され向かいます。

ラウンジの入口には消毒用のアルコール完備。

席はソーシャルディスタンスを促すポップが1席毎に置かれています。

ラウンジはガラガラで選び放題。隅々まで撮影したい所ですが、先客が既に寛いでおりましたので撮影は最低限に。

検索したらラウンジ内の画像はいくらでも出てきますしね。

ただ実際に利用してみると脳への刺激の入りがぜーんぜん違いますね、何事も経験しないと分からないですね。

朝イチビールをキメたいですが、断酒継続中の身なのでアメリカンコーヒーで気を紛らわせたいと思います。

このコーヒーメーカーカップをセットしてボタンを押すと、台が動いてカップが上に行ってから、抽出されるので、コーヒーがハネないでいいですね。

ラウンジ内は朝から飲まれてる方が結構いらっしゃって、大変羨ましい限りでございます。

朝ビールって美味いんですよねw

1レグ目JAL903便 乗客数148人 搭乗率40%

A350初搭乗

時間になったので搭乗ゲート向かうと優先搭乗が始まっておりました。

JGCメンバーの国内線優先搭乗は、羽田-伊丹以外はダイヤモンドもプレミアもサファイアもクリスタルもファーストも一斉に行われると聞いておりましたが。

JALさん!これは勿体ない!

ダイヤモンド→プレミ→サファイア→クリスタルと、ヒエラルキーを感じさせ、ステータスへの満足度向上や修行やステータス維持のモチベーションの一因を与える絶好の機会ですよ!

作業の効率化等もあるとおもいますが、JALさんは是非一考した方が良いと思います。

自分は一斉に入れる方がお呼び出しを待つ時間が節約出来て嬉しいですがw

座席はクラスJの中央4列

、ソーシャルディスタンスで隣と一席スペースを確保しているので、隣を気にしないでゆったりと過ごせます。

A350のクラスJは良いですね、1月に搭乗したクラスJのケツ滑りシートとは別次元の座り心地です。

シートは腰のホールド感がしっかりしているので長時間快適に過ごせますし、足元も余裕がありますね。

エンターテイメントモニターのサイズも大きく見やすいです。

プラス1,000円でコレはお得過ぎますね。

出発して暫くして、飲み物のサービスが始まりました。コロナ対策で紙パックのお茶が配られます。

搭乗時に500mlの水を持ち込んでたのでお茶は飲まずにそのまま頂いて行きました。パックだと便利でいいですね。

徹底したコロナ対策で安心

航空機の密閉されていますが、換気はHEPAフィルターで行っており、3分で機内全ての空気が入れ替わるほどに、強烈な換気力なので、機内に漂うウイルス(飛沫)に神経質にならないで良いと自分は考えてます。

気をつけるのは、物入れのレバー、化粧室のドアノブ、シートモニターなどの不特定多数の人が手で触れる所ですが、機内の消毒は清掃時に徹底して行っているそうです。

化粧室は利用者が出る度にCAさんが化粧室内やドアノブを消毒清掃しており、安心して利用が出来ました。

何度か化粧室を利用しましたが、未使用の状態かと思うくらいに化粧室が清潔に維持されていたので、思わず撮影してしまいました。

コロナ対策で手洗いをする方が増えたと思いますが、水滴すら飛び散って無くて感動レベルです。

除菌スプレー完備なのもありがたいですね。

那覇到着

機内Wi-FiでメールチェックとLINEをしていたら、あっという間に那覇に到着。

尾翼カメラで着陸の瞬間を見てましたが、タイヤから白煙が上がって迫力がありますね。

到着と言っても乗って来た便でそのまま羽田に折り返す訳ですが、初めての事なので、そのまま搭乗ゲートやラウンジに居れば良いのか?

一旦外に出てまた保安検査場を抜けないと行けないのか、勝手が分かりません。

写真も撮りたいし、お腹も空いたので、一旦外に出る事にしましたが、一緒の便で到着した修行僧っぽい乗客がそのままラウンジに向かって居るのを見て、出ないで大丈夫そうだと思い、そのままラウンジ向かう事にします。

手続きしてラウンジにはいると満席で大盛況。

実際には満席では無いのですがソーシャルディスタンスで1席毎に空きを作ってるので、席はあれど座れない状態です。

ラウンジで気になったのが、2−3歳くらいの子供を2人連れた夫婦が子供の分まで席をキープして4席専有していた事。

混雑している時は膝に乗せれば良いのになと一瞬思いましたが、それは自分が座る場所が無いから、ちょっとイラッとして正論ぽく暴論を振りかざしてるだけなのですw

我に戻り冷静に考えれば、人が多く混雑しているラウンジでマスク外して飲み食いするより、搭乗ゲートとか外の方が快適で安全。

また修行で戻って来るんだから、ラウンジ使いたければその時に使えれば良いと思い、立ち去る事にしました。

ゲートを出て1F到着ロビーをウロウロしていたら、美味しそうな、おにぎり屋さんが会ったのですが、白米は食べない様にしているのでそのままスルーしました。

家に帰ってGoogleで検索したら、ポークたまごおにぎり本店となかなか評価が高いお店ですね。ロイヤルハワイアンセンターにも出店してるみたいですね。公式サイト

外は天気良いですね、ドライブ行きたい

ファミマででサラダとミックスナッツを購入して、保安検査場へ向かいます。

沖縄のお土産は空港コンビニで充分なほど品揃えが豊富ですねぇ。

2レグ目 JAL904便 乗客数219名 搭乗率59%

保安検査場を抜けて搭乗ゲートへ向かう時に、ANA修行中のSさんにバッタリ遭遇、アポなし初対面でバッタリと出会えるのもスゴイです。

行きの羽田で本日こんな格好しております!とお互いツイッターのDMで送っておいてよかった。

聞けばSさん初の沖縄、いえ初の国内線フライトが修行フライトという素敵なお方。

国際線は何度も利用した事があるのに、国内初とはなかなかレアですね。

ANAの搭乗状況を聞くと、ソーシャルディスタンスを完全に実施しているわけでなく、隣り同士で座ってる乗客も居るとの事。

ツイッターで検索したら日を遡って同じ事を呟いている方が居たので、距離が取れたら取るみたいなスタンスですかね?

話に夢中になっていたら、Sさんが搭乗時刻になってしまい、慌ただしく移動されていきました。

お気をつけて!

自分の方はまだ時間があるので、搭乗ゲートのカウンターで、折返し時に保安検査場に通らなく良いのか?地上係員に訪ねたら、カウンターで残り全ての便のチェックインを済ませますとの事。

最初の便で同様の手続きを行えば空港から出る事なく、過ごせるって事ですね、ひとつ利口になりました。

ついでにファーストクラスの当日アップグレードを申し込んだら種別Aで既に9人待ちとの事で無理ゲー仕様でした。

ブログ書いていて気づいたのですが、素直にクラスJのキャンセル待ちにしておけば良かったです。

手続きを済ませ、空いている椅子に座って買ったサラダとナッツを、もぐもぐ食べていたら搭乗時刻になりましたのでゲートへ向かうと、観光帰りの人が結構いらっしゃる様です。

行きで一緒だったソロで軽装備な人は修行僧かな?と思ったらやはり修行僧だったのですが、修行尼が結構多い事に驚きました。

よく考えたら旅行に男女関係無いと言うか、むしろ女性の方が旅行行く人多いので修行尼が沢山居るのも当然ですよね。

A350普通席

A350の普通席はレカロの薄いタイプのシート仕様

シートピッチにゆとりがあるので足元も広々してる、最近のエコノミーの主流シートですね。

気づいたら羽田到着のアナウンスで目を覚ましました。よだれを全開に垂らして眠っていた様ですがマスクのお陰で事なきを得ます。

晴天の沖縄とは反対に羽田は着陸時雨が降っておりました。

到着時にJAL919便沖縄行きに乗り継ぎのお客様は(修行僧は)地上係員にお知らせ下さいとアナウンスがあり、出口の係員の前に修行僧が列作って並んでおります。

どうやら未チェックインの修行僧に一旦外に出て、チェックインを促している様子。チェックイン済の修行僧は、このままで大丈夫との事。時間もあるのでラウンジで過ごす事に。

ラウンジはガラガラ、朝とは違う席に座り「族」を眺めながらコーヒータイムをカロリーメイトと共に楽しみます。

糖質を控えてる身としては砂糖入菓子は不倶戴天の敵なのですが、朝からカロリー不足なので1本食べてカロリーを補給し帰りにもう1本食べる事にしましょう。

スロット生活者の時は大変お世話になった、カロリーメイトを食すのは、かれこれ12年振りです。

食べた感想は・・・

「ウマすぎwワロタw」

「血糖値急上昇ヤバwww」

バランス栄養食と銘打っており、なんだか身体に良さそうな気がしますが、血糖値を急上昇させて健康に良いと言う訳ではございません。

ウマすぎですが、食べすぎには注意が必要ですねw

3レグ目 JAL919便 乗客数250名位?

時間になりラウンジを出てたら、通路に人が全然歩いていない・・こんなにガラガラの羽田空港は初めてです

搭乗ゲートに到着。搭乗する919便は乗客が多い様で12番ゲート周辺は結構な人が集まっております。

搭乗手続きを済ませ機内へ。機内も結構混雑しています。

何人乗ってるか正確に知りたかったのですがチーフパーサーに聞いたら200人とちょっと位ですかね?とアバウトな回答を頂きました。

次の折返し便のCAさんに聞いたら250人前後は乗ってたと思いますとの事でした。

904便から普通席に2連チャン5時間近く乗っているせいか、おケツと腰が痛くなってまいりました。

クラスJと比較するとシートが薄い様な気がする?まぁ朝から7時間以上飛行機のってれば、どこかしら痛くなりますね。

着陸のベルトサインが点灯して本日2度目の那覇空港に到着して、そのままサクララウンジへ

那覇空港サクララウンジ

午前中は満席で利用できませんでしたが、919便で到着した時はラウンジ内はガラガラで安心安全に利用する事が出来ました。

THE JALという感じの落ち着いた素敵なラウンジですね。

飲み物やサービスはANAもJALも似たり寄ったり、那覇のラウンジには両方とも泡盛が置いてありますね。

ロックでクビっと飲みたい所ですが断酒中・・・(白目

今までタダでアルコールが飲めるから、航空会社ラウンジを重宝していたのですが、断酒してコーヒーやお茶で済む様になると、ラウンジに拘らず色々な場所で過ごせば良いんじゃ無いかなとも思いました。

むしろ常時激混みな那覇の航空会社ラウンジで、窮屈な思いをして過ごすより、ペットボトルのお茶でも買って、搭乗ゲート近くの空いている椅子の方が、むしろ快適なのだと今回気づいてしまいました。

いつもと同じばかり続けないで、色々な事をした方が良い刺激になりますしね。JGC修行をして色々な気づきを得た様な気がします。

PC開いてメールチェックしていたら、前の席に同じ便で来た修行尼と思われる2人組がやって来ました。

ラウンジに入れるって事は解脱済みでプレミア、ダイア修行なのかな?クリスタル到達で貰ったラウンジクーポン利用かな?

ラウンジを見渡すと朝から同じ便に乗っている同志の人も何人かお見かけします。修行僧が思った以上に沢山存在するんですね!

4レグ目 JAL918便 乗客数263名 搭乗率71%

時間になったので22番ゲートへ向かう。

コロナの影響か?ゲート付近の売店は最終便を待たずに18時30分の時点で早くも店じまいをしている店舗も。

22番ゲートに付いたと同時に優先搭乗が開始されたのでそのまま機内へ向かう。

座席は10KのクラスJ窓側。

2列並びシートに、ソーシャルディスタンスで隣の席に人が居ない事が確定なので非常に気楽。

アップグレード希望者が居てもJALはソーシャルディスタンスを固守する様です。

隣席に人が居ても良いから、アップグレードが通った方が良いと最初は思いましたが、いざ乗ってみると、隣が居ないほうが圧倒的に快適で良いw

寝不足で1日4レグは流石に疲れる。疲労困憊で白目を剥いてきました

せっかくの窓際なので、タイムプラスで動画撮影をしたのですが、天気が悪く雲だらけでイマイチ。

撮影を辞めて暫くしたら、雲が取れて沖縄本当が眼下に・・・タイミング悪w左の島は古宇利島かな?

シートベルト着用サインが消えてお茶の提供のサービスが終わった頃を見計らってCAさんに乗客数を訪ねると269人との回答。

369席中269人搭乗。ソーシャルディスタンスで1席空けている事を考慮したら、殆ど満席ですね。

CAさんが「本日はは919便に乗って来て、そのまま羽田に戻るお客様がとても多いんですよ」と言っていたので、自分のその中の1人でーすと笑顔で伝えて起きました。

いやー思った以上に修行僧が沢山乗っていると思うと心強いと言うか嬉しくなりますね。

予定時刻より20分早く羽田空港に到着してバス乗り場へ向かう。空港内はガラガラです

バスのりばへ向かうと乗れないと思っていたバスに乗れたので帰りが楽になりました。

バスの乗客は自分を含めて2人だけで、この便も大赤字ですね。

バスに小1時間ほど揺られて無事最寄り駅に到着。家に帰るまでが遠足と小学校の先生に言われたので、道中気を抜かずに歩くこと5分で無事自宅に到着。

4レグ修行前半戦無事にフィニッシュいたしました。

まとめ

観光もせずに、ただ、ステータスの為だけにHND-OKAを単純往復するのは嫌だなと、SFC修行をしていた時から思っておりましたが、実際にやってみると案外楽しいものですね。

朝の4時30分に家を出て、帰って来たのが22時30分。飛行機に9時間くらい乗ってた訳ですが国際線で同時間乗るよりも疲れましたが・・乗り遅れや遅延のトラブルも無く、1回目の1日4レグの修行が無事に終わってホッとしております。

搭乗して数日でFOPが反映されました。

トータル74,261FOPとなり、次回の搭乗でプレミアステータス到達となります。

次は同じ便利用で8日に2ラウンド目の4レグ修行の予定。

乗り継ぎ方法、キャンセル待ちの手順、ラウンジの場所など確認出来たので、次は少し余裕も持った修行が出来そうです。

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。